前科者通信 〜ポルシェ万次郎の刑務所日記〜

 

拘置所や刑務所など、塀の中(ムショ)での生活を明かした監獄情報サイトの決定版!受刑者家族への助言や出所後の再会掲示板など。

 

ポルシェ万次郎 プロフィール / 前科者通信刑務所コラム / 前科者通信刑務所ブログ / 前科者通信刑務所情報掲示板 / 前科者通信刑務所再会掲示板 / 前科者通信ポルシェ万次郎 運営サイト / 前科者通信

 

【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 7

 

※塀の中へ収監中の出来事をリアルタイムで手紙へ記し、それを塀の外で受信した外部協力者の手により私の運営する掲示板に代理投稿してもらうという企画でした。便箋に細かく書かれた私の文章をスキャナーに読ませる方法を取っていたようで、それによる誤字脱字、私の意図とは違った解釈の編集については、掲示板に代理投稿された初出のものより若干の加筆修正(荒しや宣伝カキコも記事ごとカット)を施しての転載となります。

 

94 名前:監獄ロック 投稿日: 2007/02/08(木) 06:15:30
万次郎元気にしてるか、今はかいつまんで、話するけど、俺もがんばってるから
、もう少し夏前までがんばってな。もしあれやったら連絡して濃いよ。とにかくがんばれよ。

 

 

95 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2007/02/15(木) 04:50:00
【連載41回目】 2007年02月12日作成

本パロ(本面接)を受けてから4週目に入っています。ベテラン受刑者らによる過去のデータを元にした勝手な予測によると、私の引き込み日(釈前寮へ上がる日)は2月15日(木)か2月22日(木)辺りではないかということです。工場から釈前寮へ引き込んでから2週間後が仮出所日となる訳ですが、そうなると私は「3ピン(懲役用語で刑期の3分の1を意味する)」を切る仮釈放を貰えることになる為、「そんなに多く仮釈が貰える訳ないやろ。絶対3ピンになるまで(4月中旬頃まで)引っ張られるわ(笑)」だなんて意見もあったり・・・・・・。この時期の受刑者が皆そうであるように、私の精神状態も結構”グリグリ”だったりします。

この間なんて、新しく計算工となったNさんにガセの引き込み日を教えられ、私も見事に騙されましたからねー。各工場で計算工や衛生夫を担当している受刑者であれば、作業内容の引継ぎ等の関係上、事前に他の同囚らの引き込み日を知り得たりすることがあるらしいのです。引き込み日がいつになるのかということは、本パロを終えた受刑者にとっては最大の関心事な為、この手の悪質なドッキリはまさかないだろうと私も信用し切っていたのですが、ここが娑婆ではなく塀の中だということを迂闊にも忘れてしまっていたようです(笑)。慎重な性格の私は「いや、まだオヤジ(工場担当)からは何も言われてないですし・・・・・・」とか言っていたのですが、「万次、おめでとう!」とか言われちゃうと、100%ガセであるとの断言が出来ない以上、「ありがとうございます。お世話になりました」って答えるしかなかったんですよね。舎房でやった別れの挨拶や「お別れ将棋大会」をやったのは何だったんだろうって思います。。。

 

人権無視の国、中国では、死刑囚からの臓器移植が頻繁に行われていて問題となっているようです。そこで臓器の移植とまでは行かずとも、日本でも我々被収容者に何か身体を張ったボランティアを課してみてはどうでしょうか。あくまで強制ではないのですが、献血や骨髄バンクなどへの積極的な協力はもちろんのこと、領置金の乏しい受刑者らには謝礼の出る新薬の臨床(「治験ボランティア (http://www.vob.jp/)」) へも参加させ、経済的理由から出所後に再犯を起こさせないようにするのが良いと思います。この身体を張ったボランティアに協力的な受刑者に対しては、所内での処遇や仮釈放の面で優遇してあげれば良いですし、社会貢献や奉仕活動をさせることが当人らの更生にもうまく作用するに違いありません。我々被収容者には無限とも思えるような時間がある訳ですし、全国で数万人単位にも登る受刑者らの協力が得られれば、病気などで苦しむ多くの命が助かることと思います。年に数回、所内の講堂で感謝状を読み聞かせるなどすれば、自信や尊厳を取り戻す受刑者も出て来るかもしれません。刑務所や拘置所では過剰収容の問題もありますし、名古屋の刑務所で職員が不祥事を起こしたからとかではなく、行政にはもう少し積極的に現行の監獄法の見直しを考えてもらいたいと思います。

 

