前科者通信 〜ポルシェ万次郎の刑務所日記〜

 

拘置所や刑務所など、塀の中(ムショ)での生活を明かした監獄情報サイトの決定版!受刑者家族への助言や出所後の再会掲示板など。

 

ポルシェ万次郎 プロフィール / 前科者通信刑務所コラム / 前科者通信刑務所ブログ / 前科者通信刑務所情報掲示板 / 前科者通信刑務所再会掲示板 / 前科者通信ポルシェ万次郎 運営サイト / 前科者通信

 

【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 5

 

※塀の中へ収監中の出来事をリアルタイムで手紙へ記し、それを塀の外で受信した外部協力者の手により私の運営する掲示板に代理投稿してもらうという企画でした。便箋に細かく書かれた私の文章をスキャナーに読ませる方法を取っていたようで、それによる誤字脱字、私の意図とは違った解釈の編集については、掲示板に代理投稿された初出のものより若干の加筆修正(荒しや宣伝カキコも記事ごとカット)を施しての転載となります。

 

79 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/11/23(木) 09:16:00
【連載28回目】 2006年11月12日作成


いや〜、寒い日が続きますね。舎房で本を読んでいても、指先がだんだん冷たくなってくるので辛いですよ。我が滋賀刑務所には冷暖房が完備されておりません。まあ、職員(看守)らの部屋ではそんなこともないのでしょうけれど・・・・・・。これが新潟県や福井県の辺りまで行ってしまうと、暖房がちゃんと完備されていて冬は逆に快適らしいです。とにかく、11月の今でこのような寒さなのですから、今から先が思いやられますよ。

今週のソフトボールの成績は5打数2安打で、通算成績を33打数18安打にしました。2安打の内の1本はランニングホームランです。私の打順は5〜7番辺りに固定されそうな感じですが、客観的に考えて私のような足の速い野球経験者は、もう少し上位の打順にした方が良さ気ではありますかね。何故なら出塁した際も、打球やアウトカウントを常に計算に入れた一瞬の判断が求められるためです。遊びでチームを作るのなら話は別ですが、試合で勝ちに行こうと思ったら、やはり細かい点を精査してベストの布陣を作る必要があります。長打になった時に前を走るランナーを追い越しそうになること、私の場合は結構ありますしね。

さて、いよいよ来週の木曜日から工場対抗のソフトボール大会が始まります。大会とはいっても、外でのレクリエーション(休憩時間)、通称「外レク」の時間を利用し、リーグ戦(予戦)やトーナメント戦(本戦)を行うといったものです。別段、ソフトボール大会のための時間枠が設けられるという訳ではありません。それならいっそのこと、期間を長くしてペナントレースでもやった方が面白いかもしれませんね。「運動会での”A級戦犯”は万次や!」とか言っていた同囚受刑者がいますが、どうせ極東軍事裁判(東京裁判)でのA級戦犯とB・C級戦犯の分類上の違い、それらが等級の違いではないことについて、何も知らないで言っているのだと思います。塀の中のコミュニティで政治や宗教について論ずるのは危険なので、そのような会話は極力避けていますけどね。所内での番組放送のプログラム表によく書かれる「代替番組」のことを、ほぼ全員が「”だいかえ”番組」と言っていたりしますが、そういうのも「正確な読み方は”だいたい”でしょ」とは指摘しにくい雰囲気です(※厳密にはどちらでも間違いではないらしい)。というか、どうでも良いですよねこんな話(笑)。

何だか最近、懲役に飽きて来たというか、早くお家に帰りたくて仕方がありません。何のストレスも感じることなく、マイペースに仕事やネット上の創作活動に没頭できる日々・・・・・・、最高ですよねー。先日に出所したNさんがどのようなハンドルネームでここへ登場してくれるかを楽しみにしています。「パクラーレンホンダ」「ファンキー・ジャンキー・ティーチャー」など、私も色々と候補を出しましたが、どれもちょっとイマイチです。このコラムを見ている人にはご存知の通り、「モタ工場長」というハンドルネームは採用されましたけどね(「モタ工場」とは「”モタ仕事”しか出来ない者ばかりを集めた、主に軽作業ばかりを行う工場」の意)。

書くこともそんなに無いので、今週はこの辺で。

 

