前科者通信 〜ポルシェ万次郎の刑務所日記〜

 

拘置所や刑務所など、塀の中(ムショ)での生活を明かした監獄情報サイトの決定版!受刑者家族への助言や出所後の再会掲示板など。

 

ポルシェ万次郎 プロフィール / 前科者通信刑務所コラム / 前科者通信刑務所ブログ / 前科者通信刑務所情報掲示板 / 前科者通信刑務所再会掲示板 / 前科者通信ポルシェ万次郎 運営サイト / 前科者通信

 

【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 2

 

※公表する予定のなかったプライベートな私信一通の全文です。証拠品(情状証拠)として法廷への提出も行っておりません。文中にある「赤字」は私の解説及び追記、匿名箇所となります。また、身内へ宛てた手紙という性質上、言葉にウエイトを乗せるために多少のファンタジーやしおらしい記述があることをご了承の上お読みください。

 

 のちに累計100万円以上の利益を上げることになったパチンコ売上管理ソフト(エクセル)を一年の歳月をかけて作ったのも同時期で、これをフリー(無料)ソフトとしてインターネット上で公開するようになった現在では 、全国の100店舗を超えるパチンコ店でご使用いただいています。ソフトの販売方法ですが、大手パチンコ店情報サイトよりコピー&ペーストで収集した4,000件に近いメールアドレスに対し、サンプルを添付ファイル付きで一斉送信する方法を思い付き、これを実行しました。「(買わないけど)素晴らしいソフトだ!ぜひ電話で一度お話を聞きたい」 「うちの会社で働きませんか?父(オーナー)を紹介しますので」といった具合に評判の方は概ね上々でしたが、「このような重たいファイルを添付して営業メールを送りつけるのは非常識(ネットマナー違反)だ」とお叱りを受けたこともあり ました。このような相手に対する気遣いのなさが自分の欠点だったと今では反省しています(商売の成功は主に能力ではなく適性や意識の問題。しかし貪欲であってもやり過ぎはイケナイ。前例のないことをやる際は検討が必要です。サイト運営では失敗や後悔が多 すぎました し、業務委託契約先にも私の軽率さから多大なご迷惑をお掛けしました・・・・・・)。個人のノートパソコンなどに「出玉」「入玉」「ベース」「スタート」「売上」の5項目を手入力するだけで残りの項目「粗利益」「玉単価」「割数」「出玉率」「1,000円当たりのスタート回転数」他を自動算出するこのソフトがあれば、大手上場企業の数百万円する ような大型ホールコンピュータ(ハード)を購入せずに済む上、素人でも扱いやすい現場向きな内容となっています。各パチンコ台のスペック(大当り確率や平均出玉数等)を入力することで 一日の売上データをシミュレーションすることまで出来るため、当時3万円で売り出したこのソフトは全国で飛ぶように売れました。自分の開発した商品がインターネットというツールを使うことでビジネスになることを初めて体感し、非常に喜び感動しました。広告代理店や印刷屋、コンサルティング業の真似事を自宅で行っていた私のことを 「オフィス○○」と次第に皆が揶揄するようになり、のちにこの名前を屋号に使用して現在まで4期連続で確定申告を済ませています。

 