かつて外務省のラスプーチンと言われたらしい佐藤優氏が、その名もズバリ『獄中記』なるタイトルの獄中記を出しましたが、お菓子類が食べ放題で刑務作業も課せられない彼のような「未決拘留者(刑が確定していない者)」と、我々のような「既決拘留者(刑が確定した者)」とでは、所内生活における快適さの度合いに雲泥の差があるので念の為。元警視庁刑事という肩書きでテレビにも出ている北芝健氏の『警察裏物語』という本を同囚に借りて読みましたが、腹が立つくらい内容がつまらなかったです。この本は何故か売れているらしいのですが、アングラ情報雑誌「裏モノJAPAN」の彼の連載コラムをたまたま毎月読んでいる私からすれば、年齢や経歴にも詐称疑惑が指摘されている彼の人格というか、存在自体あまり好きになれないです。とりあえずまあ、刑務所や拘置所では警察モノや獄中記の類が良く売れますので、やはり『前科者通信〜日本初の獄中ブログ〜』とかの企画を出版社に持ち込めばチャンスでしょうね。

雑誌「週刊現代」発の大相撲の八百長記事が波紋を呼んでいるようですが、プロレスや笑点の大喜利に飛び火しないか心配・・・・・・する必要はないか。ガチンコ勝負を徹底させるなら、やはり土俵の下にマットを敷いたり、力士にプロテクター(肩、肘、膝への保護具)を着けさせないとダメでしょう。彼らの巨体に対して無防備過ぎますね。

2月11日(日)は祝日「建国記念日」ということで、お昼過ぎに「特食」が配られました。この日はちなみに大日本帝国憲法の発布の日でもあります。「特食」として「缶パン」が出て来ましたが、同室のメンバー全員が「乾パン」が出てくるものだと思っていて、これがとんだ”カン”違いをしていたようです・・・・・・って、最早オッサンの発想か。缶に入っていたと思われる筒状の形をしたパンの味は、バウムクーヘンに似た感じで予想外に美味でした。年度末のこの時期なので、災害用に蓄えた所内の非常食を定期的に吐き出して入れ替える必要があったのでしょう。

では、この辺で。納豆万歳!(何

 

 

97 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2007/02/22(木) 11:33:39
【連載42回目】 2007年02月18日作成

本パロ(本面接)を受けてから5週目に入っていますので、もうそろそろ、来週の木曜日(2月22日)辺りには工場も上がって、希望寮(釈前寮 )へ引き込みたいなあと思っているこの頃です。

二・三日前から花粉症のアレルギー反応に苦しんでいます。今年の飛散量も例年より少なめらしいのでまだ良いですが、可能なら花粉の飛んでいない海外、北海道や沖縄に避難したいな あとか思っています。我々日本人は日頃の清潔過ぎる生活環境が理由で、花粉症、アトピー、ぜん息などに悩まされているだなんて説があるそうです。有名な話では、統一されたばかりのドイツで東西住民のデータを集めたところ、花粉症患者の数は東ドイツ住民よりも西ドイツ住民の方が2〜3割多かった と言います。さらに、猿も花粉症にかかることはニュース映像などでも知られていますが、アフリカからやって来たばかりのチンパンジーをどれだけ花粉にさらしても、一向にアレルギー反応を示さない という話も聞きました。体の中に飼っている寄生虫の数とかに原因があるらしいですね。

舎房や工場でゴーグルやマスクを着用させてくれれば症状もかなり楽になるのですが、シモヤケ用の手袋の着用すら認めてくれない 現状では、そのような措置は期待出来るはずもありません。願せんを提出しても「医療上、必要性があると認められない」などと、同じようなことを言われて却下されるだけでしょう。その代わりと言っては何ですが、花粉症の薬なら申請すれば服用させてくれるそうです。眠剤や安定剤を一日に20錠近くも与えられ、フラフラになっている同囚もここでは珍しく ありません。先日もそんなジャンキーが一人、作業拒否をして他所の工場へ転役となりました。基本的に薬は全て毒なので、私は花粉症用の薬すらも服用しないようにしたいと思っています。

 

日本のプロ野球観戦には殆ど興味のない私も、WBCやオリンピック、アメリカメジャーリーグでの日本人選手の活躍には注目しています。ネット上で「井川慶伝説(http://2chart.fc2web.com/igawa.html)」なるサイトを見て以来、ニューヨークヤンキースの井川慶選手のファンになってしまいました。ゲーム、ラジコン、将棋が趣味だという彼ですが、練習のモチベーションは「パワプロ (野球ゲーム)で自分の能力が上がること」らしいです(笑)。弟に「松坂(大輔)の方が使える」と言われたことが悔しかった とも言っていました。同じチームメイトでAV好きな松井(秀喜)も大概変人ですが、とても井川には適いません。彼はさらに「アメリカで将棋の普及に努めたい」と息巻いているらしいですが、これからも私達を笑わせて欲しいですね。

 

日本人よりも日本を愛する台湾人、黄文雄先生の新しい著書を2冊読みました。その内の『嫌中論』は他の著書でも重複して書かれている内容だったり、相変わらずどこか読み難い内容でイマイチでしたが、『黄文雄の大東亜戦争肯定論』の方は日清戦争(1894〜1895年)の頃からの歩みや 、世界史における日本の貢献についてが書かれていて面白かったです。

 