 

80 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/12/04(月) 16:09:22
【連載29回目】 2006年11月19日作成

 

ここ最近、覚えたてのムーンウォークを同囚らに披露するのがマイブームです。先日は大浴場で一発キメてやりましたよ。あそこは床がツルツルすべるのでやり易いんですね。右手は額をおさえ、左手は腰の位置に、そのままフルチンで後ろへすべって行くさまは、同囚らの笑いを大いに誘いました。完成度の低い私のムーンウォークの”微妙な出来てなさ”が面白かったそうです。オヤジ(刑務官)に見つかり、「何しとんじゃコラァー!」って怒鳴られましたけどね(笑)。

さて、11月16日(木)から始まった所内のソフトボール大会ですが、我らが四工場は17日(金)に六工場と試合を行いました。私は七番レフトで先発出場します。結果から先に言いますと、後攻の四工場が一回の裏に4点、二回の裏に6点を入れ、10-0の二回コールド勝ちです。ホームラン5本のエラー0個という、緒戦で幸先の良いスタートが切れました。もっとも、六工場は年輩の受刑者が多いいわゆる「モタ工(モタ仕事が中心の工場)」なので、若者の比率が高い我々「金属工場(ヤクザ工場)」の敵ではありませんでした。21日(火)に予定されている七工場との試合に勝てば決勝トーナメントへの進出が決まりますが、七工場は優勝候補に挙げられるほどの強敵なので、今度は気を引き締めて行かなくてはいけません。ちなみに団体スポーツの優勝については、私は「子供会」のソフトボール大会で何度も経験済みなので、試合では緊張とかまったくしないですね。この日の私の成績はというと、2打席ともフォワボールを選び、ホームベースを二度踏んでチームに貢献しました・・・・・・というか、試合中一度もバットを振らせてもらえなかったのが残念でした。チーム内のホームラン競争にも乗り遅れた感じですねー。

この日の午後、六番キャッチャーのN.Kさんが「懲罰」で四工場から転役となりました。四工場としては大きな戦力ダウンです。私は良くしてもらっていたので別ですが、N.Kさんが房長をしていた一房では新入受刑者が頻繁に「作業拒否(事情があって工場を移りたい時、これによる懲罰で他工場への転役を期待する)」で飛んでいましたし、「シャリ上げ(おかずや特食などの不正授受の強要)」や暴行が原因で懲罰を受けるのは時間の問題だと思っていました。学校での「いじめ」が社会問題となっていますが、塀の中での「いじめ」の方が数倍性質が悪いことは確かです。まあ確かに、対等に付き合う努力が馬鹿らしく思えるような”ショボイ”受刑者がいるのは事実ですし、感情の問題なので相手のことを嫌うなとの強制は出来ない訳ですが、それでも相手のことを一人の人間として尊重してあげるのが大人の態度であり、人としてのプライドだと私は思います。

15日(水)の「二・三類集会」は、チーズパンケーキとサラダ煎餅、サントリーBOSSの缶コーヒーが配られました。10月度の「作業報賞金」は1,174円。いつの間にか八等工になってたらしく、初の月給1,000円台です♪

昨日の晩の所内放送で、ドラマ「弁護士灰島秀樹(3.0)」を観ました。例によってカッコ内の数字は10点満点中の採点です。うちの刑務所では何故か「交渉人真下正義(1.5)」「容疑者室井慎二(1.5)」もビデオ放送されましたが、この2作品は「戦国自衛隊(1.0)」「スピード2(2.0)」と並ぶクソ映画だと思います。しかしあの「踊る〜」シリーズは何で人気があるのでしょうかね?

警察小説の巨匠、横山秀夫の3作品を読みました。採点は『影踏み(9.0)』『深追い(8.5)』『震度0(8.0)』となります。『めぞん一刻』『うる星やつら』で有名な高橋留美子の『1ポンドの福音(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091511015/pp0c-22/)』 が、「ヤングサンデー」にて5週連続掲載とのことです。この漫画、かれこれ5年振りくらいの連載再会になると思います。『犬夜叉』などの「少年サンデー」掲載作品とは違い、青年誌へ連載される高橋留美子の作品は同じ作者とは思えないくらい面白いのでオススメです。パチンコ機「CR TRF」が発売されるとか。ウェブに情報あったらヨロシクです!