不景気で系列の各店舗が軒並み低迷を続ける中、私達の店舗は月間売上を前年度の3億.000万円から1億円増の4億.000万円にするなど記録更新を続け、ついには地域一番店という目標も達成することとなりました。「職業には卑しいも尊いもない。学生の君らにとってこのバイトが片手間なのは理解しているけど、仕事はプロ意識を持ってしっかり頑張ろう」というのがミーティング時の私の口癖でしたが、今となっては耳の痛い言葉です。ラーメン屋や定食屋ならまだ許せますが、寿司屋や割烹料理屋のカウンター席に灰皿が設置されているのを私はどうかと思いますし、車内で喫煙しながら客待ちをしているタクシードライバーも同様にプロ意識に欠けると思っています。他のパチンコ店に比べてどうかという発想をやめ、接客や待機姿勢はホテルマン並みに、清掃は飲食店のレベルを徹底させたのが集客に繋がったのだと思います。こうした努力や成果が認められ、私は月に1度行われる本社での店長会議への参加を特別に許されるようになります。人見知りする性格であがり症な私は最初こそ緊張しっぱなしでしたが、会議の内容自体は売上の報告と雑談だけで大した内容ではないと思いました。次回からは例のパチンコ売上管理ソフトを使って出力した棒グラフや円グラフ付きのカラー資料を持参して会議に挑み、これまで実践してきた内容とその成果、今後の傾向やそれについての対策を誰よりも理論立てて発表します。各店長の報告終了後、社長からは「これからは口頭 での報告だけでなく、パソコンくらい使えなあかんなぁ」との言葉が発せられるも、「若い社員の中で高級車を乗り回してる奴がおるらしいが、もっと質素にせえ」とも言われてしまいます。私のことでした・・・・・・。

 

ポルシェのボクスター(一年落ち、ワンオーナー、640万円)は私が22歳の時に購入したものですが、いくら高給取りなパチンコ店員とはいえ、普通に働いて乗れるような車ではありません。のちにTVチャンピオン(第9回パチプロ王選手権)や笑っていいとも、NHKなどから出演依頼が来るくらい、私はパチンコで勝つための知識に詳しく、車を購入する際にはパチンコに勝って稼いだお金を相当充てています。「パチプロ」は「プロ雀士(麻雀)」と良く似ていて、運(配牌・ツモ)が悪ければ負けることもありますが、統計学的に最善だと思われる行動を常に選択することで期待値通りの結果に収束し、長期スパンでは「偶然」ではなく「必然」でプラス収支にすることが可能なのです(パチンコや麻雀はTVゲーム 「桃太郎電鉄(桃鉄)」のゲーム性とも良く似ていますよね。ただ、「桃鉄」は育成シミュレーションゲーム としてのゲーム性も含まれるので、友人らとプレイする際は手加減しないと喧嘩の原因になりかねないです・・・・・・)。ちなみに宝くじやナンバーズ(ロト)では勝つための努力を行う余地が一切なく、必然(攻略法など)で勝つことは絶対に不可能です(法的に立証が難しいだけで、占いやギャンブル攻略法全般は殆ど詐欺ですし、さも当たりそうに錯覚させる宝くじのCMなどは「虚偽広告」「風説の流布」に等しいです。放送倫理・番組向上機構は何で黙っているのでしょうか?つくづく、法律とは万能ではないと思います。ただ、細木数子のデタラメな占いを公共の電波を使って垂れ流すのは賛成できませんが、あの人は案外保守的で道徳的な発言をする ことが多いので、そこは認めてあげても良かったりです)。売上に対する還元率も50%弱と、他のギャンブルと比べても極端に低く、例えば3億円当てるためには理論上6億円強の投資が必要となり、私に言わせれば一般庶民から税金の代わりを徴収するための国策とさえ思えてしまいます。仕事の面では尊敬していた私の「親父殿」が昔に乗っていたポルシェ928(1,600万円?)に強い憧れがあり、同じ銀色のポルシェに乗ることを目標に掲げ て普通免許証を取得したのです。当時付き合っていた彼女からは「この車、なんか蛙みたいでイヤン!」と言われて散々でしたが、私にとってはアイデンティティというか名刺代わり のようなもので、社会的属性が悪くても(高校中退でも)「個」の確立ができて能力さえあれば、若くして高級車を所有できることを証明する ための重要なアイテムでもあったのです。「○○家の再興」と一人盛り上がっていました。

 