舎房ではそれぞれが購入した週刊誌や月刊誌、旬刊誌や季刊誌を回し読みしているのですが、私の購読する「SAPIO」「WiLL」 などのオピニオン誌は、誰一人としてただの一頁たりとも読もうとはしません。塀の中では「万次さんは難しい本ばかり読んで勉強熱心」などと言われているのですが、私は単純に読み物として、漫画や小説のようにエンターテイメントとして面白いから読んでいるということがなかなか理解してもらえず、日頃からとても残念に思っています。同囚らにも愛国心や公共心といったものを涵養させようと思うなら、やはりベタに小林よしのりの名著『戦争論』辺りから勧めなければ難しいのかもしれません。

 

 

98 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2007/02/22(木) 11:35:01
全然別のジャンルの本になりますが、『2ちゃんねるで学ぶ著作権』というものを読みました。ネットでの事例に特化して分かりやすく紹介されていますし、ブロガーやアフィリエイターの方にはぜひお奨めしたい良書です。YouTubeやWinnyなどでも問題提起されていますが、私は著作権のような知的財産権は可能な限りパブリックドメイン(公共領域)に属されるのが好ましいと考えています。知財の保持者が著しく経済的な不利益にさらされないよう、一定の保護は必要だと思いますが、そもそも現代のような高度に情報化された社会において、100%の割合で「自分の創作物(オリジナル)」と主張するのも無理があるように思えます。つい先日も、バーのピアノでアルバイトの学生にビートルズの楽曲を生演奏させていたとして、経営者が著作権法違反で懲役10ヶ月(執行猶予3年)の有罪判決を受けましたが、このような行き過ぎた事例はその国の文化の衰退を招きかねません。2ちゃんねるの「ニュース速報」という掲示板は、新聞各社の配信記事を無断でコピー&ペーストしているので、著作権的に問題があるのではと私も以前から思っていました。ところが引用記事へのリンクを貼ることで配信元サイトである新聞社側の運営サイトのアクセス数も上がる(つまりは広告収入増)為、2ちゃんねる側としては今まで一度もクレームを受けたことはないとのことです。これは著作権の公共財化の好例ではないでしょうか。この本はそんなことを考えさせられた一冊です。

17日付けの読売新聞夕刊に、大阪府警が今年に入って一ヶ月半の間に押収した偽ブランド品の量が、過去最多だった昨年一年間の10万5,000点を早くも上回ったとの記事がありました。奈良県警では一度に10万点を押収した例もあり、「税関職員でも本物と見分けるのは困難」「パチンコ店やゲームセンターの景品にも使われている(警察幹部)」とのことです。塀の中で懲役生活を送る私としては、店頭で今も堂々と偽ブランド品(しかも粗悪な部類)を景品として陳列させている全国のパチンコ店に対し、警察や検察は商標法違反と詐欺の併合罪で一斉に逮捕&起訴するのが法の下の平等でしょうとか思ったりです・・・・・・。いや、商標法違反の方をもう少し厳罰化すべきで(されるらしいですが)、詐欺罪との併合はホント勘弁して欲しいって感じですよ。 転売を目的とした銀行口座の開設にまで、「通帳を不正に搾取した」などとして詐欺罪を適用するのもやり過ぎだと思います。

1月度の作業報賞金は1,345円、等工は以前と変わらず七等工のままです。来週こそは良い知らせをお届けできると良いのですが・・・・・・。

では、また!

 

 

99 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2007/02/27(火) 21:09:25
【連載43回目】 2007年02月25日作成

「今週は2人が”アガリ”らしい。その内の一人は万次で確定」なんて風説も流布されましたが、残念ながら今週も私の”アガリ”はありませんでした。ところで仮釈放の遵守事項に「共犯者など、素行不良者とは交際しないこと」というのがあるらしいのですが、更生保護委員の話によれば被収容者や前科者も素行不良者の中に入るようです・・・・・・って、だったら最初から「共犯者や被収容者(前科者)など〜」って明記するべきだと思います。刑期を終えた者を前科者として素行不良者扱いするのは、人権的配慮に欠けると思ったのでしょうかね。

 

「なあ万次、出所したら偽名で手紙を送ってくれよ。例えば『ミナミの帝王』っぽく、萬田次郎とかどうや?」
「どうせ偽名を使うなら女性の名前にしますよ。でも範田紗々とかだと偽名ってバレそうなので、糸谷めい辺りで(笑)」
・・・・・・みたいなやりとりは同囚らとよくやりますが、これは本名で被収容者宛てに連絡を取ったことがバレると仮釈放が取り消しとなり、満期になるまで再び刑務所へ収監となる可能性があるらしいからなのです。また、刑事事件を起こしても仮釈放は取り消されるので、15歳だと知らずに仲村みう(http://www.g-idol.com/na/Nakamura_Miu.htm)みたいな子と関係しちゃっても、仮釈放は当然取り消しとなる訳ですね(なんだこの説明・・・・・・)。飲酒運転もアウトなので、仮出所後も満期を迎えるまでは特に慎重な行動が求められます。

 

