前科者通信 〜ポルシェ万次郎の刑務所日記〜

 

拘置所や刑務所など、塀の中(ムショ)での生活を明かした監獄情報サイトの決定版!受刑者家族への助言や出所後の再会掲示板など。

 

ポルシェ万次郎 プロフィール / 前科者通信刑務所コラム / 前科者通信刑務所ブログ / 前科者通信刑務所情報掲示板 / 前科者通信刑務所再会掲示板 / 前科者通信ポルシェ万次郎 運営サイト / 前科者通信

 

【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 1

 

※塀の中へ収監中の出来事をリアルタイムで手紙へ記し、それを塀の外で受信した外部協力者の手により私の運営する掲示板に代理投稿してもらうという企画でした。便箋に細かく書かれた私の文章をスキャナーに読ませる方法を取っていたようで、それによる誤字脱字、私の意図とは違った解釈の編集については、掲示板に代理投稿された初出のものより若干の加筆修正(荒しや宣伝カキコも記事ごとカット)を施しての転載となります。

 

1 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/05/15(月) 05:30:13

【連載01回目】
お久し振りです。刑務所の中から書き込みしています(ウソ)。

毎日ダイソーの洗濯バサミを作っています。作業賞与金は700円程度です。時給じゃなくて月給です。もっとも、時給2000円でもこの様なルーティンワークはやりたくないですけどね。何の達成感もスキルの向上もありません。まぁ、洗濯バサミを組み立てる側(受刑者)も、それを監視する側(看守さん)も、仕事内容に大した違いはありませんけど。あんなの(看守さん)は一部責任者を残し、他は警備会社の人間を月給20万円(ボーナス無し)で雇えば十分です。公務員の宿舎も民間に払い下げ、職員は全員拘置所内に住んでもらうのが合理的だと思います。

家賃はただの代わりに入浴は週にたったの2回、努めて節水しなければいけなく、21時〜7時までは消灯となるので、読書も何も出来ないのがネックです(笑)。私は健康体にもかかわらず、薬を服用しているという理由で独居房に隔離されています。他の健常受刑者の ように10時間の睡眠をとることが出来ない為、やむなく眠剤を服用しています。それでも10時間もの惰眠を貪るのが難しいので眠剤の量を倍に増やしてもらいましたが、どうしても6時間(21〜3時)で目が覚めてしまいます。夜中に本を読んだり筋トレ等をしていると看守さんに叱られてしまうので、布団の中でうずくまるより他はありません。薬漬けの毎日で精神的な苦痛を受けています。就寝時間をせめて世間並みの8時間(23〜7時)に短縮してもらえるよう官に申し出ましたが、「特別扱いは出来ない。3時に目が覚めるなら7時の起床まで考え事でもしてたらどうや」と言われ却下されました。考え事は得意なので洗濯バサミを組み立てながら散々行っています。拘禁生活自体に大した不自由は感じません。元々タバコも酒もやりませんしね。まあ、ネットが閲覧出来ない生活が続くため、職能技術の劣化が恐いだけです。あとはいわゆる「ホテルにカンヅメ」な状態で、創作活動にはむしろ適している感じでしょうか。ただ、久し振りに経験する「強制的にやらされる仕事」が辛いだけです。ゴールデンウィーク中は作業が免業日となるので、学生時代に戻った気分でその日を楽しみにしています。

産経新聞が読みたいと思っても、それら新聞購読が一切認められない所内の規則に不満があります。購読不可な理由が「貧富の差が生まれて不平等だから」らしいです。しかしながら、所内での週刊誌の購読を認めている時点で言っていることに矛盾があります。ヘアヌード写真付きの週刊誌が講読可能で新聞が購読不可な理由が分かりません。購入出来ない代わりに、所内で購入している読売新聞が順番に回覧されて来ますが、閲読のために設けられた時間は朝夕刊あわせて一人15分。早読が得意な私でも紙面の内容を把握するのは困難です。エライさんに面接まで申し出て閲読時間の延長及び購入を訴えましたが、「予算がない。君だけ特別扱い出来ん。言っていることは正論なので検討はする」とのこと。とても更正を目的とする行刑施設の対応とは思えません。

つい先日、「どの新聞が読みたいか?」などのアンケート調査が所内で実施されましたが、多くの受刑者は朝日(極左)、毎日(左派)、読売(中道)、産経(右派)など、新聞各紙の論説傾向を知らないだろうし、読売(というかナベツネ)が昨年10月辺りから「国立追悼施設」の建設賛成派に転じたことなど誰も知らないと思われ、この様な調査は茶番ではないかと思います。

入浴は週2回でたったの15分、運動は週3回、屋根無しの鶏小屋の様な狭い場所に押し込められているだけでとても運動が出来るスペースはなく、雨天だとシビアに運動中止の裁定、不運が重なれば2週間近く外に出られないことも間々あり、人格権の侵害と言っても過言ではない状況です。

「前科者通信 〜日本初の刑務所ブログ〜」と題した日記を毎日欠かさず書いています。マイナスの経験も残さず全て回収します。まずはwebで発表します。10万部はカタイです♪

2 名前:*輝夜* 投稿日: 2006/05/15(月) 08:04:24

お久ぶりです><
どうやってここに書き込みしてるんでしょう?w
目障りだった英語の宣伝カキコを削除してくださったんですね、
お疲れ様です〜^^

何だか、かなり時代錯誤的な生活ですね・・・本当に色々大変そう^^;
特に、眠剤の多用は身体や精神に影響が出そうなので、心配です;;
でも・・・何もすることが出来ない時間って辛いですよね。
もう少し考えてくれても良さそうなものなのに・・・。
万次郎さんの日記が発表されて、ベストセラーにでもなったら
慌てて改善されるようになるかもですね・・・w
転んでもタダでは起きない万次郎さん、是非頑張ってください><b


3 名前:龍剣 投稿日: 2006/05/28(日) 20:29:23

話した事なんて無かったけど、このカキコ見て、かなり目頭が熱くなりました(ぇ
刑務所での生活耐え抜いてください。
後、自分が今までやってきたSBで貴方のが一番でしたよ。
来年の春(?)ですかな、凄く楽しみに待ってます。
どうかお体のほうだけは大事にしてください。
(* ̄∇)/゜・:*【ガンバレ!】*:・゜\(∇ ̄*)


6 名前:名無しさん 投稿日: 2006/06/28(水) 11:08:37

満摺りなのに6月マダナノ?