しかし、私の物欲がピークを迎えるのはこの頃までで、ここ数年はずっと「節約は最大の投資」を実践するようになります。車は乗れば乗る ほど資産価値が下がり、お金を生み出すどころか維持費が発生する不良資産だという認識です。○○○○○○を開設して経済状況が好転してからも狭いワンルームマンションに住み続けていましたし、稼いだ収入の殆どは過剰な商品在庫や人件費、設備投資や事務所経費に使い、銀行口座にお金を残して遊ばせておくことがないよう 常に心掛けていました。今年の5月(逮捕直前)に入ってからは仕事の為に消費者金融から借入さえしています。唯一の贅沢は食への道楽でしたが、食事によって発生する時間ロスだけは値段とあまり関係はないですし、どうせ同じ時間を費やすのであれば自己投資の意味を入れ、今まで食したことのないより美味しいものを食べて見識を深めようと考えていたのです。私は料理漫画なども好きでして、プロの仕事をこなす料理人(職人)に対しては普段から格別な敬意を払っていました。

 

パチンコ店での仕事の方へ話を戻しますが、やるべきことや覚えるべき仕事がなくなってくると、その他諸々の事情と重なって次第に仕事へのモチベーションが低下してしまいました。若い日本人である私が在日朝鮮人社会のパチンコ店で店長を任される可能性は殆どなく、なれても店長までが上限で 、役員などには絶対に上がれないだろうことを知ったからです。例え年間の総売上を前年度より10億円アップさせて会社に貢献しようが給与に直接反映されることはありませんし、外部より講師を招聘してようやく開始された本社のパソコン研修への参加も私だけは許されず、縁故で中途採用された同族の中年社員 らが他店で店長としてやっていけるよう実務指導するのが私の仕事のメインとなってしまいます。これは警察のキャリア制度と少し似ている部分があると思います(ノンキャリアの叩き上げがキャリアのエリートに実務を教えるみたいな)。さらにマルハンやダイナムといった全国規模の有名パチンコチェーンを含め、パチンコ部備品メーカーを除くパチンコ店のみを経営している会社で上場しているところは何故か一社もないことも分かり、自分の在籍する会社に不満があるというよりは 、他の業種で頑張って成長を続けている同年代の友人らに社会知識や職能技術、人間性などの面でこのままの状況では差を付けられてしまいそうな焦りを感じるようになったのです。パチンコ業はあくまで「家業」であり、「企業」にはなり得ないと思いました。20代後半から定年するまでの時間をルーティンワークで消費し、毎週 一回弱の休日や月に一度の給料日を楽しみにロボットみたく働くであろう将来像に魅力を感じなくなってしまいます。幸い私には彼女などを相棒としてパチンコで月に80万円以上勝つ為の知識と技術を有していましたので、最低限の生活を無理なく送りながら、アースティックでクリエイティブな専門技能をカルチャースクールに通うなどで身に付けたいと思うようになりました。当時の私はインターネットはまだ閲覧するだけでホームページの制作はまだ未経験でしたし、クラシックピアノの教室にも通いたいと の思いもあり、平成13年1月に同社を退職することを決断しました。インフォメーションテクノロジィが発達した現在では個人が アイディア次第で映像や音楽、ゲームやテキストなどを創作(具現化)して不特定多数に向けて発信することが可能です。今からミュージシャンやエンジニアには到底なれませんが、作曲して発表する行為自体は比較的容易なのです。次期社長には将来インターネットを使って起業したい旨を伝えましたが、考え直すよう説得しても人の意見を聞かない私の性格を理解してくれていたのか 、退職を特別反対されるようなことはありませんでした。「仕事の相談があればいつでも連絡して来い」と言っていただき名刺までいただいたのですが、今回このような事件を起こしてしまい、期待を裏切って申し訳ない気持ちです(上司各位とは基本的には仲良しでした。「テポドンにうちの会社のロゴ入ってんねんで(笑)」と冗談を言い合える ほどに・・・・・・。アフターファイブや休日をパチンコで過ごし、勝負に勝てば焼肉か風俗、負ければ消費者金融を利用する日本人はもしかするとテロ支援国家(国民)なのかもしれません。また、ヤクザは立小便をしただけで迷惑防止条例で現行犯逮捕されることもありますが、当局の利権が絡むパチンコ業については法の不備が指摘されながらもお咎め無しとされ続けていました。最近ではゲームセンターやカラオケボックスなどの遊技施設にパチンコ台やパチスロ台が設置されることも珍しくなくなりましたが、本来のパチンコ業のように離れた場所に換金所を設けたりすると当然摘発は免れません。誰が出玉を全てタバコやお菓子に交換して帰るというのでしょうか?裏カジノは摘発されてパチンコの 「三店方式」が独占禁止法違反にすらならない矛盾はやはりおかしいと思います。この辺りの解釈や整備もそろそろ行って欲しいですし、行政主導のリアルカジノや海外法人を使ったネット上のオンラインカジノの認知については、既得権益を侵されたくない半島系の勢力や行政の天下り団体が邪魔をしているような気がしてならないです)