 

 

81 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/12/09(土) 00:29:20
【連載30回目】 2006年11月26日作成

 

我々のような拘禁生活者にとって、毎日三度の食事は何よりの楽しみです。「今日の晩メシ何やったっけ?」みたいな会話は所内で頻繁に交わされる訳ですが、私はこのようなお馴染みの質問に対し「カツカレー(笑)」と返答するようにしています。ちなみに「トンカツ」も「カレー」も同囚らにとって人気のメニューですが、「カツカレー」などというメニューは今まで一度も出た試しがありません。最近では私が「カツカレー(笑)」と返答する度、「もう、ええっちゅうねん(笑)」などと言われていたりです。。。

 

「闘病生活、浪人生活、獄中生活、大成するにはこのいずれかを体験した方がよい」と言ったのは、アメリカの資本家カーネギーでしたかね。確かに逆境が人を鍛えるみたいな部分はあると思います。幸運によって成功者となった人は数多くいるのでしょうけれど、そこから転落した際に再び這い上がって来れるかで真の実力が問われると私は考えます(私の周りのかつての成金達は皆、お金を残すことが出来ず落ちぶれて行きました)。また、塀の中というのは秘密主義な世界であり、真っ当に生きている者からすると人類最後の秘境みたいなところでもあります。ただ、私も最初の内は「突撃取材」「探検隊」などの気分で刑務所での色々な経験を楽しむことが出来たのですが、最近はここでの生活もマンネリ気味で飽きて来ちゃいました。「早くパロ(「パロール」の略語で、仮釈放のための準備面接)来えへんかなあ」といったことばかり考えています。

今週は雨天のためにグラウンドがぬかるんだ日が続き、我が四工場のソフトボールの試合は行われませんでした。他工場の試合は順調に消化されていて、四工場と同じリーグの気になる六工場と七工場の試合結果は、予想通り七工場の勝利に終わったようです。四工場が決勝トーナメントへ進出するためには、この強豪の七工場に勝利しなくてはいけません・・・・・・って、これを読んでる娑婆の多くの人達にとって、こんな情報は別にどうでも良いことかもしれません(笑)。

 

11月23日(木)は祝日「勤労感謝の日」ということで、「特食」として「あんかけ餅」が配食されました。上に盛られた餡(あん)はぜんざいの時に使われるいつものお馴染みの材料ですが、お餅はとても歯ごたえがあり、今まで出された「特食」の中で一位、二位を争う美味しさだったと思います。食べ物は我々受刑者にとって最大の関心事で、所内ではグルメ雑誌やグルメ番組なども意外な人気があったりです。

 

しかし安倍氏は首相になってから全然ダメですね。いや、首相になる以前から発言にその兆候は見られたのですが、やはり一国の首相ともなると言いたいことも言えない状況になってしまうのでしょうか。ただ、政治やメディア(特にテレビ)が相変わらず左に寄り過ぎているだけで、実際の世論(特にネット世論、オピニオン誌)は安倍氏の本来の保守思想を支持してくれると思います。他の保守系の政治家らにも言えることですが、一部メディアによる誤解(曲解、歪曲)やバッシング(偏向報道、印象操作)を恐れず、もう少し言いたいことを国民に向けて堂々と言って欲しいです。野党に「常識(?)がない、辞職しろ!」とか言われても、無視して居直れば良いと思います。昔の一時期のように、こういった発言が原因で強制的に大臣を辞職させられるような時代ではなくなりました。仮にこの先に控える参院選で惨敗したとしても、あとには麻生氏や中川(昭一)氏らが続きます。そんなに内閣支持率が大事なのかと、もっと国家全体のことを考えろよと、安倍氏に近い人達が彼のケツを叩いてやるべきですね。

 