12 名前:ユゥミン 投稿日: 2006/07/29(土) 01:27:19

某チャットで復活の噂が出てたので懐かしく想い来ましたです♪
刑務所暮らし。。。あたしゎ少年院(少女?w)だったにゃ〜。
いろいろと不具合、御不満もあるとおもいますががんばってください><b


15 名前:名無しさん 投稿日: 2006/08/24(木) 23:33:03

PC閲覧出来なくてどうやってここにカキコしてるの??
出所してから世間は冷たいと思うがそれだけの事をしてしまったのだから
負けずに頑張れ!!
戻ってくるのを待ってるぞい!


18 名前:代理人 ◆/RUIqC0RtE 投稿日: 2006/08/25(金) 16:44:45

連絡の行き違いがありまして、氏の5〜8月までのプログを掲載せずにいました。
リアルタイムでなくて申し訳ないんですが、たまった分を以下に追々掲載したいと思います。

正直スマンかった・・・


19 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/08/25(金) 16:48:34

【連載02回目】
 
お久し振りです。そういえば「事情説明」がまだでしたね。
不定期コラム「ポルマン語録」にアップしてありますので、そちらで確認をお願いします。
http://www.p-manjiro.com/goroku/29.htm

さてこのコーナー、「マンスリー前科者通信」とタイトルを付けておきながら、更新は「ウィークリー」状態になりそうな気配です。明治以来100年ぶりの「監獄法」改正に伴い、「刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律」が本年5月24日より施行されます。これにより、今まで月度につき一通に制限されていた手紙の発信回数が、上限四回まで認められるよう内規変更されました。ただ、一度の発信に同封出来る便箋の枚数は七枚までとなっているほか、一枚辺りに書き込み可能な文字数にも制限があったりです。外での仕事や資産管理の指示、「差入目録」などの連絡などでもスペースを使いますので、コラム掲載に避ける文字数はやはり十分とは言えません。

外からの本の差し入れは1日3冊までしか受け付けてもらえず、その為に差し入れをしてくれる人間は大阪-京都間の高速道路を何度も往復させられていたのですが、宅配便で「郵便差入」すれば施設側としては受け取らざるを得ないので、たとえ100冊だろうが差し入れ可能だというおかしな「裏ルール」を今は活用しています。検閲する職員は大変でしょうけど(笑)。また、オピニオン誌 「WiLL」「SAPIO」などを塀の中で「定期購読」出来るよう手続きを進めています。代金支払先と商品受取先を別住所にすることで、郵便物扱いで雑誌を受け取ろうという作戦ですが、これは前例がないらしいのでどういう結果になるかは分かりません。ただ、日々の作業時間が8時間、就寝時間が10時間となるので、平日は残り6時間しか余暇時間(読書時間)を確保出来ないのが辛いところです。「働いたら負け」とかいう有名なニートの言葉も、ひとつの真理だなぁと思うようになりました。
刑務所にはいわゆるブルーカラーの仕事しかなく、職業選択の自由があるとは言えません。「ボイラー技士」などの資格は在監中に取得出来るようですが、私が希望する「小型四級船舶」や「自動二輪」の取得は無理っぽいです。出所しても30歳独身、無職、低学歴、前科持ちと、社会的属性は限りなくゼロに近いですね(笑)。出所した元受刑者が5年以内に再収監される確率が47%というのもなんとなく分かるような気はします。

仮釈放後の職業について面接官から尋ねられたりしますが、まさか「特にサラリーがなくても生活出来ます」などと答えるわけにもいかないので、一応「IT関連の仕事をハローワークで探して・・・」とか答えるようにはしています。警察や検察の「調べ官」からも、「アフィリエイトってなんやねん?」ってさんざん言われましたし・・・・・・。

以下、横山秀夫の小説『半落ち』からの引用。

20 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/08/25(金) 16:50:39

受刑者には二通りあると古賀(刑務官)は常々思っている。一方は、極悪な成育環境や本人の生来的な気質が災いし、来るべくしてここ(刑務所)へ来る人間であり、もう片方は、何事もなければ、ここへ来るはずのなかった人間だ。無論、双方は薄皮一枚の差でしかない。そうした意味で、娑婆にいる全ての人間が、ここへ来る可能性があるのだと言える。

(中略)


古賀は舌打ちして腰を上げた。洗濯物を取り込むのを忘れていた。窓を開け、干し物に手を伸ばした。嫌でも高塀が目に入る。道路を隔てたすぐ向こう、M刑務所のコンクリート塀が浅い闇の中にそびえ立っている。錯覚に襲われる時がある。自分はいま塀の中にいるのか、外にいるのか。一瞬わからなくなる時がある。


”古賀のジジィは無視していいぞ。上にヘコヘコしながら四十年も懲役をやってやがるんだ。”

三日前、更衣室で耳にした麻田の声が生々しく蘇っていた。

(中略)

もし高校の剣道部のOBが勧誘の声を掛けてこなかったとしたら、いまもって刑務官と警察官の区別もつかなかったろう。拝命当時は張り切った。人間愛に貫かれた人道主義。歯の浮くような役所のお題目を、恥じらうことなく口に出来た若い時代があった。ひたむきに職務に励めば、必ずや受刑者を更正に導けると信じていた。受刑者にとっての良き「担当」であることを常に心掛け、頼られる「オヤジ」になりたいと本心から思っていた。出所する受刑者の喜びと自分の喜びとが寸分違わず重なる瞬間が確かにあった。だが・・・ ・・・。古賀は躓いた。

(中略)

支配欲だ。外では青二才として扱われる未熟な青年が、ひとたび所内に入れば、絶対服従を約束された何十人、何百人の人間の上に君臨できる。古賀はその快感を覚えてしまっていた。惜しくて捨てられなかった。

(中略)

刑務所は、受刑者から言葉と会話を奪った。それは刑務官にも及んだ。受刑者との会話を禁じて、突出した「オヤジ」の出現を封じ込めたのだ。古賀にとっては幸運だったかもしれない。管理行刑に埋没し、身を委ねることで、受刑者の改善更生に対する意欲を喪失した内面を誰にも知られることなく、刑務官を続けていくことができたのだから。

23 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/08/25(金) 17:02:46

いわゆる「完落ち」ならぬ「半落ち」状態のまま、被疑者→被告人→受刑者と、「ベルトコンベア」に載せられて流されていく被疑者の過程を、警察官、検察官、サツキャップ(新聞記者)、弁護人、裁判官、刑務官のそれぞれの視点から詳細に描写する、高村薫(代表作『レディ・ジョーカー』『マークスの山』)並の筆力、圧倒的なクオリティを持つ作品です。著者の短編集『動機』を留置場で読んだ時も思ったが、とにかく取材が細かくて内容が完璧。