2月22日付けの読売新聞朝刊に、2005年に全国74の行刑施設を出所した3万27人を対象とした法務省のアンケート調査で、「職業訓練を受けたかった」「刑務作業は社会復帰に役立たない」といった不満の声が多数あったことを紹介する記事がありました。法務省矯正局の話では、「高度な技術が身につく作業の確保が難しい」「希望する受刑者すべてが職業訓練を受けられる体制ではない」とのことです。同じ仕事をしていても正社員は年収500万円、非正社員は年収200万円という、個々の能力以上に社会属性(学歴など)で給与を決められる身分制度的な現実があり、「カタギの会社に就職して年下の人間に偉そうに命令されるくらいなら、逮捕されるリスクがあっても元のシャブ屋の方が・・・・・・」と考える同囚の数は驚く程多いです。

以前にも述べたように、幸福の度合いは周囲との相対的な価値判断に依ります。我が国の場合は身分による固定が突出して少ない素晴らしい社会を維持してはいるものの、やはり格差が拡がると社会が不安定化するのは万国共通の原理だったりします。受刑者に適切な職業訓練を受けさせない限り格差は拡がる一方であり、この負のスパイラルが止まらない以上、矯正教育を施そうが再犯率を下げられないのは必然とも言えます。

2月21日(水)の二・三類集会のお菓子は、森永のDARSチョコレートとナビスコのチップスター、そして缶コーヒーのBOSSでした。集会でチョコが出たのは今回が初めてです♪3月2日(金)のMステにファンキーモンキーベイビーズが再登場。DJケミカル氏のパフォーマンスには、今回も大爆笑間違いなしです(笑)。

また来週!

 

 

100 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2007/02/27(火) 21:29:58

>>76

>あなたのヤル気しだいでは?
諸事情によりレスが遅れました。スミマセン。ヤル気というよりプライオリティ(優先順位)の問題ですかね。出所したら一日に18時間くらい仕事をする予定ですが、何分金欠気味な為、即収入に繋がりそうな仕事から処理していくことになりそうです。メールを戴ければ、出所後に必ず連絡させてもらいたいと思います。

 

>>87

>全然反省してない
前科が付いてもいいじゃない 人間だもの (by みつを)

危機管理能力の無さを反省しています。個人資産を増やすことに興味がなかった為、社長の給料はゼロ円(会社の経費で飲食はしていましたが)、経理もテキトーでした。代表で好き勝手やりたいなら、監査役として社会常識のある人間を雇うなど、今回の失敗を今後に生かしたいと思っています。

 

>>94

お久し振りです。カッコイイHN(ハンドルネーム)ですねー。仮釈は夏前ではなく、遅くとも4月中にはもらえそうな気配です。僕は今、本パロ6週目で、Y.Sさんが2週目です(K.Sは準パロもま だ・・・・・・)。出所したらお店へ飲みに行きますよ。カラオケでは宇都宮隆バリのダンスでTMネットワークの曲を熱唱するので、スタンドマイクの用意をヨロシクです!

 

 

101 名前:あのさ 投稿日: 2007/03/01(木) 01:42:50

法の無知は許されないでしょ
常識がないよ君

 

 

102 名前:名無しさん 投稿日: 2007/03/03(土) 21:50:42

がんばれよ

この板いつもみてるから出所したらこちらからメールします

 

 

103 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2007/03/08(木) 13:28:28
【連載33回目】 2006年12月17日作成

工場で「二列横隊」をして「右向け右」をする際、私だけ”変顔”でみんなと逆の左を向き、隣に並んだ同囚とにらめっこをするのがマイブームです(笑)。

左耳がシモヤケになってしまいました。布団から頭を出し、右にばかり向いて寝ていたからだと思います。左耳に靴下をはめて寝ようと試みましたが、上手くはまらないばかりか、「用途外使用」ということで夜勤の職員にお叱りを受けてしまいました・・・・・・。

さて、12月5日(火)に行われたソフトボール大会の決勝戦ですが、今回も相手チーム(八工場)の先攻からスタートします。投手戦になることは予想されていましたが、両チームともなかなか先取点が奪えずにいます。二回裏、ワンナウト満塁の絶好の場面で私に打順が回って来ました。まさに千載一遇のチャンスです。打席に立った私は相手ピッチャーの初球を見事センターへと打ち返し、誰もが1、2点は入るかと思ったその瞬間、相手チームのセンターが前方へダイビングキャッチの超ファインプレー。まさかノーバウンドでキャッチされるとは思ってもいなかったランナーは全員が塁から飛び出しており、センターからセカンドへの素早い返球に遭ってスリーアウトチェンジとなってしまいました。三回、四回ともに両チーム無得点で、0-0のままついに最終回を迎えます。猛打を誇る我らが四工場がこれまで1点も取れないだなんて、誰もが予想しなかったであろう展開です。五回表の相手チームの攻撃、内野陣の悪送球があったりで四工場はついに先取点を奪われてしまいますが、失点はどうにかこの1点のみに抑えることが出来ました。

 

「逆転するぞー!」
「オヤジ(四工場正担職員)を胴上げするぞー!」
「おうっ!」
「オレらが一番じゃー!」
「一番じゃあー!」

 

