前科者通信 〜ポルシェ万次郎の刑務所日記〜


拘置所や刑務所など、塀の中(ムショ)での生活を明かした監獄情報サイトの決定版!受刑者家族への助言や出所後の再会掲示板など。

 

 

ポルシェ万次郎 プロフィール / 前科者通信刑務所コラム / 前科者通信刑務所ブログ / 前科者通信刑務所情報掲示板 / 前科者通信刑務所再会掲示板 / 前科者通信ポルシェ万次郎 運営サイト / 前科者通信


ポルマン選曲!アニソンカバーアルバム案(男版)


【DISC.1】

 #01 ペガサス幻想(聖闘士聖矢 OP) / MAKE-UP

 デーモン小暮

 #02 愛をとりもどせ!!(世紀末救世主伝説 北斗の拳 OP) / クリスタルキング

 B'z

 #03 STILL LOVE HER 失われた風景(シティーハンター2 ED) / TM NETWORK

 EXILE

 #04 マクロス(超時空要塞マクロス OP) / 藤原誠

 LUNA SEA

 #05 BEYOND THE TIME(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ED) / TM NETWORK

 L'Arc〜en〜Ciel

 #06 永遠にアムロ(機動戦士ガンダム ED) / 池田鴻

 ゴスペラーズ

 #07 CHA-LA HEAD-CHA-LA(ドラゴンボールZ OP) / 影山ヒロノブ

 GLAY

 #08 TOUGH BOY(世紀末救世主伝説 北斗の拳2 OP) / TOM★CAT

 X JAPAN

 #09 ルパン三世'79(ルパン三世 TV第2シリーズ OP)

 小室哲哉×浅倉大介

 #10 サザエさん一家(サザエさん ED) / 宇野ゆう子

 ゆず

 #11 燃えてヒーロー(キャプテン翼 OP) / 沖田浩之、小粥よう子

 THE ALFEE

 #12 もってけ!セーラーふく(らき☆すた) / 泉こなた(平野綾)他

 RIP SLYME

 #13 ドリーム・シティ・ネオ・トキオ(未来警察ウラシマン ED) / HARRY

 桑田佳祐

 #14 夢を信じて(ドラゴンクエスト ED) / 徳永英明

 桜井和寿×コブクロ

 #15 鉄腕アトム(鉄腕アトム OP) / 上高田少年合唱団

 YOSHIKI


解説と動画


#01 ペガサス幻想(聖闘士聖矢 OP) / MAKE-UP



カバーアーティスト:デーモン小暮

フランスや南米を筆頭に、世界中で大人気なアニメにして、世界中で大人気なアニメ主題歌でもあります。冒頭の「セイント・セイヤ〜〜〜ァ!!」のシャウトに始まり、終始テンション上がりまくりな疾走感溢れるメタルサウンドと、私もカラオケで何かアニソンを歌わなければいけないシチュエーションに遭遇した際は必ずこれを選曲させてもらうくらい、楽曲としてのクオリティも非常に高いです。


ちなみに私がまだ子供だった放送当時、生真面目でお固い父が、このアニメだけは「勉強になるからどんどん観るべし!」などと推奨していました。ギリシャ神話とか12星座とか出てきて、ちょっと高尚なアニメに見えたのかもしれませんね。


意外と知られていなくて残念なのですが、デーモン閣下は日本の男性ボーカリストの中でも、かなり突出して歌が上手いと思います。タレント活動の方で人気者だからと言って、決して色モノ扱いしてはいけません。さらに彼のバンド「聖飢魔II」もジャンルは同じくへヴィメタルなわけで、そういった意味でも相性は抜群だと思われます。楽曲との相性ということなら、デーモン閣下にはビックリマンのED「スーパーウォーズ(作曲:タケカワユキヒデ)」のカバーもぴったりだと思います。おまけ(笑)




#02 愛をとりもどせ!!(世紀末救世主伝説 北斗の拳 OP) / クリスタルキング



カバーアーティスト:B'z

北斗神拳と北斗琉拳の連中だけではなく、終盤のカイ、ブコウ、サトラの三兄弟(アニメでは未放送)に至るまで、終始「兄弟喧嘩」が裏テーマなアニメでした。レイやトキ、ジュウザやラオウといった、魅力的なキャラを次々と死なせる潔さについては、『魁!!男塾』『キン肉マン』の作者らにも見習ってもらいたいです。特に『魁!!男塾』の藤堂兵衛などは、主人公の剣桃太郎に日本刀で真っ二つにされたにもかかわらず、最先端医療とやらで後に復活しましたしね。。。

その他、ケンシロウはブルース・リー、ユダはマイケル・ジャクソン、バスクはハルク・ホーガン、ファルコはドルフ・ラングレン(映画「ロッキー4」のドラゴ)、アインはリチャード・ギアといった具合に、海外の有名人がモデルになっている場合が多く、その辺りの元ネタが誰なのかを推察する楽しみもありました。同じ作者の別な名作漫画『花の慶次 -雲のかなたに-』でも、徳川家康は勝新太郎、真田幸村は長渕剛などの例もあります。