比べて本宮ひろ志の漫画『サラリーマン金太郎 マネーウォーズ編』なんて、任意での事情聴取中に逮捕令状と勾留通知がいきなり同時に来たり、弁護士接見中に看守が同席していたりと間違いだらけで萎えます。前作での「南京大虐殺」の失態と同様で取材不足の感は否めません。探偵漫画『金田一少年の事件簿』『名探偵コナン』なども、捜査権を持たない未成年が勝手に現場を荒らすのはどうかと思います。ところで実写版『デスノート』のリューク(死神)役が布袋寅泰って噂は本当なんですかね?週刊プレイボーイで連載中の漫画『キン肉マンU世』ですが、覆面レスラーの万太郎はともかく、テリー・ザ・キッドは顔からして明らかにテリーマンの親族と認められるべきだと思います(笑)。

話が脱線しちゃいましたが、私は元々ハードボイルドや警察小説が好きで、刑事裁判と民事裁判の両方を経験して知識もかなり身に付きましたので、出所したら前科者の前科者による前科者の為のサイトを開設する予定です。掲示板も新たに設置しますので、「府中でお世話になった鈴木です。佐藤さん、ここ見てたら連絡下さい」とか、「彼氏(夫)が捕まっちゃたんですけど、どうすれば良いですか?」みたいなやりとりが出来るコミュニティを作りたいと思っています。求刑と量刑(判決内容)のデータベース化や取材も行っていますので、
今回の懲役もちょっとした「ウルルン滞在記」みたいなものだと思い込むようにしています・・・・・・。

24 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/08/25(金) 17:03:58

この獄中日記は出所後に出版する予定で、"帯"はアメリカでの獄中生活を描いたノンフィクション『プリズン・ガール』の著者にでもお願いしてみます。印税が入ったら、お世話になった行刑施設に「官本」を数百冊寄贈させてもらう予定です。官本には「だからあなたも頑張って!」みたいな自己啓発的な退屈な内容のものが多いので、保守系の良書を沢山寄贈することで社会貢献(思想教育)したいと考えています。

「国民投票法」の制定にすら反対という左派の連中は、民主主義というシステム自体を否定するつもりなのでしょうか?まず、先の大東亜戦争で日本が侵略者とされている前提からしておかしいです。明治以降の日本の近代史は、自存自衛と白人による人種差別に対する為の神聖な戦いでした。次の首相は麻生外相になってもらい、毎月一回靖国神社に堂々と参拝してもらいたいです。アメリカのライス国務長官や台湾の李登輝初代総統らと一緒に参拝出来れば言うことはありません。

TVゲームのジャンルにサウンドノベルというものがありますが、明治以降の日本の国策について色々な選択肢を設け、「じゃあ一体どうすれば正解だったのか?」を、東京裁判史観や自虐史観を持っている人にプレイ(フラッシュ等で制作)して考えてもらって欲しいです。旧満州と朝鮮半島はすべてソ連領となり、中国大陸はアフリカのように米英仏らが分割統治、フィリピンはアメリカ領のままで、となりの台湾はイギリス辺りが領有するも未開のまま放置、大日本帝国だけがアジア・アフリカで唯一独立を保ち、かつてのように半島や台湾への持ち出しもなく内地の内需拡大政策に特化し、突出した経済大国になっているというバッドエンド(ハッピーエンド?)などをいくつか用意すれば面白そうです。

最近読んだ本の中では、『中国は日本を併合する(平松茂雄)』『マンガ嫌韓流2(山野車輪)』も良かったですが、『大東亜戦争の正体(清水馨八郎)』が一番のお奨めです。他にも大型連休に沢山の本を読みましたが、「日はまた昇る(ビル・エモット)」はちょっと期待外れでした。

25 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/08/25(金) 17:06:17

「農林水産省は2日、個体識別番号を偽って牛肉を販売したとして、食肉卸売業「F・F食品」に牛肉トレーサビリティー法に基づく適正表示を勧告した」と、読売新聞の記事にありました。「偽って金品を搾取」したのなら、私のように詐欺罪(10年以下の懲役)になるんじゃないの?勧告だけなんて、処分が甘すぎると思いませんか?同日には八尾(大阪府)のヤミ金に関する記事もありました。DM(ダイレクトメール)を印刷して「出資法違反幇助」の疑いで逮捕された男性は当然としても、ヤミ金連中が使用するための口座を開設した多重債務者の女性、森本光子(51)を詐欺の疑いで逮捕したのは行き過ぎだと思います。記事には「女は自分で使うつもりがないのに自分名義の口座を開設し、銀行から通帳、キャッシュカードなどだまし取った疑い」とありますが、こんなものに詐欺罪を適用するのは明らかにおかしいと思います。

起訴まで持って行けるかどうかが、調べ官の作文能力に左右されるであろう現行のシステム自体も改めるべきだと思います。神戸北署の巡査部長が行った「不当逮捕」での取り調べが問題となっていることもあり、民主党の「取り調べ可視化(録音・録画)法案」にも注目が集まると思います。私の会社の従業員らも何度か警察から呼び出しを受けましたが、任意での事情聴取も断れば「逮捕」「起訴」される恐れがあり、事実上の強制となっています。取調室の中でどのような暴行・脅迫・利益誘導が行われていても不思議ではなく、作成された供述調書には任意性や信用性に欠けるものも多いです。このような被告人にとって不利な検察側の証拠に対し、裁判の場で「不同意」することも可能ではありますが、従業員の身柄を人質に取られているような状況ではなかなか難しいところがあります。せめて供述調書を「一問一答形式」にして調べ官の勝手な作文を防止するとか、取り調べ中の私選弁護士の同席を認めるべきだと思います。「ライブドアの株価が5倍になる」だの「地獄に落ちるわよ!」などといった風説を流布し、ありもしない不安を煽って金品を搾取している占い師のおばさんは何で逮捕されないのでしょう?あの人、テレビでたまに語る保守的な思想(女は男を立てなさい等々)については好感持てるんですけどねー。

26 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/08/25(金) 17:08:55

あと、新聞各社は社説で新聞宅配制度の公益性を語る前に、「休刊日」なるものをなくして欲しいです。値段は別に談合で決めて良いですし、日曜日の夕刊に限っては休んでも良いです。5月5日に行われた亀田兄弟の試合結果も、翌々日の朝刊を読むまで知る手段がありませんでした。人気と実力があっても所詮はノンタイトル戦ですし、ラジオのニュースでは全然報じてくれなかったんです。

先月の作業賞与金は945円(時給6円80銭)でした(笑)。塀の中のことで何か聞きたいことがあれば、可能な限り質問に答えたいと思っています。留置場の看守さんは司法警察員(ノンキャリア・地方公務員)、拘置所や刑務所の看守さんは法務事務官(国家公務員)だなんて、私のように一度捕まってみないと分からないことだと思いますし・・・・・・。