我が四工場は最後の攻撃を前に、レギュラー全員で円陣を組んで気合いを入れます。ワンアウトランナーなしの場面で、私に2巡目の打席が回って来ました。ここは一発長打でも打って「お立ち台」に上がりたいところですが、大会中、同囚らに「やる、やる」と言ってまだ実行出来ていなかったセーフティバントの事が頭の中を過ぎります。相手チームのサードとピッチャーは守備が上手いようなので、バントして転がすなら当然一塁側。私がバッターボックスに入ってすぐ、「バッター足速いでー」と相手チームのキャッチャーにはバレているし、サードも前進守備ではありましたが、私は初球にセーフティーバントを決行します。ボールは狙った程には一塁側へ転がらず、ピッチャーがキャッチしてそのままファーストへ好送球。「あれはセーフやったで」と多くの同囚は言ってくれましたが、紙一重のタイミングでアウトの判定。その後は同点のランナーを出すも、逆転は成らず無念のゲームセット。四工場の前人未踏の五連覇は達成は八工場に阻まれてしまいました。閉会式が行われ、所長からは有り難いお言葉を頂戴します。工場へ帰ったあと、「万次のあのライナーが抜けてたらなあ」という声は多かったのですが、私も結果については残念に思っています。次の春の大会(5〜6月頃)は仮出所されて参加出来そうにないので、いっそのこと、工場対抗のソフトボールはペナントレースにして年中行事化されないかななどと考えたりです。

話は変わりますが、12月12日(火)に「応答書」なる書面を手渡されました。通常は「準面(準備面接)」の際に交付されるらしいのですが、私のように刑期が2年未満であったり、特に必要ないだろうと判断された場合は、「準面」は免除されて「応答書」のみの交付となるようです。この書面が来て平均で8〜12週後くらいに「本面(本面接)」が行われ、さらに4〜8週後くらいに「希望寮(釈前寮)」へ上がると言われています。「希望寮」への”アガリ”は仮出所日の2週前と決まっているので、私の仮釈放されるおおよその時期は、今から約14週(3ヶ月半)後、来年3月末くらいになるのではとの予想が立てられます。この予想の通りとなれば、私は持ち込み刑期の3分の1(平均は4分の1程度と言われる)を超える仮釈放を貰える事になるので、この比較的早いペースで「応答書」が交付された私のことを羨ましく思う同囚は多いです。塀の中では自分のみならず、他人の出所時期についても気になりますから。

 

Yoshi著『Deep Love』などでお馴染み、普段から本を読まない人や女子高生御用達の出版社「スターツ出版」の『恋空 〜切ない恋物語〜<上・下>美嘉著』なる携帯小説が売れているらしいです。週刊誌等の書評を読んだ限りの判断ではありますが、『Deep Love』と似た中身スカスカの内容と思われるのに、これがどういう訳かというかやはりと言うべきか、同囚らの中にも購入を申し込む者が相継いでいて呆れます。。。他にも「何か売れているらしいで」という理由でベストセラー本を購入する同囚が多いのですが、そんな暇潰しみたいな理由で、家族から差し入れてもらっている大事な領置金を無駄遣いするなと私は言いたいです。私のように一度保釈されて十分な額を自分で用意してから収監されていたり、塀の中にいながら経済活動をしている(収入がある)場合は別でしょうが、「うちのオカン、今月○万円入れて来よった」などと、両親らの差し入れに対して何ら感謝の態度が見られない同囚らの態度は毎度軽蔑に値します。

11月度の作業報賞金は1,147円、等工は前と変わらず八等工。四工場で私が当事者の「プリン事件」が勃発しましたが、詳細はここで書けそうにないので、出所してからでもゆっくりお話したいと思います。

ではでは。

 

 

104 名前:代理人 ◆/RUIqC0RtE 投稿日: 2007/03/08(木) 14:17:08
原因不明により上記の内容が書かれた手紙が手元に届きませんでした。

で、今週の手紙に同内容のものを再送してもらったのでこの機に掲載した次第です。

 

 

106 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2007/03/08(木) 14:25:57
【連載44回目】 2007年03月04日作成

↑という訳で、過去の日記やメモ書きを元に、コラムの第33回分を復元して再送させていただきました。一度書いたはずの文章をもう一度手書きしなければならないとあって、文章作成中のモチベーションは最悪でしたね。施設側の不備でコラムを載せた手紙が発信されていないのか、受信した編集部側(代理人)が原稿を紛失したのかは謎のままですが、通信手段がアナログなのでこうした掲載トラブルは仕方がないのかも知れません。

で、私はいつになったら工場を上がれるのでしょうね。本パロ(本面接)が来てから現在七週目なのですが、準パロから本パロまでが六週とかからなかったので、もう少し早く希望寮へ上がれるものと勝手に思っていました。。。「一月往ぬる、二月逃げる、三月去る」でしたっけ。2月は何だかあっという間でしたね。いつの間にか無事故章の「一年V」を腕に着ける程のベテラン工になっちゃいましたし、いい加減娑婆に帰りたいなと思う今日この頃です。

