前科者通信 〜ポルシェ万次郎の刑務所日記〜

 

拘置所や刑務所など、塀の中(ムショ)での生活を明かした監獄情報サイトの決定版!受刑者家族への助言や出所後の再会掲示板など。

 

ポルシェ万次郎 プロフィール / 前科者通信刑務所コラム / 前科者通信刑務所ブログ / 前科者通信刑務所情報掲示板 / 前科者通信刑務所再会掲示板 / 前科者通信ポルシェ万次郎 運営サイト / 前科者通信

 

【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 4

 

※塀の中へ収監中の出来事をリアルタイムで手紙へ記し、それを塀の外で受信した外部協力者の手により私の運営する掲示板に代理投稿してもらうという企画でした。便箋に細かく書かれた私の文章をスキャナーに読ませる方法を取っていたようで、それによる誤字脱字、私の意図とは違った解釈の編集については、掲示板に代理投稿された初出のものより若干の加筆修正(荒しや宣伝カキコも記事ごとカット)を施しての転載となります。

 

62 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/09/29(金) 06:32:10
【連載21回目】 2006年09月24日作成

 

来月10月に現在の5類から4類へ進級出来るかどうか、今からとても楽しみな万次郎です。我が滋賀刑務所に限った話なのかどうかはよく分かりませんが、今年5月に新法が施行されたことにより、今後は刑期の長さで累進級の昇降を算出するのではなく、毎年4月と10月に進級が審査されるとのことです。4類に上がれば「4類集会」に参加出来、羊羹やスナック菓子が食べられるハズだったのですが、滋賀刑務所では来月から「4類集会」は廃止されるとのことで残念です。ただ、4類に上がれば手紙の発信回数が現状の月4回から月5回に増加となるので、来月10月は週が5週あることから、是非とも進級しておきたいなあと思っているこの頃です。

 

「読書の秋」だからという訳でもありませんが、最近の私は以前にも増してハードボイルドやミステリーを読み倒している感じですかね。残念ながら読んだ本の感想を書くスペースがないので、有名作家の著書を軽く採点だけ行いたいと思います。

東野圭吾『赤い指(9.0)』『悪意(4.0)』、横山秀夫『半落ち(9.0)』『動機(8.5)』『第三の時効(8.5)』『顔〜FACE〜(8.0)』『看守眼(8.0)』『臨場(7.5)』『ルパンの消息(6.0)』、馳星周『不夜城(8.5)』『不夜城〜鎮魂歌〜(8.0)』『不夜城〜長恨歌〜(8.0)』『漂流街(8.5)』『夜光虫(9.0)』『古惑仔〜チンピラ〜(8.5)』。ああ、5年半振りとなる新宿鮫シリーズの新巻『新宿鮫IX〜狼花〜』がようやく出たらしく、私も次の私本購入日にで買ってみる予定です。

動画共有サイトの最大手「YouTube(ユーチューブ)」ではアダルト動画の投稿を禁止している訳ですが、当然のように「PornoTube(ポルノチューブ)」なるサイトがオープンして支持を集めているようです。いつの時も新技術は軍事目的で開発され、ポルノ目的で普及するケースが殆どだったりします。

 

「国歌・国旗の強制は違憲」との判決を東京地裁が出したと、9月22日付けの読売新聞朝刊にありました。こんな非常識な国家が世界で尊敬される訳がないですよ。

自民党の総裁選挙は”あべしっ!”じゃないや、安倍氏の勝利となりましたね。新内閣の官房長官は町村氏、外相は麻生氏辺りで決まりでしょうか。麻生氏は『〜島耕作』『のだめカンタービレ』が好きなどと漫画好きを公言していることもあり、ネット上のアンケートではダントツの人気を誇っているようです。「自衛隊の給水車に『キャプテン翼』のイラストをペイントして出動したら、イラクの現地でも大人気で何処からも攻撃を受けなかった。日の丸より効果がある」との麻生氏の発言や、「3J(漫画・音楽・ファッション)」という文化外交論も何気に素晴らしいと私は思います。

滋賀刑務所では土日祝に限り、NHK大相撲をテレビ放送してくれています(土日祝以外の日はラジオ放送)。モンゴル人横綱の朝青龍が負ける度に座布団が乱舞するのですが、あれはお行儀が悪いというか非常にお下品な感じがするので、観客席の人達にはもう少し自重して欲しいと思います。あと、土俵の下にマットを敷くであるとか、或いは肘や膝にプロテクターを付けるなどすれば、怪我で休場する力士も現在より減少しそうな気がします。そういう予防措置は駄目なのでしょうか。

今週は運動会の練習(リレー、玉入れ、ムカデ競争、応援合戦ほか)が忙しく、ソフトボールの紅白戦はやっていません。

 

また来週!

 

 

63 名前:モタ工場長 投稿日: 2006/10/01(日) 23:41:24
仮釈放期間も終わり、そしてやっとネット環境も整いました。
貯蓄がほとんど無かったので現在非常に苦しい生活をしています。
刑務所を一歩出ると刑務所の事は忘れるというのを聞きましたが、自分が出所してみてこの言葉は本当だなというのを実感しました。
ポル万の事は忘れたりしないので安心してくだい。
ところでポル万の過去のカキコを読んでいこうと思ったんですが、内容もついていけないしなにより長文なので全部読めません!
時間があればボチボチ読んでいこうと思います。
運動会の結果報告と秋のソフトボール大会の報告楽しみにしております。

 

 

64 名前:モタ工場長 投稿日: 2006/10/02(月) 00:00:53
追伸
娑婆に出るといろいろ忙しく本を読む時間が全然ありません・・・。塀の中ではあんなに読書していたのに、今は全く読書していません。
娑婆は忙しいなあと実感しています。
でもせっかくポル万が進めてくれたので、絶対読もうと思います。
Y.Sさんにもよろしくと言いたいのですが、これは手紙には書けないと思うので残念です。
一房の話は興味津々です。また何かあれば、書ける範囲でお願いします。