 

退社して数ヶ月が経った頃、私は知人より連鎖販売取引(MLM=マルチ・レベル・マーケティングプラン=ネットワークビジネス=リレーションセールス =紹介販売)へのビジネス参加を勧誘されます。楽して稼げるオイシイ仕事ではないがやったらやった分だけ収入を得られる明確なシステムである とのことで、私をリクルートしてきた知人が月収150万円(自称)だと聞き、人よりも努力することが得意な自分であれば成功できるに違いないと思い、話を聞いたその日の内に誰に相談することなく100万円のローン用紙にサインをしてしまいました。この仕事は訪問販売業の一種になりますが、小売店でもある販売員(会員)が別の販売員(主に人間関係のある友人や知人)をフランチャイズしていく消費者参加型のビジネスです。ある一定の成果を達成することでポジション(ランク)が「小売店→代理店→総代理店」 といった具合にポジション上がっていき、直接販売マージンに加えて一般の流通業でいうところの流通差額マージンなどが発生するシステムとなります。表面だけを見れば口コミによるコマーシャル料 や流通マージンを会員に分配する成果報酬型のビジネスモデルですが、中には無限連鎖講(ねずみ講)になるのを避けるためだけに原価の安い商品を高額で流通させているマルチまがい商法や、 「特定負担」を事実上強要した、クレジットによる商品在庫の抱え込み連鎖を行うグループも少なくはなく、実体は株式のデイトレードと同じで9割の負け組によって1割の勝ち組が成り立つような内容になっています(これもパチプロを自認する勝ち組がパチンコホールに寄生し、一般遊技客である負け組の現金投資に支えられている構造と良く似ています)。私が会員となった会社は16年続いた比較的真っ当な会社ではありましたが、それでもやはり商売への強い覚悟が できていなさそうな弱者まで自分の人間関係の中からリストアップして勧誘しなければ、とても安定収入など得られないような内容なのです。長野オリンピックの公式スポンサーになるような最大手の会社も 業界には存在しますが、会員自体は活動を上品に行っていては収入を得られないというのが実体です。以前の職場での人間関係を使うことは義理に反する行為だと思いましたし、昔からの親友達は一流企業や公務員といった安定した職業に まだ就いたばかりで誘い難く、私は思っていたような結果を出せずにいました。家計のプライマリーバランスが崩れてきても副業をすることは一切許されず、私はこの時初めて消費者金融からお金を借りるようになります(社会保険や共済保険じゃないと 審査時の信用属性が悪く、なかなかスムーズにお金を借りることができません。脱サラする前は何か不測の事態が起こった時の為に、しこたまクレジットカードやキャッシングカードを作っておいた方が良いです)。上位会員からは「結果を出してすぐに返済すればいい。自信がないのなら今すぐ辞めてしまえ!」とまで言われてしまいますが、リクルートしてきた人間を上位会員に引き合わせても決定率が非常に悪く、私としてはそれ以上努力のしようがありませんでした。