結局のところアレですよ、サヨクや共産主義者の連中は自己満足したいだけの、偽善的で理想を語ることが好きなタイプの人間が多いように思います。ボランティア活動や匿名での募金が好きな連中にしても、それら行為自体は悪くないとして、動機としては自己満足が主でしょう。歴史をちゃんと勉強せず、「我々日本人は先の大戦でアジア諸国に迷惑をかけた」とか言って謝罪したがる連中についても同様で、私に言わせれば彼らの行為は単なる自己満足を求めているに過ぎません。ちなみに大日本帝国が仮にも戦争をしたと言えそうなアジアの国は、当時の支那大陸にあった蒋介石の国民党政府くらいなものです。さらに言うと、当時アジアの中で白人の植民地とならなかった国は、日本とタイだけであったという時代背景も認識しておく必要があります。これら歴史の事実を無視し、「いい子ちゃん」な自分が好きなだけの気持ち悪い連中は放っておいて構いません。彼らは隣国の人権侵害や核武装については何も言わないくせに、何故か日本の事になると・・・・・・って、ちょっとまた長文になりそうなので、今週はこの辺りにしておきます^^

 

ではでは。

 

 

82 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/12/15(金) 01:59:51
【連載31回目】 2006年12月03日作成

12月度の「今月の生活目標」は、「読書習慣の奨めについて」「年末年始の過ごし方に留意すること」となっています。ようやく工場と検身所にストーブが入りました。舎房は相変わらず寒いままですが、定員7名のはずの雑居房(18.5平米)に常時9名が押し込められて生活している状況なので、人の体温により京都拘置所の独居房よりは比較的まだ暖かいのかもしれません。我が一舎一階五房ではそのようなことはありませんが、 他の房の新入り受刑者は敷き布団を縦に2つ折りにし、いわゆる「ボブスレー状態」の狭いスペースで寝なければいけないそうです。また、舎房に9人もいれば朝の出房前はトイレの争奪戦となり、まさに”ババ混み”といった感じですかね (笑)。

 

今週の「週刊新潮」に「田代まさし塀の中でも薬漬け」みたいな見出しの記事が載っていたようですが、我が滋賀刑務所でも眠剤や安定剤を一度に10錠以上服用している薬物依存な受刑者がゴロゴロいます。医務の先生に粘り強く訴えればいくらでも出してもらえるらしいのですが、副作用とかちょっと心配ですよね。

村上ファンドの村上世彰氏がここへきて無罪を主張しています。何というか、有罪にならない自信があるのでしょう。私としては「証券法違反」や「脱税」についても、「人を欺いて財物を得た」訳なのだから、別途「詐欺罪」を適用して併合罪にして欲しいと思いますね。私のケースを何故に「商標法違反」だけで済ませてくれなかったのか・・・・・・。恐らく「商標法違反」のみの罰則では上限が甘過ぎたからでしょう。来年2007年の4月だったか、この法律が改正となり厳罰化されるようなので、違法な商売をしていないつもりでいる多くの卸業者、小売業者(特に家電や雑貨の量販店、ゲームセンター、パチンコ店)の事業主は注意が必要かもです。

さて、ソフトボール大会の予戦リーグですが、30日(木)に七工場と試合を行いました。前回と同様、今回も相手チームの先攻からです。一回表にいくなり3点を先制されるも、裏の攻撃ですぐさま4点を入れ返して逆転に成功します。続く二回表に4点を入れられて再び3点のリードを許しましたが、裏の攻撃で我が四工場自慢の重量打線が大爆発し、一気に9点もの大量点を奪いました。三回と四回は両チーム共に追加点なしに終わり、試合は13-7の6点差で四工場が制しました(イニング数は決勝戦のみ五回まで、通常は四回までとなります)。無事、決勝トーナメントに進出です。

 

とにかく、うちの3番と4番はスゴイの一言で、3番を打つ「計算工」のMさんは2試合連続でのホームランを含む10割バッターですし、4番を打つ「班長」のIさんは「刑務所の塀、越えるんちゃうか」と思えるくらい、ボールを外野の奥深くまで飛ばしまくります。ちなみに私の今日の成績は3打数1安打(通算成績:36打数19安打)。他のメンバーが打ちまくるので全然目立ちませんっ。また、私の守るレフトはアホみたいにボールが飛んで来る(ボールが遅いから右バッターのほぼ全員が引っ張る)のでとても忙しいです。決勝トーナメントは12月4日(月)から行われる予定で、これに2つ勝てば優勝が決まります。報告は来週に♪

 

 

83 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2006/12/16(土) 07:45:18
【連載32回目】 2006年12月10日作成