 

 

65 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/10/04(水) 15:57:46
【連載22回目】 2006年10月01日作成

 

体が引き締まって来たことが嬉しくて、大浴場や検身所などで裸になる際、パッション屋良の一発芸(筋肉芸)を繰り出して笑いを取っている万次郎です。逮捕時に75kgあった体重も、カロリー制限された所内での規則正しい食生活のおかげで、なんと62kgにまで落ちましたからね。まぁ、ズボンのウエストサイズが合わなくなるので、出所後は甘い物を食べまくって、70kg弱くらいまで体重を戻す予定ではいます。特に減量を意識してご飯を残したりとかはしていないのですが、やはり10月11日(水)開催の運動会に向け、毎日のように走り込みを行っている成果が出ているのだと思います。

私は1,000mリレー(200mX5人)で2番手を走ることになったのですが、この2番手という順番が個人的には一番”オイシイ”のではないかと思っています。1番手というのは他の走者との差が付いていない状態から一斉にスタートするため、どのような順位で帰って来るにせよ、次の2番手にバトンを渡した時点で各走者にそんなに差は付いていないと思うんですね。1番手が1位で帰って来たならそのまま逃げ切るまでですが、1位以外の順位で帰って来た場合は一気にごぼう抜き出来る機会、つまり”見せ場”が生まれるので、やはり2番手を走る選手は”オイシイ”と言えます。実際に私は中学校の時のクラブ対抗リレー(200mX4人)で2番手を走り、前を走る2人をごぼう抜きして自分の所属する野球部を優勝に導いていますしね・・・・・・って、こんな偉そうなこと言っておいて失敗とかしちゃわないか心配ですが、本番のプレッシャーなら法廷での検察による反対尋問を上回るシチュエーション(執行猶予と実刑が紙一重のバランス)はそうはなさそうなので、これが原因でパフォーマンスを下げるような心配はなさそうです。

 

9月26日(火)、奈良少女誘拐殺人事件の小林薫に死刑判決が出されました。彼は一人しか殺していない訳ですが、今回の死刑判決については英断だったと思います。しかしながら、死刑の次に重い量刑が無期(とはいっても十数年で仮釈放)というのは、どうみもバランスが悪くないですかね?ヨーロッパの先進国のように終身刑を用意すれば良いとも思えないですが、昔と比べて人の平均寿命なんかもはるかに長くなった訳ですし、行刑施設内の「炊場(炊事作業に従事する工場)」に従事する被収容者以外、毎日入浴させてもらえていない現状を一つ見てもそうですが、何かもう法律自体が古すぎるように思いますね。ちなみに小林被告は「前刑」の際、我が滋賀刑務所の六工場で働いていたらしいです。

SNSの「mixi(ミクシィ)」人気に便乗し、「sexii(セクシィ)」やら「nixii(肉シィ)」なるアダルト系のSNSが一部で支持されているそうです。こういう”スキマ”を狙っていくベンチャー精神、チャレンジ精神は素晴らしいと思います。SNSは日本で始まったネットサービスではありませんし、他の日本以外のインターネット後進国へ持ち込み、同じようなネットサービスをいちいち展開するといったビジネスモデルも面白いかもしれません。タイ辺りへ移り住み、アフィリエイトで先進国の通過(円、ドル)を稼ぎながら、別の副業として現地語でのSNS普及に努めるとか。そういった国境を越えた展開がWEB2.0時代の新しい生き方だと思います。

私の被収容者としての属性が、収監当初の「未決拘留者」から現在の「受刑者」へと資格異動したのが今年の3月なので、来年の5月に仮釈放を貰えると計算したならば、現在の10月はちょうど折り返し地点となるわけですね。塀の中での生活も残りあと半分ですよ、半分!滋賀刑務所のような初犯刑務所の受刑者は、塀の中でいつもこんな計算ばかりやってます(笑)。

阪神タイガースが9連勝し、一時は首位の中日に2ゲーム差まで迫りました。ここ数年は毎年思うことですが、中日が優勝したところで経済効果はたかが知れている訳ですし、日本や関西の景気のためにも阪神タイガースにはぜひ優勝して欲しいと願っています。

 

また来週!

 

 

66 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/10/17(火) 02:41:05
【連載23回目】 2006年10月09日作成

 

10月度より「優遇者措置」が飛び級で5類から一気に3類にまで上がり、かなり喜んでいる万次郎です。それと同時に、生まれて初めて「インキン」なるものを染され、かなり悲しんでいる万次郎です(涙)。いえ、塀の中の世界ではインキンや水虫(どちらも同じ白癬菌)を染されることくらい日常茶飯事らしいですし、取材をする側の人間としてはネタ的にオイシイとすら言えるのですが、この切なくてやりきれない気持ちは何なのでしょう・・・・・・。インキンというものは発症の初期段階において、通称「チンキ」と呼ばれる消毒液をおタマタマに振りかけることで簡単に治る病気ではあるのですが、私の場合は太股の付け根のみに発症した赤い湿疹のようなものを「汗疹(アセモ)」だと思い込んでいたために治療が遅れ(約半月放置)、痒くて寝れなくなるくらいまで症状を悪化させることになってしまいました。感染ルートとしては大浴場の椅子からだと思います。「検身番号35番の他の工場の奴、出て来い!ヽ(`Д´)ノ」って感じですよっ(怒)。