さて、ボーカルの稲葉浩志は高音域なうえに音域自体が広いですし、原曲ではツインボーカルなこの曲も、彼一人で完璧に歌いこなしてくれることでしょう。B'zの曲は私でもキーを下げずに歌える「いつかのメリークリスマス」「Easy Come, Easy Go!」「消えない虹」などから、高音で原曲キーではとても歌えない楽曲まで幅広いです。

とはいえ、それでもやはり聴きどころは、「♪俺との愛を守るため〜」以降のパートだと思います。ところでこの人、ライブやテレビ出演で歌う際、CDの収録音源とあまり声が変わらない、劣化しないのが凄いと思います。 このMAD動画をFLASH版で初めて観た際、笑いすぎて腹がよじれるかと思いました。おまけ(笑)

そういえばB'zのギター・松本孝弘がその昔、TMネットワークのサポートメンバーだったことを知らない人も最近は多いようですね。彼は友人でもあるTMネットワークの宇都宮隆に「少年」という楽曲を提供してるので、興味のある方はぜひ聴いてみてください。この曲は私も時々カラオケで歌っています。イントロがちょっとB'zの「BE THERE」チックではありますけれど。。。




#03 STILL LOVE HER 失われた風景(シティーハンター2 ED) / TM NETWORK



カバーアーティスト:EXILE

シンセサイザーのイントロ、バックに流れるピアノの音色、そしてイルミネーションの夜景・・・・・・。何もかもが懐かしい青春の名曲です。シティーハンターではこの曲の他にも、TMネットワークの「Get Wild」、PSY・Sの「Angel Night 〜天使のいる場所〜」、大沢誉志幸の「ゴーゴーヘブン」、岡村靖幸の「SUPER GIRL」、小室哲哉の「RUNNING TO HORIZON」など、ソニー系列のハードボールドなオープニング曲、エンディング曲が盛り沢山なアニメだったと思います。本編終了間際から、エンディング曲のイントロがフェードインしてくる演出も秀逸でしたね。

中古で買った車のCDチェンジャーの中に、前のオーナーのものと思しきCD「EXILE BALLAD BEST」が挿入されていました。以降、車で出掛ける際はいつもこれを聴いています。彼らの代表曲「Lovers Again」とか、ファルセットでの独特なハモリもマスターした感じですよ。

“ただ…愛しくて…涙も枯れて キミの居ない世界をさまよう”

“誰ひとり傷付けない恋を人は愛と呼ぶけど”

“「思い出が 時間を止めた」 今日の日を忘れるなと”

“道、君と歩いた今日まで かすかに 動くくちびる 特別な時間をありがとう”

歌詞がいいなあ、面白いなあと思います。

で、原曲を歌う宇都宮隆とEXILEのボーカル2人は音域が重なる部分が多く、さらにATSUSHIのハモリもこれがピッタリとはまりそうな感じで、カバーするに当たってはこれほど相性の良い曲はないと思っています。彼らならすごく雰囲気よく、セクシーに歌い上げてくれるだろうし、エイベックスの松浦社長にはぜひともご検討いただきたいです。




#04 マクロス(超時空要塞マクロス OP) / 藤原誠



カバーアーティスト:LUNA SEA

当初、何となくイメージから秋川雅史を選考させてもらいました。歌唱力もありますしね。その後、キーを上げて河村隆一でも良い気がしてきたわけですが、アレンジを変えればLUNA SEAっぽくなるような気がしてきまして、世界では近年、日本のヴィジュアル系ブームといいますし、最終的には河村隆一ソロではなく、LUNA SEAに落ち着いた次第です。

「♪雄雄しく立った 若者は〜」の辺りが、彼らのシングル曲「STORM」の中の、「♪今吹き荒れる 嵐の中 そう抱き合って〜」などの部分とイメージが重なるのですね。こんな感じに、粘っこく絶叫系でお願いしたいと思います。




#05 BEYOND THE TIME(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ED) / TM NETWORK



カバーアーティスト:L'Arc〜en〜Ciel

私は好きな映画は何かと訊かれた際は、いつも3番目にこの「逆襲のシャア」を挙げるようにしています。意外性を狙った三段オチというだけでなく、フィン・ファンネルでの戦闘シーンがもの凄くカッコイイ、大人の鑑賞に耐え得る数少ないアニメ映画だと思うからです。劇中に登場する機体(モビルスーツ、モビルアーマー)の中で、νガンダム、サザビー、α・アジールなどのデザインは特に秀逸であり、その造形美には美術品のそれと同列の価値を感じますね。

アニメ屋如きの知識や歴史観では、リアリティのある政治や経済の絡みを作中に期待できないものの、メカニックデザインや戦闘シーン、空想の科学技術に関する設定や演出に関してなら、エヴァンゲリヲンやイノセンスなどのように、時々わくわくさせられるアニメに出会うこともあったりです。