 

化粧品や健康食品といった単価の安い消耗品を扱う場合はセミナー会場への大量動員が定番ですが、私達のように高額な耐久商材を扱う場合、じっくりと時間をかけてリクルートする「ABC」というスタイルをとります。自分と人間関係のあるカスタマー(Customer)をベテランアドバイザー(Adviser)に引き合わせる為の橋渡し役としてブリッジ(Bridge)するのが末端会員の主な仕事内容ですが、私は他人に成果を委ねるのを一切やめて全ての行程を自分 一人でできるようになろうと考えました。インターネットを使って特定商取引法や消費者契約法、薬事法などを勉強し、概要書面や契約書面の内容を暗記して不実の告知や事実の不告知、書面の交付にも十分気を 付けます。上位会員らが主催するセミナーや勉強会にも積極的に参加する他、最新の政治情勢や経済情報を収集してリクルート時の「トーク」に使えるようにするなど、考えられるあらゆる努力を実行したのです(あの頃は24時間体制でインフレやデフレ、国の財政問題や予防医学について語っていました・・・ ・・・。最近の京都府警”生安”は大阪府警との合同捜査で忙しいらしいです。業界で最近一番目立っている「アース・ウォーカー」を、会員の特商法違反だけでなく無限連鎖溝で役員を摘発する 予定があるとかないとか・・・・・・。裁判の論告求刑の際、公判検事から「被告人はマルチビジネスに携わるなど、楽をして儲ける為の・・・・・・」うんぬんを言われました。しかしながら、法律で規制されてはいるものの、一応は認められている業態の一種ではあるので、これって職業差別ではないでしょうかって思います)。新規会員のリクルートにはインターネットや携帯の出会い系サイトなどをツールとして活用するようになりますが、これらの方法は 私が最初なので当時まだ前例やノウハウがなく、また最初からビジネス目的であることを明記してもいましたので、競合他社や宗教法人、堅気でない人達とバッティングすることも多かったです。その際は単身で敵地へ乗り込んで行くことになりますが、そこから ご縁が生まれたり、対面営業能力やディベート能力の向上には繋がったと思っています。イタリアのブランドのスーツ(ドルチェ&ガッバーナ)で身を包み、車も一応ポルシェに乗っていましたので、相手 の年収が何千万円であろうと外見で舐められることだけはありませんでした。

 