無料オンラインRPG「スペルバウンド」は管理人代行が見つかり次第、昨年6月頃のデータをアップロードして再開させたいと考えています。
http://www.p-manjiro.com/spellbound/

「女性アイドル画像館」はプチリニューアルし、ガンガン更新中です!
http://www.g-idol.com/
↑アマゾンのバナーが貼ってありますので、クリックして写真集やDVDを買ってもらえると嬉しいです。

漫画『のだめカンタービレ 1〜14巻(二ノ宮知子)』、キャバクラ業界をリアルに書いた長編ハードボイルド小説『黒い太陽(新堂冬樹)』は絶対オススメ。読んでみてもしつまらなければ私が買い取ります(笑)。
それではまた来週・・・・・・。

27 名前:代理人 ◆/RUIqC0RtE 投稿日: 2006/08/25(金) 17:32:09

以上が、5月頃に受け取った記事の内容になります。
つまり「前科者通信第二回」ってことになるのでしょうか?

氏は「ウィークリーにする」と鼻息荒げていますのでなんとか残りの手持ちの記事7〜8回分を早急にここに載せないとリアルタイムとはなりませんね。

上記の記事の亀田兄弟のことも前々回の試合でしょうか?全然タイムリーではないですし・・・

明日、明後日ぐらいにはストック分の記事を放出できるよう頑張りたいと思います。


28 名前:名無しさん 投稿日: 2006/08/26(土) 06:33:34

お疲れ様!頑張ってね!

29 名前:元上司 投稿日: 2006/08/29(火) 14:34:44

万次郎さんは今拘置所からでているの?もし自宅にいてるならば久々にお話したいなと思っています。

30 名前:モタ工場長 投稿日: 2006/08/31(木) 15:54:25

 本日無事に出所できました。ネット環境がしばらく整わないので友人の家からしかカキコできないので、随時チェックできないのが残念ですが、できるだけカキコするのでよろしくお願いします。
 4工場から無事出所できるように祈っておきます。
 がんばれポル万!!


31 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/09/05(火) 06:35:15

【連載03回目】

「♪何でこんなとこに入ってるんだろう〜」などと、ミスチルの『名もなき詩』のAメロ風に口ずさみながら日々頑張っています。そうそう、判決結果についてまだ何も伝えてなかったですね。京都地裁で最終公判が行われたのが2月8日の水曜日。「執行猶予が取れる可能性は五分五分」と弁護士は言うも、周囲の下馬評では圧倒的に執行猶予を予想する人間が多かったので、私も何処か楽観視していました。毎度、大阪の箕面市から京都地裁まで車で送迎してくれる人間に対しては、「帰り、京都で何食べて帰ろか?」「大阪戻ったらそのまま不動産屋へ行ってくれ。即日でマンション借りる契約するから」とか言っていたくらいです。

量刑については新聞などでも報じられていた通り、検察側の求刑2年6月(2年6ヶ月)に対し懲役2年(未決通算110日を差し引く)の実刑判決。情状証人を立たせない、被害弁済を行わない、示談書を取らないといった、国選弁護人が担当する一般の刑事裁判でさえ、「量刑は求刑の7〜8掛け」に調整されるのが慣習となっています。その前提や目安で考えると、実刑になった際の私の量刑は1年9月(7掛け)〜1年6月(6掛け)辺りが相場と思われ、今回の結果については弁護士も「正直、思っていたよりも重い量刑です」と言っていました。事件を担当した警察官も「厳しいなぁ」と、私の関係者に思わず漏らしていたほどです。顧客からのあらゆるクレームに対し、購入後期間を問わず誠実に対応(返金)をしていたことが、「犯行の発覚を恐れた、巧妙かつ、極めて悪質・計画的な行為」と裁判官に受け取られたようです。

法廷で長々と喋りすぎたのも敗因かもしれません。「何か言いたいことはありますか?」と裁判官に言われたものだから、10分くらい長々と演説してましたかね(笑)。「起訴事実となった一部商品につきましては、いわゆる世間がイメージするような「ニセモノ・粗悪品」ではなく、「非ライセンス品」であろう商品を業者から安く仕入れて安く販売させてもらっていたという感覚。周りの環境も恒常的にみんな意識だった」という状況を、業界の素人である裁判官に上手く説明したかったのですが、これは私が敬愛する民主党の西村眞悟議員のケースと同じで、違法性の認識が無かった(少なかった)ことを法廷で主張すればするほど、「自分はコンプライアンス(遵法意識・規範性)に欠ける人間です」と宣言するようなもので、法廷という場においては心証を悪くし、判決においても非常に不利になります。

ハードボイルド作家、大沢在昌の『魔女の笑窪』という最近の著書に、私の罪状と関係性の深い記述を見つけたので、一部を改編して下記に紹介させていただきます。

32 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/09/05(火) 06:37:11

著作権や商標権など、子供の指切り以下の価値しか持たない一部地域においては、まったく同じ複製品を、権利所持者側(ブランドメーカー)に内緒で売りさばく。つまりそれは海賊品などというものではなく本物と同じ、ただライセンス料が発生しない正規商品なのだ。粗悪なコピー商品に対抗するには、ライセンス料を払わない、安価な正規商品をぶつけるしかない、というのが男の考えだった。

ライセンス(商標権)を持つブランドメーカー側としてはどちらも迷惑な話で、粗悪コピーだろうがスーパーコピーだろうが、法律のカテゴリでは単なる偽造品として同列に扱われます。李氏朝鮮末期並みの貧乏国家「金王朝(北朝鮮)」でさえ、精巧な偽100ドル札(スーパーZ)を生産出来るのだから、ユーロマフィアや漢民族辺りがまったく同じ複製品を生産出来たとしても何ら不思議ではありません。

私の選任弁護士は最終弁論の場で、「被告人は偽造品の製造に関わっていたわけではなく、海外から仕入れを行っていた卸(流通)の大元というわけでもない。被告人の他にも同じような業者が沢山いる中、被告人だけを実刑で罰するのはあまりに酷だと思われる。自身の行いに対し十分な理解、反省もしている。まだ若いので更正の余地もある」みたいなことを言って弁護してくれました。その一方、検察官(公判検事)は論告の際、「被告人はインターネット上に十数サイトものブランドショップを開設し、検索エンジンでの上位表示の技術を駆使して不正な利益を・・・・・・」みたいなことを長々と喋っていましたが、「そこは単純に一般的な営業努力やろ!」と意義を申し立てたくなるような部分もいくつかありました。また、とある警察官は、「勤勉で向上心と自己顕示欲が強く、遵法意識と危機管理能力に欠ける人間が、たまたま商才があった為に大事件に発展した」との分析を私に語ってくれました。そして「まだまだやり直せれるよ」とも。
確かに罪状が商標法違反だけなら500万円以下の罰金か執行猶予付きの判決、20日とちょっとの取り調べのあと、起訴された時点で200万円程度の保釈金を積むことで長時間の勾留生活を送らずに済んだとは思います。検察側の落としどころとしては、多少求刑を下げてでも実刑判決が欲しかったのかもしれません。