ラストで流れる主題歌「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜」と映画との親和性が異常なわけですが、同じ頃に発表されたシングル「SEVEN DAYS WAR」もまた、角川映画「ぼくらの七日間戦争」の主題歌として最高に相応しかったと思います。この転調のやたらと多い2曲、作曲はいずれもTMネットワークのリーダー・小室哲哉なのですが、それまでの 「シティーハンター」にしろ、のちの 「ストリートファイター2」「ナースエンジェルりりか」「エルマーのぼうけん」「サイボーグ009」「ブラックジャック」「ケロロ軍曹」にしろ、彼は意外にもアニメの主題歌でいい仕事をして いたりするのですね。

さて、ボーカル無しでも成立するくらいサビのバックトラックが素晴らしいこの曲、小室哲哉のそれとは質は違えど、同じようにヘッドフォンなどで聴いて楽器の音だけで楽しめる楽曲が多いラルクにカバーしてもらいたいと思いました。あそこのサビの裏メロをギターでなぞったりすれば、それは聴いていて気持ちがいいことだろうとワクワクします。コーラスにはGACKTを起用し、メンバー全員をガンダム好きで固めるのも面白いかもしれません。

 #01 winter fall

 #02 flower

 #03 花葬

 #04 虹

 #05 HONEY

 #06 NEO UNIVERSE

 #07 Lies and Truth

 #08 snow drop

 #09 LOVE FLIES

 #10 HEAVEN'S DRIVE

 #11 Driver's High

 #12 finale

 #13 Pieces

 #14 DIVE TO BLUE

上記は私がパチンコ店員だった若い頃、各アーティストのMD編集に勤しんでいた時に作った内の一つです。新曲が出る度に入れ替えたりして調整に難儀しましたが、#01〜#05、#13〜#14については、初出から変わらずの完璧な流れ(曲順)でしたね。私は「#02 flower」「#03 花葬」が特に好きでして、当時はカラオケでもよく原曲キーで歌ったりしていました。おまけ(凄)




#06 永遠にアムロ(機動戦士ガンダム ED) / 池田鴻



カバーアーティスト:ゴスペラーズ

前曲からの流れ、ガンダム繋がりで。楽器は一切使用せず、アカペラで重厚に仕上げます。ちょっと無茶をお願いして、キーは原曲より丸々1オクターブ上げてもらいましょう。村上てつやらの「♪おぼえているかい〜」という箇所での美声、ハイトーンボイスが想像できますよね。さすがに「♪ふりむくな アムロ〜」の箇所はファルセットでないと辛そうです。




#07 CHA-LA HEAD-CHA-LA(ドラゴンボールZ OP) / 影山ヒロノブ



カバーアーティスト:GLAY

世界中で大人気なアニメ、漫画。種を明かせば修行、重い衣服を脱ぐ、本気を出す、仙豆を食べる、変身、吸収、合体するなどで、強さのインフレやシーソーゲームを繰り返しているだけのバトル漫画なのですが、それでもナメック星でのエピソードなどは毎週ワクワクさせられたものです。アニメの方は放映当初、原作のペースに追いつきまいと引き伸ばしに必死で、前回のあらすじ→「あああっ」→CM→「はあぁぁぁー」で終わることもしばしばありました。「DBZ最強の敵は野球中継」などと言われることもありましたが、あれで野球中継がなかったとしたら、さらに話が冗長になって大変だったと思います。

以下、2ちゃんねるでよく見かけるコピペの紹介です。これは酷い(笑)。

セル「ちくしょーちくしょー完全体に、完全体にさえなればー!」
ベジータ「はーはっはっは」
↑(微妙に内容を変え2、3回繰り返し)
トランクス「凄い・・・、これなら勝てる・・・」
セル「ちくしょーちくしょー完全体に、完全体にさえなればー!」
ベジータ「はーはっはっは」
クリリン「すげぇや・・・、こ、これならセルにも勝てるんじゃないのか・・・?」
セル「ちくしょーちくしょー完全体に、完全体にさえなればー!」
ベジータ「はーはっはっは」
(CM)

セル「ちくしょーちくしょー完全体に、完全体にさえなればー!」
ベジータ「はーはっはっは」
ベジータ「・・・・、おい、お前のいう完全体とやらはそんなにすごいのか?」
セル「そうだ、完全体さえなればお前などに・・・!」
ベジータ「ほう、本当に強くなるんだな?」
セル「そうだ、完全体さえなればお前などに・・・!」
セル「ちくしょーちくしょー完全体に、完全体にさえなればー!」
トランクス「いったい何を話してるんだ?」
セル「ちくしょーちくしょー完全体に、完全体にさえなればー!」
ベジータ「おい、なってみろよ。完全体に・・・。」
セル「なんだと?」
ナレーション「いったいどうなってしまうのか?」