運動会では大トリの1,000mリレー(200m×5人)に加え、私は200m走(各工場で2名ずつ選抜)にも出走することになりました。ただ、雨天が長く続いたために、9月29日(金)以来、外で運動させてもらっていないので、本番当日に全力疾走して太モモが「ピキーン!」って肉離れを起こさないか心配です。「♪行け行け万次〜!Go Go 四工〜!」みたいな応援歌も作ってもらっているので、一位で帰って来れるよう頑張りたいと思います。

今日は祝日「体育の日」ということで、森永のチョコレート「DARS(ダース)」が我々受刑者に配られました。個人的には明治の板チョコの方が良かったです。そういえば書き忘れていましたが、9月23日(土)の祝日「秋分の日」にも、ちゃんと「特食」として月見団子が配られています。定期的に盆踊り大会や運動会のようなイベントがあったり、祝日にはオヤツが出て来たり、こうして見ると懲役生活も楽しそうに見えますでしょうか?ネットが出来て就寝時間が自由で、罰金を納めるなどで刑務作業を免除してもらえるのなら、もう少し塀の中で生活しても良いかなあなどと思ったりすることもあります。何といっても家賃と食費が無料な訳ですし、これらの環境と引き換えであるなら残刑期が倍に伸びても良いとすら思います。

ただ、多くの受刑者は自覚がないようですが、塀の中にいる期間が長ければ長いほど、娑婆で頑張っている連中とは決定的に差が広がり、いわゆる「負け組」の指数が上がって行くんですよね。もう少し官が受刑者の資格や免許の取得に力を入れない限り、この「負のスパイラル」を改善することは出来ないと思います。行刑施設内でのイベントも良いですが、どうせなら全国規模でのソフトボールや陸上の大会を開いて欲しいです。私もここまで来たら「日本で一番足の速い受刑者」を目指したいですね。

 

 

67 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/10/17(火) 02:42:12
人生のアウトローや底辺を生きる者に対しては”個”としての自信や尊厳を取り戻させることが重要です。更正可能と認められる対象がいるのにもかかわらず適切なプログラムを施さないということは、やはり社会全体の損失だと私は思います。個人的には情報処理への職業訓練の申し込みを認めてもらえなかったことが非常に腹立たしいですし、小型四級船舶や自動二輪の免許を取得出来る環境を用意して欲しいと思っています。塀の中へ落ちるような人間は特にガテン系の比率が高いので、大型や特殊といった自動車免許を取得させることが有効だと思います。働く気のないニートへの対策やその天下り団体に国民の血税を使うよりも、受刑者の更生を名目とした職業訓練に予算を割いた方が、確実に世の中のためになるし理解も得られると思います。

 

優越や劣等といった感情があるからこそ人間は成長出来る訳ですが、「勝ち組」「負け組」といった表現が示すように、「幸せ」「不幸せ」の概念は「他人と比べて自分の状況はどうであるか?」というような、相対的な価値判断により決定付けられると私は考えています。一日辺りの収入が世界でも上位にランクインするような先進国の国民であったとして、周囲と比較して極端な収入の格差があるなら幸福感は得られ難いでしょう。テクノロジーの進歩により、我々の生活は昔と比べて格段に便利になりました。貧困の問題とはいっても、この日本に住んでいる限り飢え死にする心配はありません。それなのに国内で年間3万人もの自殺者が出るのは何故なのでしょう。昔と比べて暮らしやすくなったにもかかわらず、やはり格差によって「不幸せ」を自覚したからに他なりません。

更正意欲や勤労意欲、向上心や規範意識の高い一部の受刑者に対し、出所してから何の役にも立たないようなルーティンワーク(単純作業、流れ作業)を毎日強制するのはやめるべきでしょう。図書や新聞の自弁購入についても、冊数や種別の上限を設けるのはナンセンスだと思います。刑罰を与えるばかりの刑務所の現状は、現代の「愚民化政策」と言わざるを得ないです。

10月の「今月の生活目標」は、「節度ある動作を励行する」「作業安全衛生心得を厳守する」となっていますが、これはちょっと抽象的すぎて意味不明な感じです。刑務所の中のことは、『刑務所で泣くやつ、笑うやつ』『刑務所の中(漫画)』といった本が物語形式で読みやすいかと思います。

 

ここで最近読んだ石田衣良の小説を採点。『東京DOLL(8.5)』『スローグッドバイ(7.5)』『ブルータワー(7.0)』。登場人物の魅力に欠け、感情移入し難いものが多かったです。もう少し硬派な経済小説などを書いてみたらどうでしょうか。と、私は以下のような本ばかり購入しているので、同囚受刑者らの間では誤解されて「右翼」とか呼ばれています・・・・・・。櫻井よしこ『この国を、なぜ、愛せないのか(8.0)』、渡部昇一『反日に勝つ昭和史の常識(9.0)』、清水馨八郎『侵略の世界史(9.0)』。井沢元彦の『逆説の日本史シリーズ』は、11巻の戦国乱世編『朝鮮出兵と秀吉の謎』が特に面白くてお奨めです。以前にここで紹介した『大東亜戦争の正体(10.0)』『中国は日本を併合する(9.5)』は必読です!