スケジュール帳の空きがなくなるくらい沢山のアポイントメントは取れましたが、元々の人間関係がないだけに約束の時間に来ない人、会えてもその後音信不通になる人が多く、当然ではあるのですが契約(会員登録)の決定率は良好とは言えませんでした。一度も会ったことのない人間と会う為に大阪から滋賀の長浜まで車を走らせるなど、今思えば無駄な動きも多かったように思います。朝から夜中まで初対面の人を相手に商品説明や収入のシステム説明、健康産業や国の医療費問題についてを一日平均4〜5人に対して個別に喋り続ける毎日でした。空き時間を見つけては携帯電話を使って掲示板へ誘いの書き込みをするか、車の中で仮眠 する毎日・・・・・・。初対面の人間をその日の内にリクルートするなど、そこそこの成果を上げるも、パチンコ店員やパチプロ時代に得ていた月収には遠く及びませんでした。何故なら私のやっていることは実質、連鎖販売取引ではなく「ドアtoドア」のような訪問販売(直接販売・新規営業)が主でしたので、商品売上の内訳の殆どが私を育成している形になっている上位会員にコミッションとして自動分配されるシステムでは 、直接販売の成果が収入として反映され難い上、私は結果を出せずにいる下位会員に対しては自分の獲得した新規会員を収入減を承知で譲り続けていたからです(楽な仕事ではないことを予め告げてはいますが、楽して稼げると思って失敗する人がやはり多いです。組織は鼠算式に勝手に拡大していくことはあり得ません。自己責任なんですけど文句言われると嫌ですし 、こういった援助は沢山行いました。この仕事で成功するような人は一流の営業マンか一流の詐欺師、強引な性格のおばちゃんか子分を何人も従えているガキ大将くらいだと思います。1,000人いる中で自分は必ず 一番になれるとの確信がある人以外は手を出すと必ず失敗するビジネスですが、『金持ち父さん、貧乏父さん』でも書かれていたように、この仕事を経験することは経営者の感覚を養う上ではプラスの側面があるように思います。ところでですが、いつか この連鎖販売取引を題材にした映画の脚本書いてみたいですね。業界の潜在的な人口や経験者って意外と多いですし、妙にリアリティのあるような苦悩と破滅の状況を描いていくと面白いのが作れそうです。確かまだこれを扱った エンターテイメントの前例はなかったと思いますし、こだわってクオリティの高いものを作れば大ヒット間違いなしです。実際の”現場”で 良く使われているような営業トークも沢山登場しますし、お馴染みの深夜のファミレスで貧乏くさく説明しているスーツ姿(長髪・茶髪)の兄ちゃんも出てきては 、「あるある」みたいな・・・・・・。現状に満足していない向上心の強い人間がこの映画を観た場合、作中でのアドバイザーのセミナーに触発されて行動を起こすかもしれません ね。Vシネマみたいなのでも十分ですが、既存のパチプロ映画のようにリアリティに欠ける中途半端な内容なら失敗に終わりそうです。徹底した取材を行 って芸術の域まで高めるのが成功の鍵ですが、予算自体は大して必要なさそうなのが強みですかね)。例えるなら「魚を与えるだけで釣り方を教えるのが苦手(育成能力ナシ)」であった私はその後も借金だけが増え続け、ついには上位会員から高額の利息でお金を借りなければいけないような状況にまで発展してしまいます。銀行に貯金をするのが趣味の人間(友人・知人)なら話は別ですが、相手は投資対象を持っているような商売人ばかりなので、消費者金融から相手にされないような信用情報の悪い私に対し、高い利息を取ることは当然のリスクヘッジだと当時の私は納得して借入れを繰り返していました。これらを逆の立場で私が行うと出資法違反になることを今では理解しています。

 