国内ではとかく芸能やスポーツの分野にばかり注目が集まりがちですが、私はマリオやゼルダなどの世界的人気ゲームを生み出したゲームクリエイター・宮本茂、そしてこの世界的人気アニメを生み出した漫画家・鳥山明らにこそ、国民栄誉賞を与えるべきだと考えています。本来、カルチャーにメインやサブといった区分けはありませんからね。鳥山明には今後、誰かの原作付きでまた面白い漫画の新連載を期待したいです。

曲の方ですが、氷室京介の名前も候補には挙がっていました。ですが、GLAYの方が原曲のイメージにより近いですし、バンド形態の方が賑やかで面白いかとも思った次第です 。泉こなた版

 #01 グロリアス

 #02 誘惑

 #03 SOUL LOVE

 #04 BELOVED

 #05 BE WITH YOU

 #06 ずっと2人で…

 #07 生きてく強さ

 #08 Cynical

 #09 口唇

 #10 Yes, Summerdays

 #11 HOWEVER

 #12 Little Lovebirds

 #13 I'M in LOVE

 #14 軌跡の果て

上記は私がパチンコ店員だった若い頃、各アーティストのMD編集に勤しんでいた時に作った内の一つです。グレイが大ブレイクしていた時期にアルバイト連中からの要望を受け、ベストアルバム「REVIEW-BEST OF GLAY」をベースに編集してみました(#02、#03、#05、#07、#08、#10、#12、#13が追加分)。#06のバラード「ずっと2人で…」は私もカラオケでたまに歌う曲ですが、パチンコ店で流すにはあまり相応しくない(客のテンションが上がらない)ため、閉店前の時間帯以外はスキップしてもらったりしたものです(じゃあ何のために挿れたのさw)。




#08 TOUGH BOY(世紀末救世主伝説 北斗の拳2 OP) / TOM★CAT



カバーアーティスト:X JAPAN

「ラオウが死ぬまでが北斗の拳。それ以降は駄目だ」などと通ぶって語る人もいますが、私は北斗の拳2として放送された部分や終盤のアニメでは未放送な部分に至るまで、原作漫画は最初から最後まで、同じ原作者の関連漫画『蒼天の拳』の10倍は安定して面白かったと思っています。

原曲は女性ボーカルでしたが、ここは当然原曲キーで。現在のTOSHIに「♪We are living, living in the eighties.〜」以降の高音が出せるかどうか心配ですが、ちょっと無理そうならOLIVIA(元D&Dボーカル)という代替案も用意しています。YOSHIKIの編曲、高速ドラムにも期待したいですね。おまけ(凄)

以下、2ちゃんねる見かけた書き込みの抜粋です。つい先日、X JAPANのパチンコ機のリリースが発表されたのですが、その時に立ったスレッド内にネタを織り交ぜて予想された、彼らならではのスーパーリーチ演出の数々となります。


 アートオブライフ リーチ
 ★★★★☆
  注意:演出消化に30分かかります

 

 レコーディングモード突入

 ART OF LIFEリーチより長くて期待できないな

 

 YOSHIKI(年齢未公表)とTOSHI(44)が幼稚園からの友情を

 確かめ合う感動のシーンは確定

 

 エンドレスリーチ


実はパチンコの大当り判定というのは、パチンコ玉が始動口(スタートチャッカー)を通過したタイミングで既に決定(ハズレ、大当り、確変大当り)がなされているので、確率変動への昇格を含めた以降の動きはすべて演出にすぎません(なので、「魚群」が通過した後に台を叩いたって意味なし)。それはともかくとして、名曲「ART OF LIFE(収録時間:28分59秒)」のリーチではずれたら、当分の間は立ち直れそうにないですね(笑)。




#09 ルパン三世'79(ルパン三世 TV第2シリーズ OP)



カバーアーティスト:小室哲哉×浅倉大介

このインストルメンタルを師弟コンビ(浅倉大介はTMネットワークの元サポートメンバー)がこれを打ち込み系でカバー。ルパン三世シリーズの主題歌はOP、ED共に抜群の格好良さを誇るわけですが、曲名の付け方が何だかどれも適当なので、今回は目的の動画を見つけるのに非常に時間がかかりました。これのボーカル有りバージョンであれば、音楽プロデューサー繋がりでつんく♂に歌ってもらうのが良いと思います。

戦隊ヒーローものやタツノコプロ製作のタイムボカンシリーズなどもそうなのですが、一話完結型で作品としてのパターンまで出来上がってしまうタイプだと、私などはどうしても悪役の方を応援してしまうのですね。いつも通りのお決まりのパターンが嫌いだったので、「がんばれ銭形警部!」「ヤッターマン、氏ね!」とか思っていました。こんなのは私だけでしょうか?