来週の運動会の結果報告をお楽しみに。

 

 

68 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/10/25(水) 15:10:19
【連載24回目】 2006年10月15日作成

 

我が滋賀刑務所では各舎房にチャンネルの選択権はなく、テレビ放送の視聴プログラムは官が強制的に選択する訳ですが、今クールの所内のドラマ放送枠が「のだめカンタービレ」ではなく、「セーラー服と機関銃」だと知ってガックリ来ている万次郎です。いえ、長澤まさみは嫌いではないですよ。身長や顔の造りがデカいのが少々惜しいだけで、沢尻エリカや宮崎あおいらと共に、将来を大いに期待できる女優だと思っています。

「のだめカンタービレ」は漫画原作の方をこのコラムで何度か紹介していますが、主要キャラのボケとツッコミの役割分担がしっかりとなされていて、腹がよじれそうになるくらい面白いです。ただ、舞台を日本からフランス(パリ)へ移してからは、その面白さもかなりパワーダウンした感じではあります。そういえばこの「のだめ〜」、今度はアニメ化されるとの情報もありました。ドラマの配役はのだめ役に上野樹里、千秋真一役に玉木宏、シュトレーゼマン(ミルヒ)役に竹中直人と、どれもハマリ役ばかりだと思います。もっとも、シュトレーゼマンは本来、ドイツ人の設定だったと思うのですが・・・。ちなみに「のだめ」とは主人公:野田恵のニックネームのことで、「カンタービレ」とは音楽用語で「歌うように」を意味します。普段から漫画博士(オタク)としても知られており、舎房でも『のだめ〜』の最新巻を所持している私はこのタイトルの由来について、同囚受刑者らから何度も質問されていたりします。

10月11日(水)に開催される予定だった所内の運動会は、雨天のために10月19日(木)へと延期になりました。それはまあ良いのですが、19日にも雨が降った際は今年の運動会自体が中止となるらしく、「それはちょっと母ちゃんカンベン!」といった感じです。

今月から優遇措置が5類から3類に上がったことで、面会の回数は月2回から月3回に、手紙の発信回数は月4回から月5回に上限が増えました。ちなみに身元引受人や外部の人間からの面会や手紙の受け取りは、その回数が多ければ多いほど仮釈放の決定に多少有利だなんて噂されていたり・・・・・・。とりあえず来週は2・3類集会が予定されているので、集会用のお菓子が食べられることを今から楽しみにしています。いい歳したイカツいおっさんらが、お菓子の一つや二つで大騒ぎする様は、何処か滑稽ですらありますけどね(笑)。

ダウ平均が初めて1万1,900ドル台を突破したようです。この影響により、日経平均も5ヶ月振りに1万6,500円台にまで回復しました。中間決算発表後には1万7,000円台にまで上がりそうな勢いです。塀の中だと景気の回復なんて全然実感できないですけどね。景気の良い話といえば、グーグルがユーチューブを16.5億ドルで買収すると発表しました。ユーチューブの創設者らはこれで億万長者となる訳ですが、莫大なサーバ維持費や回線費が発生する動画の無料配信で、グーグルが一体どうやって収益を確保していくのかが興味深く、今後の動きに注目したいと思います。マイクロソフトのビル・ゲイツなんて、「何であんなもの(ユーチューブのようなローテク)がうちで作れなかったんだ!」と怒り心頭だったらしいです。

 

プロ野球で日本ハムが25年振りにリーグ優勝を決めましたが、何だか新庄という選手は神がかり的な強運を持っているとしか思えないです。このまま中日を破って日本一になっちゃいそうですね。松坂大輔のメジャーでのポスティング、20億円くらいの値は付くんじゃないかと思っています。イチローの時で14億円とかでしたっけね。こんな景気の良い話のあとに何ですが、私の9月度の作業報賞金は816円でした。安月給はまあ良いとして、仕事をもう少し選ばせて欲しいですよね。農業などの土弄りやキムチを漬けたりなど、地味なルーティンながら何気に独自性、創作性を発揮出来るような内容を作業を希望します。

最後に、最近ネットで大人気らしいリア・ディゾンちゃん(http://www.g-idol.com/ra/Leah_Dizon.htm)を紹介しながらお別れです(笑)。また来週!

 

 

69 名前:元上司 投稿日: 2006/10/28(土) 13:32:54
久々にカキコします。万次郎君はいつ頃出所できるのかな?実は私はこれから壮大なる計画にチャレンジする事になりました。その際にあなたの力を借りたいという気持ちがあります。あなたが掲示板の書き込みによる内容を閲覧させていただくとなにか力になってくれるのではないかと・・・私はあなたがよく知っている人物です。ヒントを言うとあえて・・・日本人です!!としかいえないかな?あなたならこの意味わかるとおもいますが、ところで万次郎君はいまだにパチンコ業界には興味がありますか?又カキコの返事まってます

 

 

70 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/11/04(土) 10:19:37
【連載25回目】 2006年10月22日作成

 

工場から舎房へと戻る帰り、検身所での検身動作の際にパンツの後ろ側を半分だけ降ろし、”半ケツ”状態のまま検身を受けるのがマイブームな万次郎です。パンツを完全に降ろしてしまっては、看守に「小票」を切られたり「取調べ」を受けさせられたりする恐れがあります。よって、私の後ろに並んで順番を待っている同囚にだけ見えるようにするための”半ケツ”です。舎房と工場との往復の間に不正な物品の持ち込ませないようにするため、検身所ではパンツ一丁で全身を調べられたうえ、自分の「称呼番号」を発したあとに口を大きく開ける動作を看守に対して行います(昔は全裸で”カンカン踊り”)。後ろで私の”半ケツ”を見せつけられている同囚のリアクションを思い浮かべると、検診動作の途中で吹き出しそうになってしまいます(笑)。看守には、「コイツ何でニヤけとんのや」と思われているかもしれません。

さて、10月19日(木)に所内で行われた運動会の結果報告をしなければいけませんね。大会当日は工場での作業も午前中のみで終了し、いつもより早めの昼食を摂って本番に備えました。開会式では国旗の掲揚と国歌の斉唱、所長と来賓の挨拶や選手宣誓が行われ、準備体操や休憩時間のBGMには、今年の6月に我が滋賀刑務所への営業・・・・・・じゃなかった、慰問に来てくれた「Paix2(ペペ)」の曲が流されました。ちなみに去年はOZONの「恋のマイアヒ」がエンドレスに流されたらしいです。