33 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/09/05(火) 06:38:25

「量刑不当」を理由に控訴を行うため、「判決収監」された京都拘置所へ選任の弁護士を呼びつけましたが、ここでも弁護士は「力およばず申し訳ない」の一言もありません。私に宛てた封書の すべては、敬称が「万次郎様」ではなく「万次郎殿」としてあり、最初から最後まで不快な思いをしました (ひょっとしてこれが一般的で、私の方がおかしい?)。弁護士は「最近の詐欺事件では被害総額が100万円や1,000万円でも普通に2、3年を超える実刑判決が出てい ます。そもそもあなたの場合、巨額詐欺事件の括りとしては求刑自体が軽すぎるくらい」と、筋違いとも思える弁明。結局のところ、控訴をしても 大阪高裁で執行猶予がもらえる可能性は極めて低く、我々にはこれ以上”情状”を良くする材料が残されていないとのことでした。ただ、大阪高裁に控訴した結果、量刑なら下がる可能性はあるらしく、私も娑婆でやり残した仕事がいくつかあった ため、「控訴趣意書の提出後、保釈が認められれば裁判続行、保釈の申請が却下されれば控訴は取り下げ」という方向で弁護士と合意しました。裁判は前回と は別件扱いになるため、改めて別途の着手金が必要になるとのこと(笑)。結果、検察側の意向で保釈申請が却下されたため、私は控訴を取り下げ 、刑が確定しました。未決拘留者から受刑者へと「資格異動」したのが3月3日、ここで満期はちょっと言いたくないのですが、まぁ、来年の秋冬 辺りだと思っていてください。トリノオリンピックは観られませんでしたし、ドイツワールドカップも残念ながら娑婆では観られないわけですが、次の超人オリンピックまでには 出所が間に合うと思います(何)。

ビジネスの世界とサッカーというスポーツには非常に良く似た共通点があります。サッカーでは規則(ルール)の範囲内で反則スレスレのプレーでしのぎを削り合い、或いは反則を犯しても審判に見つかりさえしなければ良い、それも技術の1つという考え方が一般的です。反則を一度も犯したことがないスタープレイヤーなど実際にも存在しません。今流行りの品格や武士道とは根本の精神から違うのです。経営者(起業家)とサッカーの司令塔とでは、クリエイティビティ(創造性)を求められる点でも良く似ています。 例えば私などはとっても勇み足なファンタジスタで、「ナイスアイディーア!(ウイニングイレブン実況風)」なスペースを見つけては、条件反射 的に無茶なキラーパスでオフサイドを連発するような人生でした。今回の事件も「ファウル(行政による排除勧告)を取られるかも」というような未必の故意はありましたが、イエローカード(罰金・執行猶予)どころか一発退場のレッドカード(実刑判決)をもらうなどとは夢にも思ってもいませんでした。今回のことは私なりに十分な反省をしているのですが、例えば「節税が脱税か?」の見解の違いなど、今後の人生でもファウルを取られる可能性がまったくないとは言い切れません。先のWBC(ワールドカップベースボールクラシック)でも 、勝敗(人生)を大きく左右するようなミスジャッジ(誤審)が話題になりましたし、そういったペナルティを受けるのが嫌ならピッチを降りてサポーター側に回るしかないと思っています。さらに分かりやすい例えで言うと、運転免許だけとって実際に車をまったく運転しないならば、誰だってゴールドの優良ドライバーになれるのと同じ理屈でしょうか。

34 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/09/05(火) 06:39:29

つい先日、財団法人矯正協会が発行する新聞『人』の5月号が我が独居房に回覧されて来ました。主に「刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律」の改正内容についての説明が書かれていたのですが、「『面会時の録音・録画』を可能とする」などという見逃せない改悪内容も書かれていました。取り調べ中や公判中(未決)での面会中の録音であるなら、「当該事件での証拠隠滅の恐れ有り」という理由で話もまだ分かりますが、刑が確定したあとの親族との面会を録画するような行為は、これは明らかにプライバシー権の侵害で行き過ぎだと思います。最近の事件、情報管理にかかわる官の不祥事などを考えると、録画した受刑者とその家族の映像が誤ってネット上に流出しないとも限りません。新たな犯罪の未然防止を理由に挙げる人がいるかもしれませんが、これは服役中に外部へ指示するか出所後に指示、或いは自ら実行するかの違いでしかなく、やはり録画まで行う相応の理由は見当たりません。同じ理屈で考えるなら、例えば満10才を超えるすべての国民や在日外国人に対し、あらかじめ指紋の採取や毛髪(DNA)の提出を義務づけた方が、犯罪の防止や抑止の効果が期待出来ると思います。面会中の検閲は、重要だと思われる会話の内容を「接見簿」に手書きで記録する現在の方法で問題ないように思います。飲酒運転やヤミ金に対する厳罰化、刑務官による受刑者へのイジメ(殺人)が表面化して監獄法の一部が改正されたのをみても分かるように、法律はこれまで常に世論の後押しを受けて改正されて来ました。政治家の先生方は民主党の河村たかし議員のようにポイントを稼ぐチャンスだと思います。受刑者の面会の可視化(録音・録画)よりも取り調べの可視化を急ぐよう、「日弁連」やNPO法人「監獄人権センター」と協力して提言すべきです。