ここ最近、私のことを「マンゲ」という不名誉(?)なニックネームで呼ぶ者が増えてきたので、それはあんまりだと抗議してみたところ、「マンゲタン」という可愛らしい(?)ニックネームで一部から呼ばれるようになりました。「韓国料理(サムゲタン)か!」って思ったりです(笑)。

つい先日、領置金不足で本の購入を強制的にキャンセルさせられてしまいました。私も自分の領地金の残高が少ないことは自覚していたのですが、出所まで足りるだろうと思い、今日まで補充をせずにいたのは失敗です。「ハードカバーの高い本ばっか買ってるしや」「今日からルンペンって呼ばせてもらうわ(笑)」「金貸したろか?(ちなみに制度上無理)」などと同囚らにもからかわれたり・・・・・・。本好きな私にとって領置金の不足は死活問題。早速、外部から入金の依頼をする予定です。

3月度の「今月の生活目標」は、「積極的に作業に取り組む」「節度ある動作を励行する」とあります。他にも色々と書きたいネタがあったのですが、今日は手紙の書き過ぎでかなり疲れましたし、この辺りで終わらせたいと思います。

 

 

107 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2007/03/14(水) 14:59:05
【連載45回目】 2007年03月11日作成

本パロ(本面接)を受けてからついに八週目に入りました。私の身元引受人も保護士からまだ何も連絡を受けていないと言うし、ホント、いつになったらここから出られるのでしょうね^^

3月8日(木)より「外レク(屋外でのレクリエーション)」が再開されました。ソフトボール用のヘルメットが新調されていましたが、そんな予算があるのならサッカーボールを一個でも購入して欲しいです。球技は野球(ソフトボール)をさせておけば文句ないだろうだなんて、ちょっと時代遅れな発想ですよね。

3月5日付けの読売新聞夕刊に、2ちゃんねる管理人の西村博之(ひろゆき)を相手取った名誉毀損などを訴える民事裁判が全国で50件以上起こされ、少なくとも43件で(ひろゆきの)敗訴が確定していることが読売新聞の調べで分かったとありました。彼は支払い命令に応じる気はなく、彼に対しての裁判を10件以上手がけた弁護士は、「勝訴しても被告に無視されれば打つ手がない。法律は常識人を想定して作られているが、西村氏は想定外の相手だった」と話しているらしいです。私も借金を返してくれない相手に民事訴訟を起こした経験がありますが、裁判で勝っても相手に支払い能力がない場合や支払う気がない場合は、本当に回収が難しいんですよねー。消費者金融でお金を借りて返せなくなった場合も、真っ当なサラリーマンや公務員以外は特定調停や自己破産などを特に行う必要もないということになり、これは本当に馬鹿げた話だと思います。罰金を支払わない輩を刑務所にぶち込められる警察だけが最強という現状は明らかにおかしいです。法律を改正し、支払い能力があるのに支払わない債務者へは刑事罰を科すべきだと思います。刑事事件の加害者が被害者に対し、損害賠償や被害弁済を終えていない場合についても、換金可能な資産を有しているのなら本人の意思とは関係なく強制的に没収出来るようにすべきでしょう。

 

さて、報道で知る限り日興コーディアル証券の件はライブドアのケースより悪質だと思うのですが、検察の対応が両社で全然違うのも不公平な話ですよね。あと、鹿児島県議選を巡る公職選挙法違反事件で、被告12人に無罪判決が出てニュースとなっていましたが、この件でも自白偏重の警察の捜査が問題だとしてメディアに取り上げられました。この件でまた、取調べ可視化(録音・録画)への議論が進むかもしれません。

「女性は子供を産む機械」などと発言したとされる大臣が野党のフェミニストらに叩かれている映像を刑務所のテレビで観ました。しかしながらその原文自体は、そんなに失礼に値するようなニュアンスではなかったと思います。あれは大マスコミによる、反論できない相手に対するイジメですよ。私も警察によって供述調書を作成される際に何度も感じたことですが、調べ官の巧みな誘導と勝手な作文により、私が供述した当初の内容とはニュアンスが全然違った調書を取られてしまいます。起訴されれば有罪となる確率が99.9%という我が国の異常な現状も、法治国家としてはいかがなものかと思ってしまいます。たとえばイギリスなんて、年間の逮捕者数は日本の10倍だというじゃないですか。これはまあ、日本の人口10万人当たりの犯罪発生率が突出して少ないという事情もありますが、諸外国では起訴されたとしても無罪となる確率がちゃんとそれなりに高いそうです。旧来のままの日本の司法制度は、このような例を取ってみてもやはり問題が多いと言えるかもしれません。

 