滋賀刑務所の運動会では、異なる工場同士の連合チームを含め、合計10チームにより優勝が競われます。最初の種目は私も出場する200m走で、各チームから選抜された逃げ足自慢(?)の2名の選手が4つのブロックに分かれ、一度に5名ずつが同時に走って順位を競うという単純明快なルールです。ただ、楕円形のトラック一周(200m)からは第三コーナーと第四コーナーが外されていたので、実際の距離は160mほどしかなかったように思います。で、一位には10点、二位には8点、三位には6点、四位には4点、五位には2点が加算されます。

 

私は最初のスタートダッシュで出遅れました・・・・・・というよりは、やはり他の選手が殆どフライング気味のスタートなんですね(笑)。短距離走であるにもかかわらず、コースは「セパレートコース」ではなく「オープンコース」となっているので、第一コーナーに入る時点で四番目を走っていた私は圧倒的に不利な状態にあります。しかし、前を走っていた選手の一人が転倒したのをきっかけに、大外から一気に二人を抜き去り二位に浮上します。先頭走者とでは勢いで私の方に分があるのは明らかでしたが、それでも前を走る選手をコーナーで差し交わすのは至難の技です。しかしながら、一位を確実視されていた同じ四工場のもう一人の選手Sさんが前走で三位だったこともあり、ここは何としても私が一位を取っておきたい場面。

第二コーナーを抜けてからはゴールまで一直線となります。私はゴール手前30mの地点でついに一位を走る選手と並びますが、このまま抜き去るかといった大事な場面で私の下半身は突然フラつき、バランスを崩してまさかの転倒(笑)。多分、全盛期のイメージに拘禁生活で衰えた体が付いて行けなかったでしょう。もうスピードによる派手な転倒であちこちに傷が出来るし、色々な意味で痛すぎですよ(涙)。結局、レース結果としては最下位となってしまった訳ですが、私はこれまでの人生において、トラック競技でこのような無様な順位というか、それ以前に一着以外の順位を取った経験がなかったので、ショックはかなり大きかったです。四工場の観客席へ戻ると、当然のように同囚らから非難や冷やかしの声を浴びましたが、私は最後に1,000mリレー(200m×5人)への出走も残っているので、これら非難もある程度の加減はしてくれているようではありました。。。

 

 

71 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/11/04(土) 10:21:31
後半のプログラムへ移る前に10分程度の休憩があり、マクドナルドのチーズバーガーとチキンナゲット、ソーピードというスポーツドリンクがグラウンド内で配られました。私は娑婆では普段、モスバーガー以外のハンバーガーを基本的に食べないのですが、刑務所の中ではどのような食べ物であっても美味しいと感じられます(マクドがモスに勝てるのはポテトだけ)。ちなみにナゲットの「不正授受」が何件かあり、このようなイベント日であるにもかかわらず、4、5人が挙げられたらしいです。

 

最終種目の1,000mリレー(200m×5人)で第二走者となる私は、第一走者のSさんから四着でバトンを受け取り、次の第三走者へはどうにか三着と、順位を一つ上げてバトンを手渡すことが出来ました。我が四工場の最終順位は5チーム中4位。もう少し上の着順を狙えると思っていたのですが、上には上がいたということですね。特に七工場のNさんにはどう頑張っても勝てるような気がせず、私も少々思い上がっていたというか、予想外の相手でした。四工場のその他の成績はというと、玉入れが一位、ウォーターリレーが二位と健闘し、ムカデ競争、綱引き、玉転がしなど の成績はあまり振るいませんでした。

考査期間の時から舎房が一緒だった、四工場でも同じ舎房だったNさんが運動会当日に「希望寮(釈前寮)」へ上がってしまったため、この場を借りて運動会の報告をさせてもらいたいと思います。希望寮へ上がったということはもうすぐ仮釈放されるということなので、モタ工場長さんのようにBBSへカキコしてくれることを期待したいです。

四工場が一位となった玉入れは、地味な種目でありながら他のどの工場よりも力を入れて練習したことが功を奏したのだと思います。綱引きは身長2mの”巨神兵”なTさん(元相撲取り)を先頭に持って来てしまうなど、綱引き競技のセオリーを無視した誤った配置が敗因だと思われます。熱戦の結果、総合成績では七工場がダントツの点数で優勝を決め、四工場は二位の五工場とわずか2点差(奇数点が存在しないので実質1点差)の三位に終わり、滋賀刑務所での運動会は幕を降ろしました。

そしてこの日の最後、工場の食堂で終礼の際に突然、「ちょっとみんな聞いたって。万次から一言あるそうです」と計算工のMさんに話を振られます。「え〜、ぼくがズッコケたせいで2位を逃したという噂があるようですが、まったくその通りです。ホンマ、スンマセンでした」と皆の前で謝るハメに(笑)。「おまえ、二位と二馬身差つけて勝つとか言うとったやんけ!」「”満期願箋”を書いて、来年もう一回四工場で走れ!」などの声が上がったので、「来年は来賓で玉転がしに参加します」とか、適当に返しておきました・・・・・・。結果は散々でしたが、色々と盛り上がって楽しかったですね。

 

つい先日、二・三類集会に初めて参加することが出来ました。今回配られたお菓子は、ポテトチップスとドラ焼き、そしてサントリー「BOSS」の缶コーヒー。久しぶりに飲んだ缶コーヒーは思った以上に濃い味がして、意外なほど美味しかったです。

16日(月)付けの読売新聞朝刊によると、中川昭一氏(自民)が「日本の核武装(保有)の議論もされるべき」などとテレビの番組内で発言したことに対し、小沢一郎氏(民主)が「とんでもない話」として抗議の声を上げているとのことです。「非核三原則」は条約でも何でもありませんし、防衛上必要が認められれば憲法の改正などせずとも日本は核兵器を保有することが可能です。周辺が核保有国ばかりとなった極東アジアにおいて、日本は世界中で最も核武装すべき国であるのに、議論自体をタブー視するマスコミの雰囲気はどうかと思います。