「ビッグコミックスピリッツ」で連載中の漫画『逆風客室乗務員CAとお呼びっ!(花津ハナヨ)』が早くも7月にドラマ化されるみたいですね。「主演:観月ありさ」って、キャラそのままやんっ!この人も”キムタクの演技しか出来ないキムタク”と一緒で演技の幅が狭く、今後もずっと素の自分に近い役柄しか演じる気ないのかよって思います。石田衣良原作の『アキハバラ@DEEP』も深夜枠でドラマ化されるとか。「コミックバンチ」で連載中の漫画の方は面白いですが、あれを映像化して成功するのかどうか疑問です。同じ「コミックバンチ」の漫画なら『コンシェルジュ』の方がまだ連ドラ向きだと思います。他には『M.C.☆LAW』での「茶髪に弁護士バッチをピアス代わりに着ける少年(未成年)弁護士」という設定が、ビジュアル的になかなかオイシイですね。これこそジャニーズ辺りで構成しやすいのではないでしょうか?あと、まだ連載が始まったばかりですが、「ビッグコミックスピリッツ」連載の『SKIN(スキン)』という美容整形漫画は必ず一年以内にドラマ化され、「東大受験ブーム」ならぬ「美容整形ブーム」を巻き起こすと思います。これは『ドラゴン桜』や『はるか17』などのドラマ化を的中させて来た私が言うのだから間違いないです。漫画雑誌「モーニング」「アフタヌーン」「スピリッツ」が今だと群を抜いて面白い。親野智可等や石井裕之のコラムも説得力があるし勉強になります。「アフタヌーン」の『げんしけん』の連載が7月号で終了するのは残念ですが、「週刊少年マガジン」から移ってきた『ヴィンランド・サガ』が勢いがあるので期待しています。
2ちゃんねるの「ニュース速報」、韓国の「オーマイニュース」、それに「ブログ(コメント欄)」を加えて3で割ったような内容を目指し、逮捕前に下記のような自前の掲示板を作ってみましたが、塀の中に居てはそれを発展させる作業が行えないです(泣)。

女性アイドル画像掲示板
http://www.b-idol.com/bbs/
 
また来週!

35 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/09/07(木) 04:25:22

【連載04回目】 2006年05月頃記載

対面営業能力を落とさないよう、「運動」の際はなるべく自分から積極的に他の受刑者へ話しかけるようにしています。資格や肩書き(ブランド)を持たない私にとって、スキルの劣化は死活問題だからです。今月24日の新法施行に伴い、房内に本を無制限に持ち込めるようになりました(今までは1日3冊まで)。この原稿と日記を早いこと終わらせて、『ウェブ進化論(梅田望夫)』『日本よ、再び(石原慎太郎)』ほか、たまっている週刊誌などを読み漁りたいと思っています。私の「前科者通信」に賛同してくれる受刑者も増えつつあり、出所後は「ポルシェ万次郎」で検索してみてくれるらしいです。私より刑期の長い人が殆どですけどね。タイトルは中国の「新華社通信」を文字ってるという説明はしましたっけ?自分の書き込みを覚えていないし、手元に複写保存をしていないのはちょっと不便ですね。通信のタイムラグや誤植についてもあらかじめご了承ください。

初犯なので仮釈放は早いと予想されますが、正確な時期については分かりかねているところです。所内でも諸説が流布されていて、ベテラン受刑者や刑務官の間でも意見が分かれるところですが、持ち込みの刑期を3分の2強ほど消化すれば対象になるという説が今のところ有力ではあります。それが正しければ、今からちょうど一年後くらいには自分でこの掲示板へカキコしている可能性があるかもしれません。この辺りの事情をハッキリ知っておきたいと思い、5月17日(水)付けで「分類統括」宛てに面接願(願せん)を提出しているのですが、官は余程多忙なのか、10日を過ぎた現在でも何の返答もありません。法務大臣に直接「情願」した方が回答は早いかもです。というか私の場合、在監中に何かやらかして仮釈放を人並みにもらえないのではないかと思うようになりました。

というのもつい先日の話なのですが、散髪係の老刑務官に「私は体力維持のため、室内で筋力トレーニングを行っています。この時期に入浴が週2回だと頭がかゆくなるので、今回の散髪はスキンヘッドでお願いします」と申し出たところ、「バリカンの刃が五厘までしかないから、それより短い髪型は無理や」との理由で却下され、その日の散髪は五厘刈りにしてもらうことになった。しかし良く考えてみると私は「自弁購入」により電気カミソリ(乾電池別売)を所持しており、これを使用すればスキンヘッドは実現可能な状況にありました。一応、内規(冊子「所内生活の心得」)に書かれた「理髪及びひげ剃り」という項目を確認したのですが、「スキンヘッドにしてはならない」というような文言の記載はありませんでしたので、途中で電池交換をしながらも一時間かけて頭をツルツルにしてしまいます。で、翌日はちょっとした騒ぎになってしまいました。何でも過去に、入浴時間(上限15分)中にT字カミソリを使ってスキンヘッドにし、頭が血だらけになって懲罰を受けた受刑者がいたらしく、別の内規「遵守事項」の「風紀を害する行為」に書かれた「文身を施し、又は髪もしくは眉を著しく特異な形に変えてはならない」に抵触する可能性があるらしいのです。これに違反したとされると、監獄法第59条(懲罰の要件)によって懲罰を科されることになりかねないので、早期の仮釈放を願っている私としては正直びびりましたね。その日の午前中にすぐさま取調室へ連行されたわけですが、「動機は単純に衛生目的であり、剃りあげてしまった方が頭皮を洗いやすくなると考えての行動です。私はヤクザやネオナチではありませんし、同囚受刑者に対する威力誇示や顕示欲などの意図はありません。以後、気を付けます。申し訳ございませんでした」と簡潔ながら必死の弁明。「入浴が週に2回だと、頭がかゆくなっても不思議ではないですよね?」「せやなぁ」「100年前の明治の時代ならともかく、日本の現代社会において世間並みの入浴回数とは決して言えませんよね?」「せやなぁ」「我々受刑者の髪型を五分刈り以下の短さにしているのは、懲罰的な意味合いもあれど、たぶんに衛生面を考慮してのことですよね?」「せやなぁ」「私の行動に不純な動機が無かったことはご理解いただけましたよね?」「せやなぁ」というような具合に”Yes”を誘導し、どうにかおとがめ無しという寛大な処分をいただくことが出来ました。今回は話の分かる刑務官が相手で良かったです。

36 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/09/07(木) 04:28:41

先週の「週刊プレイボーイ」23号に気になる特集記事が2つありました。それは『キン肉マンU世』で万太郎とカオスのツープラトン(マッスルドッキング)が決まるかどうかではなく、拘置所と刑務所についての話題です(笑)。1つ目は「ホリエモン式 拘置所ダイエット」なる記事。「3ヶ月で体重15kg減」が話題となっていますが、彼の場合は確信犯というか特異な例でして、自弁購入が認められる留置場や拘置所における多くの未決被収容者、特にガテン系やブルーカラーの場合、運動不足によるカロリー消費量の大幅減が原因で顔がパンパンになるくらいデブになって出所するのが普通です。「拘置所で出された食事は、とにかく全て美味しかったという思い出しかないですね(笑)」と佐藤優(外務省職員)も語っていましたが、それは東京拘置所が恵まれているだけだと思います。私には学校給食と大差はないというのが正直な感想ですね。また、東京拘置所のように冷暖房完備という行刑施設は珍しく、例えば私の収容されているこの京都拘置所の場合、室外機とストーブが設置されているのは刑務官やその他職員の滞在する廊下や室内のみとなります。