上位会員からは「おまえは自分が上手く説明すること(能力向上)だけに満足し、本気で書類を上げようとしていない。死ぬ気でもっと汚れて頑張れば必ず結果を出せる!」と叱咤激励されますが、確かに私は自分より年下の人間や女の子を相手にするのが嫌でこれを避けていましたし、コミュニケーション能力や人間関係を使ってノリで契約を取るこの業界の基本的な手法を苦手としていました(今回の通販事業ですが、利益を上げることよりも検索エンジンの上位キーワードを独占することばかり考えていました。「どうだ、参ったか!ざまぁみろ!ウェー、ハッハッハ」みたいな・・・・・・。余剰在庫を沢山抱えすぎて経営破綻なんて、阿呆すぎですね)。15歳の頃より常に年上の人達と仕事や共同生活をしていた私は 、「タメ語」ではなく「敬語」で会話することが自然でニュートラルとなっていたこともあり、商売気のある個人事業主や30代以上の”強い相手”を対象に、「NOを言わせない」理論理屈をビジネスライクに説明することが多かったように思います。また、私は自社で扱う商材を商品としても気に入り愛用していましたが、これは他業種の営業マン(布団の訪問販売員や英会話の教材販売員等)が自社の商品がNo.1だとあえて自分自身に洗脳や暗示をかけ、トークに勢いを付ける行動や心理と大差はなかったのかもしれません。コピーブランドの卸業者が言う「並行モノはグレーゾーン。偽物ではない」という 独自の認識も、何処か「本当であって欲しい(希望的観測)」→「真実を知りたくない(知ろうとしない)」→「このまま上手に騙して欲しい(逃避)」などと心理的に思い続けることで 、自分自身や社員をも半ば洗脳(自己暗示)していたのだと思います。例えるならガンやエイズの検査結果を知るのが恐くてあえて検査を受けない人や、「浮気なんてしてないよ」というパートナーの言葉が真実味に欠けていても 、それを信じたい(騙されたい)気持ちなどと似ているのかもしれません。私は連鎖販売取引が自分の適性に合っていないことにようやく気付き始めますが、上位会員との人間関係や自分がリクルートした下位会員に対する責任感もあり、副業をするなどして仕事の手を緩めることや脱会して別の仕事に就くといった行動を選択できない状況にありました(今ならリクルートやNTTの営業でもやれば月に7桁収入は固いでしょうね。保釈で外に出たとたん 、ネットワークビジネスや株やらのブローカー的な営業の仕事を紹介されましたが、そういうのはもう今後一切勘弁です)。消費者金融への借金はさらに増え続けますが、俗に「紹介屋」と呼ばれる違法資金業者に騙されて不当で不要な紹介手数料(融資額の3割)を馬鹿正直に銀行振込で支払ってしまったことがあります(消費者金融の正しい利用方法は消費者金融の虎を参照ください)。当時付き合っていた彼女から同意を得ての彼女名義の消費者金融の借入 れも100万円以上あったため、私自身の借金を特定調停や自己破産等でクリアしたとしても問題を解決出来ないところまで来てしまいました。家賃の支払いも滞り始めて泣きそうな状況にある中、普段何気なく集合ポストに投函されている広告チラシの一文が私の興味を大きく惹くことになります(経済状況がどうしてもマズい 場合、最も遅延して良い支払いが自宅家賃や光熱費です。家賃などは誠意を持って対応すれば3ヶ月遅延しても概ね追い出されることはありません。その程度の遅延では「信用を損ねた」とは見なされないからです。小額訴訟で簡易裁判を起こして強制執行するまでにかかる費用や労力を考えると 、家主としてはこれを実行に移すことがあまりに割りに合わないという理由もあります。原告が起こした簡易裁判は被告の希望により正式裁判として扱われてしまう可能性すらありますし、差し押さえる給料や財産を持ち合わせていない相手に対しては、強制執行の手続きを取るよりも引越し代を渡してさっさと出て行ってもらった方が早かったりする訳です。消費者金融側が起こす裁判でこちらが負けて支払命令が下ったとしても、内容は「任意で(払える時に)支払いなさい」に過ぎません。消費者金融側が債権を回収しようとする場合は判決に基づいて強制執行の手続きを踏まなければいけない訳ですが、これも家賃での例と同じようにヒモやニートなどの「支払い能力がない人間」からは法的に回収不可能です 。「法的手段を取らせていただきます」なんて書面が送られると普通はびっくりすると思いますが、このように法律でできることは限られいるのが実情です。貸借契約時に公正証書などを作っていると 、財産や給料の差し押さえが裁判抜きに可能だったりはするようなので念のため。今では判例が出たおかげで、消費者金融会社への取引履歴の開示請求もかなり容易になりました。商取引を不履行して相手に迷惑をかけているのは事実ですが、追い詰められて自殺する程のことではありませんので、グリグリになっている方はどうか思い留まって欲しいです。この世の中、本当に強制力を持っているのはヤクザと警察(刑事罰)くらいでしょうかね。トラックでの飲酒運転で悲惨な事故が起こっては罰金が強化されたり、八尾で自殺者が出ては闇金の罰則(出資法違反)や摘発が厳しくなったりするわけですが、詐欺や窃盗が法律で裁かれる中、借りたお金を計画的に踏み倒した人間が裁かれることなく闇金被害者として同情される構図には 、どうにも納得のいかない部分を感じていたりです。出資法の上限金利を超えているとはいえ、正常な判断能力のある双方が利率や返済期限について合意の上で契約した内容であるなら、それは闇金業者 の側が被害者であると感じるのは私が非常識な人間だからでしょうか?友人や知人に借りたお金なら自己破産しても返済する義務が道義上はあるものと考え、しかし金融業者に対してなら違法合法を問わず自己破産したところで犯罪にはならないと考えます。お金を貸した側の立場で考えるなら、「物を盗まれた」が 「刑事」として扱われるのに対し、「金を返してくれない」は「民事」でのみ争われることになるという法律に、何処か釈然としない時があったりです。お金は貸した方の負けで、 漫画『ミナミの帝王』みたいな回収はありえなく、「ないものはない」って開き直られたらどうしようもないことを知りました・・・・・・)