工場と検身所にはストーブが置かれていて暖かいのですが、舎房へ帰ると凍てつくように寒いです。左耳だけがずっと霜焼け状態なのは、私が右向きに寝てばかりいるからだと思います(笑)。ところで、いわゆる「獄中記」はそれこそ星の数ほど出版されていますが、私がやっているようなブログ形式でのリアルタイムな更新(アップロード)というのは、恐らく日本初の事かもしれませんねー。

 

今月8日(金)に、年に一度の「総転房」が行われました。これは脱獄防止だか何だかの理由により、一年間過ごして来たそれぞれの舎房を総入れ替えするというものです。一房のメンバーは隣の二房へといった具合に、私の居住していた五房のメンバーも一房へと移りました。今回の「総転房」をきっかけとして、虐めや喧嘩で転役者を相次いで出していた旧一房のメンバーを中心に、各舎房間で若干のメンバーチェンジも並行して行われます。私はその問題のあった旧一房へ加わることになり、新二房(旧一房)の「新副房長」として新しいスタートを切ることになりました。以前の房では5番目の席次であったのに対し、新しい房ではいきなり2番目(副房長)にまで昇格しちゃいます。虐めや揉めごとのない、明るく楽しい舎房にして行きたいと思います。

さて、ソフトボールの決勝トーナメントですが、4日(月)に洗濯工場と準決勝を行いました。今回も先攻は相手チームからです。初っ端から相手チームの先頭打者に左中間を抜かれ、ランニングホームランを打たれてしまいます。1点を追う一回の裏、すぐに同点には追いつけたものの四工場自慢の打線が繋がらず、1-1の同点のまま二回へと移ります。二回の表に2点を取られてしまいますが、その裏の攻撃では1点も返すことが出来ません。続く三回、相手チームの攻撃を今度は0点に抑えたあと、その裏の攻撃で一挙に6点を追加し逆転に成功します。私もツーベースヒットを打って1打点を稼ぎ、チームに貢献出来ました。このまま四回表を守って逃げ切れろうかというところ、レフトを守る私の痛恨のエラー(泣)。イージーなレフトフライをお手玉してしまいました・・・・・・。そして7-5でワンアウト一・三塁という場面、私の前方へ浅く上がったレフトフライをキャッチしたあと、三塁ランナーがタッチアップしてホームへと走ります。しかしそのあと、私のレーザービームのような返球(バックホーム)がキャッチャーミットに突き刺さり、ランナータッチアウトでゲームセット。試合は7-5の僅差で四工場の勝利に終わり、接戦の最後を綺麗に締めた私はエラーという汚名をどうにか返上した感じでした。続く決勝戦は翌日に行われたのですが、これはちょっとまた話が長くなっちゃいそうなので、来週にお話しさせていただこうと思います。

今週はこの辺で・・・・・・。

 

 

※【連載33回目】は手紙消失につき、この時未掲載。消失分を再送してのちに掲載となりましたが、いま先に読みたい場合はこちらをクリック。

 

 

84 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2007/01/11(木) 02:55:04
【連載34回目】 2006年12月24日作成

今年も残すところあと僅かとなりました。私も年が明ければあと3ヶ月ほどで仮出所っぽいので、気持ち的にもぐっと楽になりそうな感じです。「俺が出所したらパソコン教えてくれや〜」とか「ブランド品とか、商品何か(お友達価格で)買ったるわ〜」とか言って来る同囚がいるのですが、実は人間と会話(TEL含む)する作業が一番時間を取られるので、友人であっても出来れば用件はメールで送ってもらいたいと娑婆では常々思っていました。質問や相談事にしても、例えばフリーダイヤルのサポートセンターなんてあまりないでしょうし、単価の安いブランド品を単発で買いに来られても、来客の対応に削がれた時間を時間給で計算して差し引いた場合、お友達価格で割引きなどしてしまえば利益など消えてしまうことも珍しくありません。その辺りの事情を分かって欲しくて説明はするのですが、私のことを”ゴーマンな奴”だと誤解する連中は、塀の内外に関わらず結構いましたね。

22日付の読売新聞夕刊によると、元ライブドア社長の堀江貴文被告に懲役4年の求刑が出たらしいです。多数の例外はあるものの、検察による求刑が3年以内でない限り普通は執行猶予が付かないので、判決は来年3月頃だったか、彼の場合は有罪であれば実刑判決が下る可能性は高くなったと言えます。