2つ目は「戸塚ヨットスクール校長、宣戦布告!」なる記事。戸塚宏氏へのインタビューの一部を下記に引用させてもらいます。

静岡刑務所は最低だった。所長以下、ホントにチンケなやつばかり。人格がものすごく低いんですよ。一番問題なのは、身分制度を強いて、刑務官が絶対的な権威で威張っていること。アレは単なる一役人にせにゃ。役人なんてただの奉仕者だって憲法にハッキリ書いてある。それが逆になって、我々を奉仕者にしている。これは公務員法違反の組織ですよ。それと・・・バカ。話どころか正論が通じない。競争がないし腐ってるし、なによりも受刑者の方が知的に上なんです。ドブネズミみたいな変な服はやめろ、夏に扇風機を入れろ、冬に暖かい格好をさせろと文句を言うと、それについて刑務所側は『所内規定だ』というだけ。こんな勝手な規定は健康で文化的な生活を保障した憲法に違反してます。刑務所では受刑者を1級〜4級に分けて待遇に差をつけてる。入った時は4級で、反抗もせずに過ごすと3級、2級と上がっていって、許可される面会とか手紙とかの数が違ってくる。私はずっと3級だったんだけど、ある時あまりにも刑務官の態度がひどいんで『国家賠償請求』の準備をし始めた。これは最終的には事情があり止めたんですが、そしたら止めた日に2級に昇格した。昇級や保釈をアメにして、受刑者を黙らせようとしてるんですね。刑務所の腐敗ぶりは徹底的にやらにゃならん。ムショ仲間にも『俺はやるから』って言って出て来たんでね。

37 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/09/07(木) 04:29:41

私もまあ、刑務官にチンケで人格が低い人間が多いとまでは思いませんが、身分制度的な空気は感じますね。入浴後、刑務官に対して「ありがとうございました」と頭を下げるベテラン受刑者は多いです。密入国してきた不良外国人ならともかく、今まで税金を納めてきた人間であればそこまでへりくだる必用はないと思います。「ドブネズミみたいな服」というのは居室内で着る舎房着のことでしょう(笑)。私は横縞のいかにもな囚人服じゃなくて良かったと思っていますが・・・・・・。正論が通じないというのは確かですね。私は幕末の吉田松陰が萩の牢屋で行った改革運動を見習って、所内生活の向上や改善を求めた提案を「企画首席」「第三統括」の責任者らに対して何度か面接を通じて行っているのですが、「君の言うことはいちいち正論だ。上と検討してみる」を繰り返すばかりで、残念ながら何一つ行動を起こす気は無いようです。

「回覧新聞の閲読時間が朝夕刊合わせて15分という設定は、教育的処遇上の見地から考えても不当に少なすぎる」と訴えると、「予算がない。時間延長を認めるだけの部数を確保出来ない」とかわされ、「それなら免業日(土・日。祝など)だけでも30分に設定してください。普段であれば作業をしている時間帯(8時間)を面行日なら回覧時間として利用出来るので、この案なら認めてもらえますよね?」と再度せまるも、「雑居の受刑者は一部屋(7〜8人)当たり30分しか閲読させてない。独居の君は恵まれている方や(だから文句言うな)」というような、論点のずれた切り返しをされる始末。「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」という条文が占領憲法(日本国憲法)の第25条「生存権」に明記されていますが、ゴキブリ(今のところまだ中型)や羽虫が発生しまくる所内環境は、とてもこれを保障しているとは言えないですね。領置金ゼロで一年以上もボーっと過ごしている独居房の未決拘留者なども、他で閲読済みの週刊誌を配布するなどして救ってあげて欲しいです。上流、中流、下流のヒエラルキーは必然ですが、これ以上、下流の再犯者や阿呆、生活保護者を増やしても、支配者層にメリットなんて無いですよ。自然環境問題と同じで、何とか生かさず殺さずで上手いことやって欲しいものです。

また、「昇級や保釈をアメにして」とありますが、これは仮釈放制度のことですね。先の「刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律」により、昇級に関しても「1級〜4級」が「2類〜5類」という具合に、名称や内容が若干変更されました。行刑施設のタイムスケジュールは施設ごとで異なりますが、うち京都拘置所の場合は夕食が16:40、朝食が翌朝7:20となっているので、夜中に目が覚めるととてもお腹が空くんですよね。さらに免業日の場合は起床時間が平日より40分遅れて7:40分に設定されるので、朝食の時間もズレて8:00となります。免業日も夕食の時間は平日と変わらず16:40のはずなのですが、職員らの都合で実際には16:00過ぎには「配食〜♪」の掛け声と共に配られます。なので、免業日は最大で16時間(16:00〜32:00)の断食、睡眠時間は10時間40分(21:00〜31:40)となり、これではドラッグ(眠剤)を飲まなければやっていけないですよ。大事なことなので繰り返しますが、夕食が16時で朝食は翌朝8時。刑の確定した既決の受刑者は未決拘留者の場合とは違い、自弁購入等による間食は一切無し出来ません。これが果たして本当に正常な生活習慣だと言えるのでしょうか。

新法施行に伴い、京都拘置所では6月1日から新聞を自費で購読出来るようになりましたが、通常紙の選択肢は「読売新聞」「京都新聞」の2紙しかありません。このインターネット全盛の時代に新聞代を支払うのは馬鹿らしいと思いつつも、京都新聞を購読しながら読売新聞を回覧閲読させてもらおうとしたのですが、「新聞を購読する受刑者には現在の読売新聞を回覧閲読させない」との規則を職員より聞いて驚きました。何の改善にもなってない!私は本来なら産経新聞が読みたいのです。未決拘留者は相変わらず自費で購読しない限り、新聞を読む機会を与えられていないのも改善しないといけません。ちなみに所内にはテレビも時計もありません。

38 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/09/07(木) 04:30:54

私は中学生の頃から住み込みで新聞配達をしていたのでよく分かるのですが、中に「折込広告」を挟まなくても良い新聞紙の塊を一施設(一箇所)に配達する手間なんて、作業としては容易いものです。エレベーターの無い市営団地の最上階(5階)のドアポストに一紙だけ配達する労力を考えれば、どれだけ楽な作業かと思います。「予算がない」などと言い訳する前に、例えば所内での必要数100部を月額10万円で施設が一括契約して割引してもらうなど、いくらでも良い方法は考えられるはずです。新聞販売所には部数の水増しのために本社から買わされている余剰分がいくらでも残っているのが現状ですし、購読受刑者の会計管理を行う人件費の方が余程予算を圧迫しているように思います。というか、新聞各社の方から更正及び教育を目的とする全国の行刑施設に対し、新聞の無償提供の申し出があっても良いくらいです。仮に一万部を行刑施設に無償提供した場合、社会への貢献度や公益性を対外的にアピールできますし、受刑者に対しては閲読を習慣づけることで出所後の継続購読に繋がる可能性まで考えられます。さらに最終的には総発行部数の大幅な増加で広告収入UPと、まさに一石三鳥で良いこと尽くめです。賢い人間がいないのか法律がそれを受け付けないのか、さてどちらでしょう?