 

初出:ポルシェ万次郎逮捕〜留置男の私信≪その2≫(06/1/18)

 


 

後記: しかし佐川急便やパチンコ店など、思えばブラック会社でしか働いたことないですね、私・・・・・・。 パチンコ店ではイタリア料理店のサービスマンのように、ちょっと大袈裟なパフォーマンスも入れて頑張ってたなあ。まあ、今の派遣切りで仕事がないといか言ってる人達も、介護や農業、飲食店での接客業などで求人はガンガンやっているわけで、ストレスを感じることなくプライドを傷付けられることなく生活したいという、生存ギリギリの労働だけをしようとの甘えにすぎないです。日本人がこういうメンタリティになってしまったのも、殆どが日教組教育(競争しない、みんな平等)の弊害だと思います。借金については今思えばどうということのない悩みでしたが、これらの知識を学校などで教えちゃうと権利を悪用する人達が出て来てダメでしょうね。家賃の滞納については、借りる側の権利が過剰に守られているために「追い出し屋」「ゼロゼロ物件」などの問題が出て来るのだと思います。2ちゃんねるの管理人ひろゆき 氏のように、払える金があるのに払わない連中に対しては、刑事罰で対処するなどの公平な裁きが必要かもしれません。

 

文中に「私に言わせれば一般庶民から税金の代わりを徴収するための国策とさえ思えてしまいます」とありますが、さらには「ギャンブルや保険は算数の出来ない人を罰する制度 」とも言えますね。50%を割っている宝くじの還元率ほどではありませんが、保険の場合はこれに相当する吐き出しが58%(平成18年度データ) 程度なので、複雑かつリスクを過剰に宣伝 する保険会社に上手く騙されている部分もあるでしょう。期待値で考えるなら自分で競馬のノミ行為(違法)をした方が儲かるし、月々の保険の支払い分を貯金して自らが保険会社のつもりになった方が良いとは思います。

 

【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 3

 

記事の作成日:平成21年4月15日

 

●刑務所コラム 目次

 

 【保釈後】 半年間の勾留より保釈・逮捕の経緯

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 1

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 2

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 3

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 4

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 1

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 2

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 3

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 4

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 5

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 6

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 7

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 8

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 9

 

 【仮釈後】 出所後の新生活と刑務所ボケ・保護司

 

 【満期後】 刑期満了で社会復帰!日記とか色々

 

 【おまけ】 獄中短歌(法務省発行の新聞「人」より)

 

 【おまけ】 刑事施設(行刑施設)、収容分類級一覧

 

週刊プレイボーイ 刑務所特集 1/2 週刊プレイボーイ 刑務所特集 2/2 BUBUKA 小室哲哉逮捕特集

 

DTIサービス アダルトアフィリエイトSign Board Shop SBS アダルトアフィリエイト

上記は日々の労働から開放され、クリエイティブな活動のみで生計が立てられる知的生活者への近道。自分の書庫を持ち、吸収した知識はネットを通じて社会へ還元しよう。

 

Copyright (C) 2009 前科者通信 All Rights Reserved.

 

[PR] 女性アイドル画像グラビアアイドル画像AV女優・アダルトビデオ画像オンラインゲームパチプロパチンコ漫画評論小室哲哉