 

そういえば今週、「ライブドアの株は5倍に上がるわよ」とか言っていた某おばさん(細木数子)のオカルト番組を観ました。占いの内容はともかく、「女は家庭的でありなさい」「夫を立てなさい」といった、彼女の保守的な思想については割りと好感が持てますね。一度、田嶋陽子辺りをゲストに迎え、”ガチ”でトークして欲しいと思います。新年1月2日(火)には小室哲哉とYOSHIKIがこの番組(TBS)にゲスト出演するそうです。以前から彼女の占いにべったりな小室哲哉はともかく、親友のYOSHIKIまで出演するとなると、彼らのユニットglobeに何か新しい動きがあるのかもしれません。

20日(水)の二・三類集会には「トラ焼き」という名のドラ焼き、ブルボンプチシリーズのえびせんべい、そして缶コーヒーのBOSSが配られました。講堂にはクリスマスツリーの飾り付けなんかもありましたね。お菓子の予算総額は300円程度だそうですが、私としてはカルビーの「ポテトチップス(BIGサイズ)」とサンガリア辺りの安い缶コーヒーの組み合わせ(約300円)がベストだと思います。23日(土)には祝日(天皇誕生日)ということで、「特食」としてロールケーキとパックの紅茶が配られました。これもパックの紅茶は要らないので、どうせならケーキのグレードの方をもう少し上げて欲しかったです。

ビジネス関連の新書を中心に、相変わらず本ばかり読んでいる毎日です。ジョセフ・ジャフィ著『テレビCM崩壊』はちょっと期待外れでした。刺激的なタイトルに興味を惹かれたのですが、文中に出される例題がアメリカの企業やテレビ事情ばかりで、全体的にも頭に入り難い内容で す。Yoshiの『Deep Love』などでお馴染み、女子高生御用達の出版社「スターツ出版」の『恋空〜切ナイ恋物語〜<上・下>美嘉 著』という本が売れているらしく、同囚らの間でも何故か大人気(笑)。週刊誌などの辛口な書評を読んだ限り、『Deep Love』と同様に中身がスカスカの下らない本みたいです。あの出版社、「ええ加減にせえよ!」って思いますね。

「週刊サンデー」で連載の始まった書道漫画『とめはねっ!』が面白いです。作者は『帯ギュ』『モンキーターン』などで有名な河合克敏。少女漫画『NANA』がアメリカでも大人気で、映画の方はハリウッドでリメイクが最近決まったとか。日本食や日本アニメ(ジャパニメーション)の人気ぶりは、同じ日本人として嬉しく思います。この間観た「ランキン楽園」というテレビ番組に「パリで聞く、好きな日本アニメソングランキング」なるものがありまして。5位「セーラームーン」、4位「聖闘士星矢」、3位「NARUTO」、2位「エヴァンゲリオン」、1位「ドラゴンボール」という順位になっていました。アニメ「聖闘士星矢」のOPなんて、オケが何気にメタルっぽくて格好良いですもんね。私もカラオケでアニソンを歌わなければいけない局面には、この歌を原曲キーでシャウトしてます(笑)。

東野圭吾の『手紙(10.0)』を読みました。沢尻エリカ、山田孝之、玉山鉄二の主演で映画も現在大ヒット中の、100万部を突破した話題の小説です。弟の進学費用目的というのが犯行の動機となっていますが、これらは生活保護を受けるなり奨学金制度を利用するなりで解決出来た問題ですし、そもそもホワイトカラーの仕事に就きたいだけなら高卒の最終学歴で十分だろうとか思いました。あの酒鬼薔薇クラスの超有名人なら話は別ですが、犯罪者の兄を持ったために職場で不当な差別を受けたり、ロックバンドがデビュー出来なくなったりする描写はちょっと大げさ過ぎるとも思いました。ロックバンドという性質上、ある意味ではむしろ”ハク”が付く位なのに・・・・・・。他にも色々とツッコミを入れたい箇所はありましたが、物語としてはトータル的に面白かったのでこの『手紙』はオススメです。

ではまた来週!