浅倉大介プロデュース、作曲集として、これもまた私の若い頃に、access、Iceman、雛形あきこ、LAZY KNACK、T.M.Revolution、pool bit boys、木村由姫、Fayrayなどで自作MDを編集したものですが、曲目やら曲順やらをご紹介しても多分マニアックで多くの人が分からないと思われるので、それはちょっと省略させていただきます。。。

TMネットワークの頃からもう何十年と小室哲哉のファンをやっている私。彼がプロデューサーとして売れ出してからはファンとしても鼻が高かったのですが、最近はあんな事件があったので、ちょっと肩身の狭い思いをしています。大昔に「@小室系マニア」という小室哲哉の楽曲のレビューサイトを作ったまま長年放置状態ですが、それでももしよろしければご訪問ください。


 LOVE BRACE / 華原朋美

 WORLD GROOVE / trf

 ENGAGED / trf

 YOU ARE THE ONE / 安室奈美恵

 ASKING WHY / 安室奈美恵

 lovin' it / 安室奈美恵 & VERBAL

 FACE / globe

 FACES PLACES / globe

 Many Classic Moments / globe

 CANDY GIRL / hitomi

 by myself / hitomi

 OVER & OVER / TRUE KiSS DESTiNATiON

 MA・BA・TA・KI / Kiss Destination

 Don't Need To Say Good Bye / 鈴木あみ

 IF ONLY WE COULD FLY / MIYUKI

 海とあなたの物語 / 未来玲可

 My Revolution / 渡辺美里

 悲しいね / 渡辺美里

 愛撫 / 中森明菜

 My Kick Heart / 宮沢りえ

 WHOOPEE DAYS / 東京パフォーマンスドール

 キスは少年を浪費する / 東京パフォーマンスドール

 青空が降る少年 / 篠原涼子

 Dreams of Christmas / TM NETWORK

 Happiness×3 Loneliness×3 / TM NETWORK

 Opera Night / 小室哲哉

 I want you back / 小室哲哉

 永遠と名づけてデイドリーム / 小室哲哉

 kimono beat 小室哲哉

上記はゆとり世代のためのマニアック小室哲哉リンクです。小室哲哉が作曲したものの中から、私が好きな曲であまり有名すぎず、さらに別段ファンでない人が聴いても印象に残るだろうものを選曲しています。




#10 サザエさん一家(サザエさん ED) / 宇野ゆう子



カバーアーティスト:ゆず

楽しかった日曜日の終わりを告げる恐怖の曲(笑)。オケが何気に秀逸ですよね。アレンジの作業が楽しいかもしれません。これも原曲は女性ボーカルなのですが、ゆずの2人にはそのまま原曲キーで歌ってもらいます。「♪今日は楽しい 今日は楽しい ハイキング〜」という箇所一つとってみても、彼ら以外の男性ボーカルは考えられません。なので“鉄板”でお願いします。




#11 燃えてヒーロー(キャプテン翼 OP) / 沖田浩之、小粥よう子

 


カバーアーティスト:THE ALFEE

小学生編と中学生編とでボーカルが異なるのですが、小学生編の方が個人的な印象が強いです(OP映像を探したが中学生編しか見つからず)。オーバーヘッドキックやツインシュート、立花兄弟のスカイラブハリケーンや若島津の三角飛びなど、砂場や滑り台で練習しましたよね。日向小次郎の真似をして、半袖のシャツを肩まで捲り上げたりとかも・・・・・・。テクモから発売されたファミコンのゲームは独創的で面白かったですし、キャプテン翼に関する思い出を語り出すと際限がないです。

海外の一流プロサッカー選手を筆頭に、アニメが世界中で愛されているのはよく知られたところですが、原作者の高橋陽一は海外で国賓級の扱いを受けることもあるそうです。日本のODAでイラクへ提供したキャプテン翼のイラストが描かれた給水車は、襲撃に遭うこともなく地元で親しまれているといった逸話もあったりします。英語を世界の共通語とする考えには同調できませんが、日本のアニメは間違いなく世界共通の話題、世界共通の思い出として一定の役割を担い、各国に対する我が国のプレゼンス向上にも大きく寄与していると思います。

新作であれ読み切りであれ、今後もどのようなジャンルの漫画を描いても面白いだろう作家として、弘兼憲史&柴門ふみ夫妻、冨樫義博、井上雄彦、岩明均、幸村誠、森田まさのり、かわぐちかいじ、村上かつら、谷口ジロー、遠藤浩輝らを挙げるとするならば、今後も自身の代表作を越えられる漫画を生み出せないだろう作家として、ゆでたまご、鳥山明、窪之内英策、そしてこの高橋陽一らを挙げたいと思います。頭の中からアイデアが次々と湧き出し、時間の許される限り描きたい漫画が山のようにある前者と、基本的なセンスに乏しく、正直に言ってどのような漫画が面白い漫画なのか、自分自身でもよく分かっていない後者とに大別されるのではないでしょうか。