大沢在昌の話題作『新宿鮫9 狼花』が売れていますが、あれだけ伏線を張って期待感を煽っていた割りには、鮫ファンの私としても個人的にイマイチな内容でした。例によって点数をつけるなら、『新宿鮫1(9.0)』『新宿鮫2 毒猿(9.5)』『新宿鮫3 屍蘭(9.0)』『新宿鮫4 無間人形(9.5)』『新宿鮫5 炎蛹(10.0)』『新宿鮫6 氷舞(9.5)』『新宿鮫7 灰夜(8.5)』『新宿鮫8 風化水脈(10.0)』『新宿鮫9 (9.0)』といった具合です。しかしながら、大沢作品には鮫シリーズ以外にも、10点満点をあげられるものが10作品近くあったりします。それら作品の紹介はまたの機会に。ではでは。

 

 

72 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/11/13(月) 13:20:57
【連載26回目】 2006年10月29日作成

 

先日、「半年V(ブイ)」と呼ばれるワッペン(無事故章)を貰い、ベテラン工としての自覚が出てきた万次郎です。もっとも、無免許の受刑者にボイラーの操作をさせていた(29日付 けの読売新聞朝刊より)ことからも分かるように、行刑施設の安全意識レベルというのはあまり大したものではないのですが・・・・・・。 我が四工場の衛生夫Nさんなどは「三年V」を付けていたりしますが、無事故の期間が長く続けばそれだけ「仮釈放」の審査で有利になる らしいです。「事故」というのは文字通り作業時の事故である以外に、「小票」「取調べ」のことも指します。

 

来年のゴールデンウィーク辺りに「仮釈放」をもらえると計算したなら、刑期の残日数はだいたい半年くらいということになりますかね。 京都府は向日町刑務所の留置場での拘禁生活がちょうど半年くらいでしたが、あの時の方が精神的には断然辛かったですよ。「終わり(ゴール)」がいつなのか まったく検討がつかないうえ、身柄を拘束されていることでの数千万単位の経済的損失が頭の中をよぎり、そりゃあ頭の毛も抜けるって話です よ(笑)。

そうそう、来月に所内で開催される「工場対抗ソフトボール大会」に向け、応援団をやってくれている連中が私の応援歌を作ってくれたので 、下記に紹介したいと思います。

 

(キューティーハニーOPの替え歌で)

♪パソコンオタクの万次郎 オデコがまぶしい万次郎

♪こっちを向くなよ万次〜 だってまぶしい だってまぶしいんだもん

♪お願い〜 お願い〜 ズッコケないで〜 万次フラッシュ!!

 

えと、これって「応援歌」なんですかね(汗)。制作過程では「♪一発打ってよ万次〜」とかの肯定的なフレーズもあるにはあったらしいのですが、こ こまでネガティブだと「毒」と「ネタ」だけになり、応援歌としてバランス悪いと思います。いや、真面目な話・・・・・・。「♪ズッコケないで〜」というのは先日の運動会(200m走)でのことを言っているようですが、これも内輪ネタ過ぎて相手チームには理解できない (ウケない)と思います。あと、私はパソコンオタクやシステムエンジニアと呼ばれる対象に仕事を外注することこそあれ、私自身はそう いった人種にカテゴライズされるほどの専門性やプログラム知識を有していないという認識です。塀の中のコミュニティではインターネット未経験者の「ガテン系」ばかりなので、私 のようなタイプの者はどうしてもマイノリティにならざるを得ないです。

インターネットに触れた経験が乏しく、「ネット情報なんて信用出来んの?」と考える人間が塀の中では大勢いますが、少なくともメディアリテラシー能力ではネット言論に優るものはないと断言することが出来ます。 「ネットは匿名なので無責任な発言だらけ」と考える識者もいますが、匿名であるが故に実社会での地位などで説得力を持たせる方法が取れず、結果としてきちんとした情報ソースや数字を示す必要が出て来ます。また、大マスコミがテレビや新聞 などで情報操作(印象操作、歪曲・偏向報道)を行えば、たちまちネット上で批判や検証の対象とされる時代になりました。ネットの世界で経済活動をする 者の一人としては、今の地上波放送は低俗すぎるので、CMスキップされまくって潰れてしまえとすら思います。テレビからの広告収入が成立しなくなってしまえば、その分だけネットでの広告価値が上が りますしね。さらに、情報操作などを行うテレビ局は放送免許を剥奪されるべきですし、発行部数を詐称する新聞社へは刑事罰を与えるべきだとも思います。発行部数を偽って金品(折込 広告料)を詐取したなら、それはやはり「詐欺罪」になるのではないでしょうか。

 

舎房には当然のことながらPCが置かれていないので、分からない漢字や事柄は「辞書」や「知恵蔵」などというアナログなツールを使って調べなくてはいけなく、かなり不便な思いをしています。毎週手書きで文章を作成するのも辛い作業ですね。ネットに繋 いでくれとまではさすがに言いませんが、せめてワープロの使用くらいは認められる環境にして欲しいです。 むしろ受刑者には職業訓練を兼ね、希望する者には積極的にキーボードの使用を推進すべきだと思います。

 

 