歌手、元ちとせのサードアルバムがリリースされるらしいですが、ボーカルトラックが変になってないですか?以前の民謡のような歌い方、セカンドシングルの「この街」とか好きだったのですが・・・・・・。人気アニメ「エヴァンゲリオン」のハリウッドによる実写制作が順調に進んでいるようですが、宇多田ヒカルは主題歌に割り込んだり出来ますかね?全米で大コケした全曲英詞のアルバム、打ち込み全開で小室哲哉の大ファンな私としてはツボでした。彼女の最近の曲ではシンセサイザーのループとピコピコ電子音が全開のオケ、「KEEP TRYIN'」とか良いじゃないですか。「若くてそこそこのビジュアル」「完璧な英語の発音(当たり前か)」「洋楽のR&Bアーティストっぽいボーカル」「母が実は有名人」で大ブレイクした彼女ですが、もう少し作曲家としての才能も評価されるべきだと思います。ああ、そういえば筒美京平氏が褒めてましたかね。歌詞は相変わらず稚拙ですが、サードアルバム以降はそれもスタイルとして確立されてきたように思います。
それからアニメ「NANA」のエンディング、あのオリビア・ラフキンが歌っているらしいじゃないですか。彼女は実力あるので、そろそろブレイクして欲しいですね。「together now」「Dress me Up」は名曲ですよ。しかし『NANA』や『きせかえユカちゃん』、『ハチミツとクローバー』や『のだめカンタービレ』の続きが気になるからと いって、「クッキー」「月刊コーラス」「Kiss」などの少女漫画雑誌まで差し入れを頼むのは、さすがの私も気が引けます(笑)。「差し入れ屋」とかあれば便利ですよね。あと、「タバコとアルコールは毎日飲まなければならない」を教義とする、拘禁生活者ご用達の宗教法人とかあれば、その筋の人達から需要があるかも。そうそう、「黒魔術詐欺」みたいなのをそれっぽいサイト作ってやれば儲かりますよ。「殺人依頼」とは違い、仮に請け負ったところで実害がないので法には触れません。対象の生年月日とフルネームだけ教えてもらい、「呪い、強力なのをかけておきました」で即日入金。今なら「村上ファンドの人(村上世彰)に呪いをかけてください」みたいな依頼、阪神ファンの人からありそうでしょ?たまたま的中すればこれ幸いです(笑)。
また来週!

39 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/09/08(金) 00:56:19

【連載05回目】 2006年06月05日作成

連載第5号は作者都合により休載です。滋賀刑務所への移送が6月2日に言い渡され、本日6月5日付けで拘置所から刑務所へ移送となりました。というわけでかなりバタバタしています。あと、前回の「村上ファンドへの黒魔術」の効果は抜群でした(笑)。サッカーはオーストラリア戦が1-1の同点、クロアチア戦が2-1で負け、プラジル戦が3-0でやはり日本の負けとなり、結局W杯は自国内以外では一度も勝てていないという結果になると予想。感動をありがとう!ブラジルすげぇで終了しそうな予感。全部当たっていたら仮釈放決定でお願いします(笑)。

 

初出:マンスリー前科者通信 - ポルシェ万次郎の雑談掲示板

 


 

後記:最近では死刑囚のブログなんての も人気があるようですが、やはり私のこの企画については2ちゃんねると連動させた方が良かったですね。外部協力者との間の意思疎通が十分でなかったのも悔やまれます。

 

下記に京都拘置所で流れていたクラシックの名曲「月の光」「モルダウ」を貼らせてもらいましたので、私と同じ京拘出身の方は存分に塀の中での生活を懐かしんでください(笑)。

 

 

クロード・ドビュッシー「月の光」:京都拘置所の就寝時に流れる曲

 

 

ベドルジハ・スメタナ「わが祖国」(交響詩「モルダウ」):京都拘置所の起床時に流れる曲

 

最近「週刊新潮」などの特集記事により、新聞各社の「押し紙」の問題が注目を集めていますが、この件については私も文中でいくつか触れていますね。新聞の売上低迷は活字離れなどでは決してなく、単なる紙媒体離れというのが正確なところでしょう。偏向や捏造のオンパレードな既存の大マスコミ(オールドメディア、レガシーメディア)が影響力を失うことは、日本の国益という観点からは大変なプラスになると個人的には思います。日本悲観論で不況を過剰に煽ったツケを払わされる形となり、これぞまさに自業自得ですね。高級ブランド品の日本での市場規模がかつての二分の一だとかで、新聞の件と合わせて何処か”メシウマ”な感じがします。。。三橋貴明氏の『マスゴミ崩壊 〜さらばレガシーメディア〜』がお奨めです。

 

【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 2

 

記事の作成日:平成21年9月29日

 

●刑務所コラム 目次

 

 【保釈後】 半年間の勾留より保釈・逮捕の経緯

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 1

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 2

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 3

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 4

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 1

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 2

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 3

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 4

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 5

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 6

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 7

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 8

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 9

 

 【仮釈後】 出所後の新生活と刑務所ボケ・保護司

 

 【満期後】 刑期満了で社会復帰!日記とか色々

 

 【おまけ】 獄中短歌(法務省発行の新聞「人」より)

 

 【おまけ】 刑事施設(行刑施設)、収容分類級一覧

 

週刊プレイボーイ 刑務所特集 1/2 週刊プレイボーイ 刑務所特集 2/2 BUBUKA 小室哲哉逮捕特集

 

金融裏情報 ゼンキュウレンクレジットカードのショッピング枠を現金化 アイエンス

弁護士費用や被害弁済費用、保釈保証金などのご用立てには消費者金融の虎が便利。中でもコラムは必見!限度枠がいっぱいで借りられない方は上記バナーをクリック♪

 

Copyright (C) 2009 前科者通信 All Rights Reserved.

 

[PR] 女性アイドル画像グラビアアイドル画像AV女優・アダルトビデオ画像オンラインゲームパチプロパチンコ漫画評論小室哲哉