過去へのタイムスリップや無人島への漂流などの使い古された設定でも、そこにリアリティを持たせることにより、『JIN -仁-』『自殺島』のような面白い漫画を創作することが可能です。自分だったらどう行動するか、戦国時代へタイムスリップしたらどうやって立身出世を目指そうかとか、そういった想像力を刺激されるのは楽しいと思います。また、政局や選挙を描いた漫画はあっても、政治や経済をリアルに正しく描いた漫画は本当に限られているのが残念です。やはり社会経験の乏しいオタクなだけの漫画家には限界があるように気がします。もう少し一般の才能ある人に漫画原作者への道が開かれるといいですね。



上記はスーパーゴールキーパーの若林クンの凄さ、存在感を強調したかったのでしょうけれど、これでは森崎クンがあんまりです(笑)。前述の鳥山明のギャグセンス、ゆでたまごのバランス感覚なども、この高橋陽一と共通する非社会性、KYぶりを感じざるを得ません。「何でやねん!」とツッコミを禁じ得ない描写が数多くあり、一般人の感覚ではまず考えられないのです。

余談が長くなってしまいましたが、アルフィーはもう何年もずっと、大阪国際女子マラソンのイメージソングを担当しておりまして、彼らは何だかああいった泥臭いスポーツや戦い、汗を流して頑張るみたいな応援ソングとの相性が意外に高いのではないかと前々から思っておりました。参照。原曲キーよりいくつか高く上げ、絶叫系でさらにテンションが上がるような楽曲に仕上げてもらいたいです。




#12 もってけ!セーラーふく(らき☆すた) / 泉こなた(平野綾)他



カバーアーティスト:RIP SLYME

歌に入る前の冒頭の「さあ、始まるザマスよ」「いくでガンス」「フンガー」の件、若い人達が元ネタの怪物くん(カラー・リメイク版)を知っているのか気になるところです。イントロが秀逸な怪物くんのED「おれたちゃ怪物三人組よ」には、「♪力仕事に 深夜の散歩 怪物料理の名コック〜」という歌詞があるのですが、ドラキュラの「深夜の散歩」はただの趣味でしかないので、そこは語呂が悪くても「深夜のパトロール」とすべきでしょう。おまけ(笑)

そんなことはともかくとして、この曲は邦楽としてもの凄くハイクオリティというか、他の日本語ラップの楽曲が霞んでいますくらい、黒人らが歌う本場のラップに対して唯一対抗し得る名曲だと個人的には思っています。声優ならではの表現力の高さも素晴らしいですね。

これは日本のヒップホップに限らずJ-POP全般に言えることとして、「出会えた奇跡」「親・親友にマジ感謝」「会いたい(会えない)」「ずっと一緒に」「抱きしめたい(抱きしめて)」「伝えたい」「きみを守りたい」「何かを探してる」「翼を広げ」「旅に出る」「瞳を閉じて」みたいな安易な歌詞が多すぎるように思います。惚れた腫れたな内容だけでなく、動画「ケインズvsハイエク」や英霊来世の「8.30」などのように、もう少し政治や経済などの分野を扱った日本語ラップが増えるといいですね。


西野カナ
『君に会いたくなるから』  ♪会いたかった〜君に会いたくなるから
『You are the one』     ♪君に出会いたい〜会えますように
『君の声を』         ♪会いたくても会えない…
『遠くても』          ♪会いたくて会えなくて〜会いたいの私だけなの?
『missing you』        ♪会いたい 胸が痛いよ
『会いたくて 会いたくて』 ♪会いたくて 会いたくて 震える〜会いたいって願っても会えない
『love & smile』       ♪君の笑顔に会いたいから〜会えない日も見守って
『もっと…』         ♪今すぐ会いたい〜今日も会えないの?いつ会えるの?
『celtic』           ♪来週会いに行くね〜会えない時会いたいよ
『ONE WAY LOVE』    ♪やっと会える
『Yami Yami Day』     ♪『ゴメン今日やっぱ会えない』


上記は2ちゃんねるで見かけたコピペですが、これは酷いと思いました。語彙が乏しいにもほどがあり、まさに“スイーツ(笑)”全開です。かつて携帯小説とか買っていた層には人気なのでしょう。あと、あまり関係ないかもしれませんが、女性はやたらと「愛してる」などと男性に言わせようとしますよね。アイドルなどを見ても分かる通り、常にチヤホヤされたい生き物なのだから仕方がありません。反面、男性はやたらと「気持ちいい」などと女性に言わせたがりますが、これは相手を独占、支配、占有したがる生き物だからだと推察されます。お互い、「うっせーなぁ、愛してるからこうして付き合っているんだろう。そんなこと口に出して言わなくてもいいじゃん」「気持ちいいに決まってるでしょ。ちょっと集中できないから黙ってて、鬱陶しい」などと思っていそうですが、自分が言ってもらえた時の嬉しさをよく思い出し、相手に対してサービスするのがずっと仲良く付き合っていける秘訣だと、私は常々考えています。

そんな中(どんな中だ)、日本で最も格好良いラップを歌っているのがリップスライムだと思うわけでして、次点でm-floのVERBALといったところでしょうか。まあ、そんなにヒップホップに詳しいわけではないのですが、とりあえずこの名曲を問題なくカバーできそうなのは彼ら以外に考えられませんでした。