73 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/11/13(月) 13:21:58
さて、今月は30日までしかありませんし、祝日が2日もあるので気分的には楽勝ですね。しかも、11月1日(水)は「開庁免業日」ということで、工場での作業は休み というオマケ付き。毎月第一、三水曜日は教育的処遇日として、舎房でそれ用のVTR(「その時、歴史が動いた」系の教養番組)を観たり 、小説(週刊誌や漫画は禁止)を読んだりするなどして過ごすことになっています。第三水曜日の開庁免業日には「二・三類集会」もあるら しく、それも今からとても楽しみです。このような休日を楽しみに毎日を過ごす発想は、サラリーマン的というか学生時代を思い出すというか、 何だかひどく懐かしい感じはしますかね。「次の休憩時間まであと何分」「次の休日まであと何日」とか気にしながら、 工場で毎日洗濯機のツリボウ(三洋電機製)をライン作業により製作しています。「何故に一日はたったの24時間しかないのか ・・・・・・」「コピーロボット(by『パーマン』)が5台あれば・・・・・・」 「暇を潰しながら生きている人間の時間をお金で購入出来たなら・・・・・・」などと考えていた頃とはえらい違いで 、感覚的としては時間の密度が3倍くらい違うかもしれません。

 

「官本」に芥川賞作家の綿矢りさと金原ひとみの著書があったので読んでみました。採点としては次の通り。『インストール(4.0) 』『アッシュベイビー(3.5)』。以下、「本を読まない人達の中のベストセラー作家」と呼ばれるYoshiの著書もついでに採点。 『DEEP LOVE 1(2.5)』『DEEP LOVE 2(2.5)』『DEEP LOVE 3(1.0)』『もっと生きたい(2.0)』。Yoshiの本は何故か塀の中でも人気があるので、この場で悪口はちょっと言い辛いです (笑)。著者はその昔ホストでもしていたのか、『DEEP LOVE 2』は比較的その世界の描写がまともだったように思います。

 

週刊誌では「週刊実話」「週刊大衆」「アサヒ芸能」のようなオッサン雑誌が人気ですし、「ドキュメント」「ナックルズ」といったアンダーグラウンド 系の雑誌も、塀の中に限ってはやはり不動の人気を誇っています。「アサヒ芸能」は思想が右寄りな勝谷誠彦 (ただし右翼からは左翼と言われている)と左寄りな井筒監督が、同じ誌面で毒のあるコラムを発表しているのが面白いですね。まあ、あの雑誌の読み物で一番面白いのは、今井舞の「TV時評どくダネ」 でしょう。ついでに紹介させてもらうと、オピニオン誌「SAPIO(サピオ)掲載の大前研一のコラム「『最強のビジネスマン』講座」は、情報として非常に参考になる上に、メチャ面白いのでオススメです。

 

『強殖装甲ガイバー 24巻』『ベルセルク 31巻』『ヴィンランド・サガ 3巻』『のだめカンタービレ 16巻』などの漫画の新巻を入手したいのですが、我が滋賀刑務所では注文してから受け取りまでに一ヶ月以上もかかるため、 タイムラグが大き過ぎて不便なのです。これら図書については塀の外から差し入れてもらったりなどもあるのですが、どうも外部との連絡がスムーズにいかず、単行本や雑誌のタイトルが 自弁購入と差し入れとでしょっちゅう被ってしまいます。この掲示板のレスの状態なんかも、外部からの手紙の連絡が途絶えているので、実はよく分かっていないのです。 タイムリーに返事出来なくて済みません。そもそも、この文章を毎週読んでもらえているのかも疑問だったりで・・・・・・。ああ、私は筆圧が かなり強いので、ボールペンを持つ右手が痛いです。

 

では、この辺で。また来週!

 

 

74 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/11/13(月) 14:23:11
【連載27回目】 2006年11月05日作成

 

さて、このコラム、長文かつ難解なので読みにくいという意見が結構あるらしく、以降はもう少し短く簡潔に書いていきたいと思います。自分ではパカっぽく楽しく書いて来たつもりなのですが、レスもあまりないようですしね。。。判決収監前の保釈期間を利用し、自分のサイト上でもっと獄中コラムのことを告知しておくべきだったのかもしれません。

所内でのソフトボール大会に備え、日々練習を頑張っています。キャッチボールでカーブを連投してしまい、肩と肘の調子が悪かったりです。私はかつて野球部だった中学生の頃もキャッチボールでカーブを投げ過ぎ、ついには誰からも相手をしてもらえなくなった苦い経験があります(笑)。ポジションはピッチャーという訳でもないのに、これがまたビックリするくらい球が曲がるんですよねー。最近は打撃の方が好調で、通算では28打数16安打。運動会の時みたく今度は戦犯にならないよう、四工場の五連覇を目指してチームの勝利に貢献したいと思います。

小説版の『プリズン・プレイク』を読んでいます。タイトルの意味は「脱獄」で、IQ200の弟が無実の兄(死刑囚)を助けるため、全身にタトゥーを挿れて兄と同じ刑務所へ収監されるというストーリーです。元はアメリカの人気ドラマだそうで、今ちょうど日本でも深夜に放送されているのではないでしょうか(未確認)。小説に挿入されているドラマでの写真を見ましたが、主人公の青年は男前ですよねー。登場人物の写真や小説を読んだ限り、雰囲気的に絶対面白いと確信しましたので、出所してからDVDを借りて観てみようと思います。

11月3日(金)の祝日(文化の日)には、「特食」としてチョコパイと紅茶が配られました。11月度の「今月の生活目標」は、「日常生活全般について」「省エネ対策について」となっています。抽象的過ぎてますます意味不明に。語尾は「〜について考える」とすべきでは?

11月2日(木)に同室のN氏が出所しました。掲示板での再会が楽しみです。また来週!