ほしのあき(http://www.g-idol.com/ha/Hoshino_Aki.htm)、長谷川京子 (http://www.g-idol.com/ha/Hasegawa_Kyoko.htm)、後藤真希 (http://www.g-idol.com/ka/Goto_Maki.htm)など、多くの芸能人に”偽乳疑惑”なるものがあります。偽乳であること自体は当然違法でないにしても、それを”真正乳(天然乳)”だと偽ってDVDや写真集などの販売を行うことは、刑法でいうところの詐欺罪の構成要件を満たすのではないでしょうか。食肉の産地偽装などにもこの詐欺罪を適用すべきだし、「オーラが見える」とか言って経済活動を盛んに行う連中も同罪だと思います。堀江貴文氏や村上世彰氏のように、メディア等々で目立つ異端者に対しては見せしめのように厳罰が下され、失脚した彼らを見て安堵する世間みたいなパターンは、もうちょっと何とかした方が良いです・・・・・・って、かなりまとまりに欠ける文章になってしまいました。最近のニュースやら見て色々考えさせられたりです。

 

米議会下院などで取り沙汰された、いわゆる従軍慰安婦の問題、南京攻略時の事件を描いた反日映画の制作など、これらの影響による日本のイメージ悪化が心配です。今(自衛隊)も昔(帝国陸海軍)も、我らが日本軍は世界一規律正しく練度も高いというのが真実であり、イラクの首都バグダッドでは真珠湾攻撃を描いた映画「トラ・トラ・トラ」のビデオが大人気と聞きます。映像制作の分野では「チャンネル桜」などの保守系メディアが頑張っているようですが、ネットの世界だけではまだまだ反日団体に対抗出来ないのが実情と思われます。

3月15日(木)に私が無事”アガリ”だった場合、出所日は3月29日(木)となり、2.9ピン(刑期の2.9分の1)の仮釈放を貰えることになるのですが、先週四工場から希望寮へ上がった同囚のI.Mさんの仮釈放は都合6ピンだったので、やはり私の場合は準パロ(準備面接)や本パロ(本面接)が来る時期が早過ぎただけかもしれません。というか、実は仮釈放の申請事態を却下されているんじゃないかとか、最近はネガティブなことばかり考えてしまいます。。。

 

 

108 名前:ポルシェ万次郎 ◆roLkRBnDjc 投稿日: 2007/03/14(水) 15:00:24

>>101

>常識がないよ君
確かに、塀の中は常識のない人ばかりですねえ。それと私を含め、低学歴の者がやはり多いです。経済的な事情で犯罪を犯したというよりも(それもあるが)、「学ぶ内容の殆どは社会生活で無意味な学問の修得に励み、それに耐えられた者ほど試験の点数に従いご褒美が貰える」という 、社会が用意したシステムに上手く乗れなかった者、つまり、親や学校に強制されたはずの”常識”を実践出来なかった者が、当然の結果として塀の中に行き着くような気がします。 ただ、能力や人格の形成については、親の遺伝よりも環境によるものが大きいと感じています。また、独創性と非常識は紙一重であり、「おっ、コイツなかなかやりよるな」と思えるようなユニークな人物が稀にいるのも、懲役の面白いところ(?)だったりです。

 

>>102

ありがとうございます。しかしこの板見てる人は私や私の身内、さらに関係者ばかりで何だか閉鎖的な感じですねえ。。。

 

 

初出:マンスリー前科者通信 - ポルシェ万次郎の雑談掲示板

 


 

後記:そうそう、このページの>>103の記事に書いた「プリン事件」のことを解説しなければいけませんね。工場では昼食後の休み時間、私は他の房の者と将棋をして過ごすことが多かったのですが、そこでの将棋仲間であるKojiさんとの勝負に連勝し、戦利品である昼食の人気デザート、プリンを譲り受ける権利をその時2つほど有しておりました。これを旧五房のメンバーに自慢したところ、そこの副房長だったSさんから「そんなに持ってるなら一個くれや」と目を付けられ、私は快くとは言わないまでもこれを了承します。昼食にプリンが出る日の当日、その日私にプリンを回してくれるはずだったKojiさんが風邪のために午前中に「病舎」へ上がってしまい、「そういう訳なのでまたの機会になりますね」とSさんに説明したところ、「おまえのがあるからそれを寄越せや」と高圧的な態度で言われてしまい、「いや、それはおかしいでしょう」「先輩に逆らうんかい!」「応じられません」「生意気なんじゃ」で、”「ガッシ!ボカッ!」アタシは死んだ。スイーツ(笑)”って感じでしたね。

 

周りの反応はというと、普段から「シャリ上げ」をされて虐げられているような同囚からは「よくぞ正論を言ってくれた」「胸がスっとした」といった反応が多く、しかしながら古株の房長クラスからは「おまえが悪い」「あとで謝っとけよ」といった対応、仲裁を概ねされてしまいました。これはベテラン受刑者同士、既得権益を守るための共同戦線、庇い合いが作用するので仕方がないとは言えますが、そういった事情を考慮してSさんに味方したものの、「あの場合はしゃーない」と同情してくれた房長も中にはいたりです。

 