ところでリップスライムのメンバーといえば、木村カエラ、大塚愛、蛯原友里らとの熱愛でも有名ですよね。著名な芸能人と交際するというのは、一体どのような気分なのでしょうか。同じ芸能人として対等のステージに上がることは難しいでしょうけれど、一生懸命に努力してお金を稼ぎ、彼女らのスポンサーとなることはそれほど困難ではないはずと私などは考えています。かつてホリエモンが「お金で女性の心は買える」みたいな発言をして一部で顰蹙を買いましたが、あれは「お金で“高め”の女性と知り合える機会を得る」というのがより正確でしょう。なので、AKB48の握手会へ毎回出掛けたり、同じCDを何百枚も買い占めている人達に対しては、その頑張りをもう少し違うベクトルに向けたらいいのにとか、ついつい思ってしまう次第です。




#14 ドリーム・シティ・ネオ・トキオ(未来警察ウラシマン ED) / HARRY



カバーアーティスト:桑田佳祐

萌え系アニメや日常系アニメが全盛の昨今、私のようなオッサンにはどうしてもこの“オサレ”なアニメが懐かしく思えます。同じタツノコプロ製作の赤い光弾ジリオン、東映アニメーション製作のビデオ戦士レザリオンなどもそうですが、80年代のあの当時はまだ、大人向けのアニメも多かったように思います。

松任谷由実などと同様に、いわゆる普遍的な“いい歌”をずっと長く歌い続けてきた桑田佳祐ですが、中でも国民的バンド・サザンオールスターズに関しては、デビューからずっと日本の音楽業界の最前線を走り続けてきました。そんな彼にはこの曲を最高にファンキーに、遊び心をたっぷり入れてノリノリに歌い上げてもらいたいです。

他に彼に歌って欲しい曲としては、CHAGE and ASKAの「終章(エピローグ)」を挙げたいと思います(ボーカルはCHAGE)。これについては私も偶然発見したのですが、桑田の歌い方で歌ってみると抜群にハマるのですよね。私より少し上の世代の、30代後半のオッサン連中とカラオケに行った際は、桑田の歌マネでサザンを歌う人に遭遇することが多いことと思いますが、今後もしそういった機会があれば彼らにリクエストしてみることをお奨めします。ゆとり世代に贈るASKAの名曲




#14 夢を信じて(ドラゴンクエスト ED) / 徳永英明



カバーアーティスト:桜井和寿×コブクロ

最強バンドのボーカルとそのフォロワー。ミスチルの桜井和寿は日本屈指のボーカリストだと思いますが、意外に今回、歌わせてみたいアニソンがちょっと思い浮かばなかったのですね。彼はサッカー好きなので、キャプテン翼の主題歌も一応は考えました。で、コブクロの2人の方は、キャプテンのED「ありがとう」でも相性が良かったかもしれません。あのアニメは続編漫画『プレイボール』を含め、魔球もスーパーヒーローも登場しなくて地味ですが、野球少年らの青春を忠実に描いた素晴らしい内容だったと思います。

しかしながら、プロスポーツ選手ですらコーチを付けてトレーニングのプログラムを管理してもらっているくらいなのに、中学生が監督やコーチを付けず、自主的に厳しい練習メニューを課して自己管理するなどということは、残念ながら現実的には不可能に近いでしょう。人間誰しも練習が嫌いですし、勉強も強制されなければ自ら進んでやりたがらない怠惰な生き物です。

原曲を歌う徳永英明に近い声質ということなら、小田和正、CHAGE and ASKA、森山直太朗なども良いかもしれません。今回はこの企画の中で一番自信がない人選というか、コラボレーションによる何らかの化学反応、相乗効果を期待しようにも、曲自体にメロディの落差が少なく、全体的に非常にあさっりとした淡白な印象なので、それもまたちょっとどうなるかイメージが湧かない感じではあります。それにしても嗚呼・・・・・・、ハイスクール!奇面組やついでにとんちんかん、そしてこのドラゴンクエストと、毎週土曜日の19時30分より放送されていたフジテレビのアニメ枠が懐かしいです。

 #01 名もなき詩

 #02 メインストリートに行こう

 #03 innocent world

 #04 CROSS ROAD

 #05 【es】 〜Theme of es〜

 #06 シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜

 #07 星になれたら

 #08 君の事以外は何も考えられない

 #09 マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-

 #10 everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-

 #11 ALIVE

 #12 奇跡の地球(桑田佳祐&Mr.Children)

 #13 Everything (It's you)

 #14 Tomorrow never knows

上記は私がパチンコ店員だった若い頃、各アーティストのMD編集に勤しんでいた時に作った内の一つです。この中ならALIVEとか好きでした。近年では「しるし」という曲の、「♪ダーリンダーリン いろんな角度から君を見てきた そのどれもが素晴しくて 僕は愛を思い知るんだ〜」という歌詞が素晴らしいと思います。