 

 

75 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/11/13(月) 14:47:25

>>63

>やっとネット環境も整いました。

 

おめでとうデス。ラグナロクオンラインも良いですが、私の運営するスペルバウンド(http:www.p-manjiro.com/spellbound/)も運営 が再開したみたいなので、ぜひ一度プレイしてみて下さい。

 

>>64

>Y.Sさんにもよろしくと言いたいのですが

 

Y.Sさんと元相撲取りのTさんが「手紙くれ!」って言ってましたよ(笑)。「先に出所するんやから、出たら手紙くれよ」と私も中でよく言われますが、「娑婆に出たらそんな暇はないので無理」とハッキリ断るようにしています。先に出た者は、塀の中のことなど忘れて一生懸命自分の生活を頑張るべきだと思いますね。

三房のIさんが新入りをイジメて(殴って)飛ばされました。古株だからといって既得権を独占したり、自分より一回りも年齢が上の人を相手に偉そうな態度をとるのはどうかと思います。まして「シャリ上げ(食べ物の搾取)」なんて最悪ですよ。

「一日でも早く仮釈放をもらうため、トラブルには巻き込まれないよう気を付ける」というのが塀の中での私の生活目標なので、「そりゃ違うだろ」と思うようなことがあっても極力彼らとは関わらないようにはしています。

 

>>69

>万次郎君はいつ頃出所できるのかな?

一応、平成19年5月頃を勝手に予定しています。「元上司」「日本人」「パチンコ業界」という条件を頭の中でサーチすると、対象はかなり少数に限定されますね。NさんかMさんじゃないでしょうか?壮大な計画には興味がありますが、お力になれるかどうかについてはまだ分かりません。自分の会社という「組織力」も「経済力」も今は失いましたし、引き受け可能な仕事のキャパシティにも限界があるような状態だったりです。

カキコお待ちしています ^^

 

 

76 名前:元上司 投稿日: 2006/11/14(火) 09:13:19

 

そうですか・・・かなり賠償とかあるのですか?まぁ個人的な事はともかく引き受け可能かどうかはあなたのヤル気しだいでは?とにもかくにもNもMも共同でがんばってますわ!

 

 

初出:マンスリー前科者通信 - ポルシェ万次郎の雑談掲示板

 


 

後記:このページの>>70-71の記事に、滋賀刑務所で開催された運動会についての様子が語れています。閉会式では毎年、唱歌「故郷(ふるさと)」を皆で歌ってフィナーレを迎えるのですが、あの名曲にある歌詞「兎(ウサギ)追いし かの山」を、「兎(ウサギ)美味し かの山」と間違えている同囚が多くて驚きました。「万次、ウサギ食ったことあるけ?あれ美味いんけ?」「うさぎにしろシカにしろ、そんなに美味いものでもなかったですが、意味が違いますよ(笑)」といった具合に・・・・・・。下記の通り、我々親不孝者にとっては考えさせられる、素晴らし く格調の高い歌詞なのに残念です。。。

 

兎 (うさぎ)追いし かの山
小鮒(こぶな)釣りし かの川
夢は今も めぐりて
忘れがたき 故郷(ふるさと)

如何(いか)に在(い)ます 父母(ちちはは)
恙(つつが)なしや 友がき
雨に風に つけても
思い出(い)ずる 故郷

志(こころざし)を はたして
いつの日にか 帰らん
山は青き 故郷
水は清き 故郷

 

故郷 (唱歌) / 作曲:岡野貞一 作詞:野辰之

 

この頃は私も大前研一氏の信者だったので、コラムでも氏の著書を結構取り上げていますね。今なら経済本を書く人だと三橋貴明、廣宮孝信、渡邉哲也、リチャード・クー、増田悦佐、日下公人らの著書が私の書棚には溢れています(敬称略)。マクロ経済やバランスシート不況についての解説があり、「国債をガンガン発行すべし(政府紙幣でも可)」「国債は”国の借金”などではなく”政府の負債”。つまりは”国民の資産”」「日本の経済や文化は素晴らしい」みたいな論調が好きなようです。

 

ページ最後にある「元上司」との掲示板でのやりとり、「あの素っ気ない対応はちょっと可哀想とちゃうか」と別の知人からあとで言われました(笑)。「ぜひお願いします!必ず連絡しますくらい言っとけよ」とも・・・・・・。出所してからはメールをいただいたので、すぐに電話をさせてもらいましたけどね。もう少しウェブサイトの運営で自慢できるコンテンツが出来れば直接会ってお酒でもご一緒したいですが、今のような中途半端な状況では心の底から羽目を外して楽しみたいとか、とてもそのような風な気持ちにはなれません。たとえばキャバクラへ行ったとして、 今の自分にはお店の女の子に対して何も誇れるものがありません。面白い話をしろと言われれば出来ますけど、私と仲良くなることのメリットを何も提示出来ないような感じですかねー。

 

【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 5

 

記事の作成日:平成21年10月26日

 

●刑務所コラム 目次

 

 【保釈後】 半年間の勾留より保釈・逮捕の経緯

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 1

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 2

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 3

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 4

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 1

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 2

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 3

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 4

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 5

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 6

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 7

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 8

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 9

 

 【仮釈後】 出所後の新生活と刑務所ボケ・保護司

 

 【満期後】 刑期満了で社会復帰!日記とか色々

 

 【おまけ】 獄中短歌(法務省発行の新聞「人」より)

 

 【おまけ】 刑事施設(行刑施設)、収容分類級一覧

 

週刊プレイボーイ 刑務所特集 1/2 週刊プレイボーイ 刑務所特集 2/2 BUBUKA 小室哲哉逮捕特集

 

金融裏情報 ゼンキュウレンクレジットカードのショッピング枠を現金化 アイエンス

弁護士費用や被害弁済費用、保釈保証金などのご用立てには消費者金融の虎が便利。中でもコラムは必見!限度枠がいっぱいで借りられない方は上記バナーをクリック♪

 

Copyright (C) 2009 前科者通信 All Rights Reserved.

 

[PR] 女性アイドル画像グラビアアイドル画像AV女優・アダルトビデオ画像オンラインゲームパチプロパチンコ漫画評論小室哲哉