 

 

初出:マンスリー前科者通信 - ポルシェ万次郎の雑談掲示板

 


 

後記:このページの最後の回で携帯小説をさんざんにこき下ろしていますが、2ちゃんねるで面白いコピペを見つけたので下記に引用してご紹介させていただきます。

 

 ───アタシの名前はアイ。心に傷を負った女子高生。モテカワスリムで恋愛体質の愛されガール♪
アタシがつるんでる友達は援助交際をやってるミキ、学校にナイショで
キャバクラで働いてるユウカ。訳あって不良グループの一員になってるアキナ。
 友達がいてもやっぱり学校はタイクツ。今日もミキとちょっとしたことで口喧嘩になった。
女のコ同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆
そんな時アタシは一人で繁華街を歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
 「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながらしつこいキャッチを軽くあしらう。
 「カノジョー、ちょっと話聞いてくれない?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。 キャッチの男はカッコイイけどなんか薄っぺらくてキライだ。もっと等身大のアタシを見て欲しい。
 「すいません・・。」・・・またか、とセレブなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっとキャッチの男の顔を見た。
「・・!!」
 ・・・チガウ・・・今までの男とはなにかが決定的に違う。
スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを 駆け巡った・・。
「・・(カッコイイ・・!!・・これって運命・・?)」
 男はホストだった。連れていかれてレイプされた。「キャーやめて!」ドラッグをきめた。
「ガッシボカッ!」アタシは死んだ。スイーツ(笑)

 

まあ、だいたいこんな感じでストーリーが薄っぺらいですよね。まさにスイーツ(笑)

 

 

 

上記はニコニコ動画から(要ログイン)。これにも笑わせてもらいました(笑)。

 

櫻井よしこ、金美麗、曽野綾子、塩野七生ら著名人各位のように、一部には例外的として尊敬出来る素晴らしい方々もいらっしゃいますが、私は基本的に女性とは人間対人間の対等な気持ちで付き合うことは出来ません。性差と言ってしまえばそれまでですが、漫画『美味しんぼ』のセリフからの引用と思われる下記の2ちゃんねるコピペは、日本人女性に限定している部分が気に入りませんが、他はまあ概ねその通りだと思います。

 

『美味しんぼ』

「日本の女は精神性がないよ。物と金にしか価値を見出せないんだ。」
「話して死ぬほど退屈する相手は日本の女だよ。テレビと芸能界の話、他人の噂話、それも悪口。日本の女に文化的な話題なんて無理だよ。」
「それに社会性がない。社会の一員として守るべき義務や規則を無視する。他人の迷惑にはかまわず、自分が今したいことをする。」
「女の自動車の運転を見ればわかるだろう。」
「女性の権利は主張するけれど、自分の義務を果たさなければならなくなったり、困ったりすると、甘えてごまかす。」
「自分の価値を確立していないから、ブランド商品をやみくもにありがたがり、 流行に振り回されてみんなと同じものを身につけ同じ化粧をする……虚栄と俗物根性の塊だよ。」

 

【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 6

 

記事の作成日:平成21年10月27日

 

●刑務所コラム 目次

 

 【保釈後】 半年間の勾留より保釈・逮捕の経緯

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 1

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 2

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 3

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 4

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 1

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 2

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 3

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 4

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 5

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 6

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 7

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 8

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 9

 

 【仮釈後】 出所後の新生活と刑務所ボケ・保護司

 

 【満期後】 刑期満了で社会復帰!日記とか色々

 

 【おまけ】 獄中短歌(法務省発行の新聞「人」より)

 

 【おまけ】 刑事施設(行刑施設)、収容分類級一覧

 

週刊プレイボーイ 刑務所特集 1/2 週刊プレイボーイ 刑務所特集 2/2 BUBUKA 小室哲哉逮捕特集

 

金融裏情報 ゼンキュウレンクレジットカードのショッピング枠を現金化 アイエンス

弁護士費用や被害弁済費用、保釈保証金などのご用立てには消費者金融の虎が便利。中でもコラムは必見!限度枠がいっぱいで借りられない方は上記バナーをクリック♪

 

Copyright (C) 2009 前科者通信 All Rights Reserved.

 

[PR] 女性アイドル画像グラビアアイドル画像AV女優・アダルトビデオ画像オンラインゲームパチプロパチンコ漫画評論小室哲哉