ところで私、コブクロの曲なら「永遠にともに」「桜」「蕾」くらいなら多分ハモれますし、「風」などはカラオケでもたまに歌ったりします。小室哲哉の全盛期には嫌がる女の子を尻目に、原曲と同じになるまでキーを高く上げて調整、女性ボーカルの1オクターブ下からさらに3度上げたラインをハモってばかりいました(なんちゃって小室)。ただ、英語が大の苦手なので、マーク・パンサーのラップのパートは全然歌えません。。。カラオケは自分一人で歌うよりも、誰かのを一緒にハモる方が楽しいですよね。




#15 鉄腕アトム(鉄腕アトム OP) / 上高田少年合唱団



カバーアーティスト:YOSHIKI

日本の漫画とアニメはこの作品から始まったと言っても過言ではありません。その意味でアルバムのラストを飾るに相応しい曲だと思います。そしてこの有名な主題歌、何気にメロディが美しいのですよね。YOSHIKIによるピアノとストリングスのアレンジで、しっとりと哀愁漂う感じに仕上げてもらいましょう。ああ、オルゴールの音色を使ったアレンジも面白いかもしれません。後年のZONEによるバラードバージョン、あれのインスト版が私のイメージするものに近いですかね。こんなの見つけた!

ちなみに私、YOSIKIの曲なら「薔薇と緑 / 北野井子」「Seize the Light / globe」「ART OF LIFE / X JAPAN」「DAHLIA / X JAPAN」「Say Anything / X JAPAN」「Forever Love / X JAPAN」辺りが大好きです。おまけ(笑)WASHIKI(笑)




総論


 総論というか反省というか、当初は2日程度で書き上げる予定だったこのページも、余談やら動画巡回やらの別な作業に時間を取られ、結局予定の倍以上の日数を費やしてしまいました。あと、キン肉マンの主題歌や各超人らのテーマ曲を何か一つくらいは入れようとずっと考えていたのですが、最後まで相応しいのが思いつかなかったです。。。

別ページに予定しているDISC.2との二枚組でこのカバーアルバムが発売されれば、プロモーションにお金をかけずとも30万枚は売れそうな気がします。CDが売れなくなったこのご時勢ですが、ひょっとしたら100万枚を突破するかもしれません。

さらに、売上の底上げのためにジャニーズ系のグループを一組入れたいと考えるなら、SMAPがかつて歌った姫ちゃんのリボンのED「ブラブラさせて」を、ジャニーズで一番歌が上手いkinki kidsの二人にカバーしてもらうのはどうでしょうか。ところでSMAPといえば「世界でひとつだけの花」というヒット曲がありますが、「♪ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン〜」だなんて歌詞は、私にはどう考えても負け組の傷の舐め合いにしか聞こえません。人間は競い合って優越や劣等を感じ、時には傷付いてこそ成長があると思っています。


作家の増田悦佐氏いわく、「世界中の人々が憧れ、ライフスタイルを真似したくなる国こそが、世界帝国」とのことです。過去の例を見てもそうであったし、これからもやはりそうなのでしょう。この企画全般や上記の動画を見る限り、決してお隣の支那などではなく、我が国はこの条件をとっくに満たしているとは思いませんか。

私は漫画は大好きですがアニメは殆ど観ませんし、これはアニメに限らずですが、観ても1.5倍速での時短再生です。ゲームは作る方はともかくとして、遊ぶ方へはまったく時間を使わなくなってしまいました。ですが、そうした私の好き嫌いにかかわらず、アニメなどのいわゆる「サブカルチャー」が世界中の人々を熱狂させているのは事実であり、官僚や政治家先生らはこれらと国益とをいかに結び付けるかをもっと真剣に考えなければいけないでしょう。

常に国家存亡、分裂の問題を抱えている中共などはさすがの危機意識というか、数年前よりゴールデンタイムでの外国製アニメの放送に制限をかけましたよね。反日を国是とする彼らにとって、日本からの文化侵略はそれは恐ろしい現象であると推察されますが、世界平和にとってみれば「のほほん」とした我が国の他者に寛容な価値観、文化や文明がさらに拡がることこそが最良であり、昨今の日本ブームを見ると最早それは必然であるように思えてなりません。


ポルマン選曲!アニソンカバーアルバム案(女版)


記事の作成日:平成22年7月23日

 

DTIサービス アダルトアフィリエイトSign Board Shop SBS アダルトアフィリエイト

上記は日々の労働から開放され、クリエイティブな活動のみで生計が立てられる知的生活者への近道。自分の書庫を持ち、吸収した知識はネットを通じて社会へ還元しよう。

 

Copyright (C) 2009 前科者通信 All Rights Reserved.

 

[PR] 女性アイドル画像グラビアアイドル画像AV女優・アダルトビデオ画像オンラインゲームパチプロパチンコ漫画評論小室哲哉