私はボクシングジムに通っていた経験があるせいか、凶器を使用しない暴力に対してはあまり恐怖を感じることはありません。暴力で言論が曲げられることがあってはいけないですし、若い頃に身体を鍛えておいて良かったなと思いましたね。私は舎房の余暇時間に「日本で最南端の都道府県は何県でしょう?」といった雑学本からのクイズを出題され、普通に「東京都ですね」と即答してしまうKY振りが普段から一部で反感を買っていたのかもしれません。刑務所では殴った方も殴られた方も、それが現行犯で見つかれば喧嘩両成敗で両者とも転役となってしまいますし、そもそも食べ物の不正授受(交換、譲渡)が違反行為なので、コラムのネタとしては格好の材料だったのに当時はご報告できない事情があった次第です。

 

さて話は変わり、調べ官が実際に行っていそうな誘導尋問に関するネタを2ちゃんねるで見つけたので、やりとりが編集されたコピペブログと事件の新聞記事を下記に紹介したいと思います。


【社会】着ないと単位やらない メード(メイド)服強要容疑、教諭を書類送検…大館
http://jyoushiki.blog43.fc2.com/blog-entry-1332.html
単位あげないぞ!高校教諭が生徒にメード服で撮影強要(社会) ― スポニチ

http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20090304067.html

 

 秋田県大館市の県立大館高校で昨年9月、芸術部顧問の男性教諭(51)が同部の女子生徒(18)に「(メード服を着て)撮影しなければ単位をあげない」と言って、別の生徒に撮影させていたことが4日、分かった。

 大館高校によると、教諭は昨年9月、部員らが写真コンクールに応募するための撮影のアイデアを相談中に、メード服を着用し撮影することを提案。女子生徒は撮影当日に断ったが、教諭に「(担当の)国語の評定をなくす」などと言われ、卒業できなくなることなどを心配、応じたという。

 

●現場にて
生徒:「え〜?メードなんで嫌ですよ〜w」
教諭:「恥ずかしがらなくても、こんくらい大丈夫だよw
    ほら、早くしないと単位やらないぞっw」

●自宅にて
生徒:「今日、学校でこんな事あってさ〜、メード服なんか着せられたんだよ?
    も〜っ、すっごく恥ずかしかったよ〜♪」 

⇒親が真に受けて警察に通報

●警察にて
婦警:「あなたは断ったんでしょ?」
生徒:「え・・・は、はい。メード服なんて恥ずかしかったですから・・・」
婦警:「それでも、撮影されたのは強制されたから?」
生徒:「あ・・・早く着ないと単位あげないって言われました。
    でも、それって先生も冗談ぽく言って・・・」
婦警:「それは強要になるの!あなたは強要されて着たわけね?」
生徒:「そう・・・なるのかも、しれません・・・でも・それって」
婦警:「強要されたんでしょ!相手は顧問の先生なんだから、
    将来の進路のとかいろいろあるし!」
生徒:「はい・・・」

●被害者供述調書
私は、○月○日の放課後、所属する芸術部の部室にて、
芸術部の顧問○○先生に、写真コンテストの作品のモデルを依頼されました。
その際、メード服を着るように言われましたが、恥ずかしくて拒否しました。
しかし、顧問の○○先生は、
メード服を着ないと単位をやらないぞ
と私に強要し、私は進路面に不安を感じて仕方なく応じました。
(後略)

 

・・・・・・以上、これはあくまで創作されたネタですが、供述調書というのは法律に詳しい調べ官が自分達にとって都合の良いように作文するのが常でして、私のような自己主張の強い人間でさえ、今から考えると上手く乗せられて不利な調書を取られた感は拭えないです。

 

【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 8

 

記事の作成日:平成22年1月20日

 

●刑務所コラム 目次

 

 【保釈後】 半年間の勾留より保釈・逮捕の経緯

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 1

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 2

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 3

 

 【保釈後】 向日町警察署の留置場より私信 4

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 1

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 2

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 3

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 4

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 5

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 6

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 7

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 8

 

 【収監中】 ウィークリー前科者通信(獄中連載) 9

 

 【仮釈後】 出所後の新生活と刑務所ボケ・保護司

 

 【満期後】 刑期満了で社会復帰!日記とか色々

 

 【おまけ】 獄中短歌(法務省発行の新聞「人」より)

 

 【おまけ】 刑事施設(行刑施設)、収容分類級一覧

 

週刊プレイボーイ 刑務所特集 1/2 週刊プレイボーイ 刑務所特集 2/2 BUBUKA 小室哲哉逮捕特集

 

金融裏情報 ゼンキュウレンクレジットカードのショッピング枠を現金化 アイエンス

弁護士費用や被害弁済費用、保釈保証金などのご用立てには消費者金融の虎が便利。中でもコラムは必見!限度枠がいっぱいで借りられない方は上記バナーをクリック♪

 

Copyright (C) 2009 前科者通信 All Rights Reserved.

 

[PR] 女性アイドル画像グラビアアイドル画像AV女優・アダルトビデオ画像オンラインゲームパチプロパチンコ漫画評論小室哲哉